研究者
J-GLOBAL ID:200901025438277790   更新日: 2020年05月21日

安部 良

アベ リヨウ | Abe Ryo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.ribs.tus.ac.jp/immunology/
研究分野 (3件): 血液、腫瘍内科学 ,  免疫学 ,  薬系衛生、生物化学
研究キーワード (2件): T細胞補助シグナルの解析 ,  新規の癌免疫療法の開発
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2000 - 2017 抗原特異的免疫寛容誘導による自己免疫疾患、移植片拒絶、あるいはGVH病に対する治療法の開発
論文 (98件):
もっと見る
MISC (88件):
もっと見る
書籍 (10件):
  • 病弱体質は変えられる
    (株)すばる舎 2014
  • 免疫力アップジュース
    (株)西東社 2011
  • 補助シグナル分子(CD28/CD80、86、CTLA-4)、Animal Models 免疫疾患-疾患モデルの作製と利用
    (株)エル・アイ・シー 2011
  • リッピンコットシリーズ イラストレイテッド免疫学
    丸善株式会社 2009
  • 体をまもるしくみ事典
    成美堂出版 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (175件):
  • マスト細胞腫・GISTにおけるKitチロシンキナーゼの異常局在とオルガネラシグナリング 〜がんシグナルの発信源は細胞内小器官にあった〜
    (第160回 日本獣医学会学術集会 シンポジウム 2017)
  • マスト細胞白血病・GISTを無限増殖に導くKitチロシンキナーゼのがんシグナルは細胞膜ではなくオルガネラから発信される
    (第69回 日本細胞生物学会大会 2017)
  • The responsiveness to TCR stimulation of Treg subsets influences the dependency of their proliferation on CD28
    (7th International Workshop of Kyoto T Cell Conference 2017)
  • The effect of TCR and CD28 stimulation on tyrosine phosphorylation of CD28.
    (The 45th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology 2016)
  • 消化管間質細胞腫におけるKitチロシンキナーゼのがんシグナリングは細胞膜ではなくゴルジ体で起こる
    (第39回日本分子生物学会年回 2016)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1983 東京大学 医学研究科 免疫学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東京大学)
経歴 (10件):
  • 2007 - 2015 東京理科大学生命科学研究所 所長
  • 2014 - 東京理科大学総合研究機構 医理工連携研究部門 部門長
  • 2009 - 2013 東京理科大学総合研究機構 がん医療基盤科学技術研究センター センター長
  • 2006 - 2013 東京理科大学薬学部生命創薬科学科 教授
  • 1992 - 2004 米国国立衛生研究所・国立癌研究所 客員研究員
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2012/10/01 - 2020/12/31 日本免疫学会 評議員
  • 2016/04/01 - 2018/03/31 京都T細胞会議 運営委員
  • 2012/04/01 - 2016/03/31 京都T細胞会議 運営委員
  • 2006/04/01 - 2012/03/31 日本免疫学会 評議員
  • 2005/04/01 - 2012/03/31 京都T細胞会議 運営委員
全件表示
所属学会 (4件):
日本免疫学会 ,  家畜感染症学会 ,  京都T細胞会議 ,  京都T細胞会議
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る