研究者
J-GLOBAL ID:200901025760229114   更新日: 2019年12月21日

楠瀬 尚史

クスノセ タカフミ | KUSUNOSE Takafumi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 機能物質化学 ,  無機材料・物性 ,  構造・機能材料
研究キーワード (3件): セラミックス ,  構造材料 ,  無機化学
論文 (89件):
  • Hao Ma, Wenxiong Zhang, Xingang Kong, Shinobu Uemura, Takafumi Kusunose, Qi Feng. BaTi<inf>4</inf>O<inf>9</inf> mesocrystal: Topochemical synthesis, fabrication of ceramics, and relaxor ferroelectric behavior. Journal of Alloys and Compounds. 2019. 777. 335-343
  • Wenxiong Zhang, Sen Li, Hao Ma, Dengwei Hu, Xingang Kong, Shinobu Uemura, Takafumi Kusunose, Qi Feng. Ferroelectric mesocrystalline BaTiO<inf>3</inf>/BaBi<inf>4</inf>Ti<inf>4</inf>O<inf>15</inf> nanocomposite: Formation mechanism, nanostructure, and anomalous ferroelectric response. Nanoscale. 2019. 11. 3837-3846
  • Weixing Zhao, Wenxiong Zhang, Yan Wang, Dengwei Hu, Xingang Kong, Shinobu Uemura, Takafumi Kusunose, Qi Feng. Ferroelectric mesocrystalline BaTiO<inf>3</inf>/Bi<inf>0.5</inf>K<inf>0.5</inf>TiO<inf>3</inf> nanocomposites: Topochemical synthesis, enhanced piezoelectric and dielectric responses. Journal of Alloys and Compounds. 2019
  • Weixing Zhao, Wenxiong Zhang, Yan Wang, Dengwei Hu, Xingang Kong, Shinobu Uemura, Takafumi Kusunose, Qi Feng. Synthesis of Ba<inf>: X</inf>(Bi<inf>0.5</inf>Na<inf>0.5</inf>)<inf>1- x</inf>TiO<inf>3</inf> perovskite mesocrystals via a solvothermal topochemical process. CrystEngComm. 2019. 21. 3854-3862
  • Takafumi Kusunose, Asuka Fujita, Tohru Sekino. Making insulating Al2O3 electrically conductive without loss of translucency using a small amount of ITO grain boundary phase. Scripta Materialia. 2019. 159. 15. 24-27
もっと見る
MISC (12件):
  • 楠瀬尚史. セラミックスフィラー添加エポキシハイブリッド材料の高熱伝導化. Polyfile. 2014. 51. 607. 26-30
  • 楠瀬尚史. セラミックス添加による高熱伝導樹脂の開発. ビジネス香川. 2014. 150. 6
  • 楠瀬尚史. エンジニアリングセラミックスの最近の動向. ビジネス香川,. 2014. 149. 6
  • Li-Nb-Ti系酸化物における階層的異方構造制御. マテリアルインテグレーション, Vol.17, No.1, pp.10-15. 2004. Vol.17, No.1, pp.10-15
  • 構造用BN分散セラミックスナノ複合材料. BOUNDARY. 2004
もっと見る
特許 (12件):
  • 導電性セラミックス
  • 導電性セラミックス
  • 複合酸化物セラミックス
  • 金属化合物含有窒化ホウ素、及びそれを含有する複合材組成物
  • 金属化合物含有窒化ホウ素粉末
もっと見る
書籍 (6件):
  • 「エレクトロニクス用エポキシ樹脂の”特性改良”と”高機能/複合化”技術」
    (株)技術情報協会 2015 ISBN:978-4861045707
  • 熱測定
    日本熱測定学会 2017 ISBN:0386-2615
  • 放熱・高耐熱材料の特性向上と熱対策技術
    (株)情報技術協会 2017 ISBN:978-4-86104-639-1
  • 月刊機能材料 2019年11月号
    シーエムシー出版 2019 ISBN:0286-4835
  • プラスチックス 2019年9月号
    日本工業出版日本工業出版 2019 ISBN:0555-7887
もっと見る
講演・口頭発表等 (46件):
  • Structural Ceramic Nanocomposites with Multifunctionality
    (ISEPD2010 2010)
  • Non-oxide Nanomaterials Dispersed Ceramics and Polymer
    (ISOPE-2010 2010)
  • Fabrication of Silicon Nitride Nanowire Dispersed Epoxy Composites and Their Properties
    (ICC3 2010)
  • Si3N4/BN複合材料の焼結と組織
    (セラミックスエンジニアリングワークショップ 2010)
  • 希土類酸炭化物粒界相による高熱伝導性窒化アルミニウムセラミックスの電気伝導度制御
    (日本セラミックス協会 第24回秋季シンポジウム 2011)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1990 - 1994 高知大学 理学部 化学科
  • 1994 - 1996 大阪大学 工学研究科 プロセス工学科
  • 1996 - 1999 大阪大学 工学研究科 物質化学
学位 (2件):
  • 工学修士 (大阪大学)
  • 博士(工学) (大阪大学)
経歴 (5件):
  • 1996/04 - 1999/03 日本学術振興会 特別研究員
  • 1999/04 - 2007/03 大阪大学 助手
  • 2007/04 - 2010/03 大阪大学 助教
  • 2010/04 - 2018/03 香川大学 准教授
  • 2018/04 - 現在 香川大学 教授
受賞 (8件):
  • 2002 - 米国セラミックス学会、2002年セラモグラフィックコンテスト、TEM写真部門三位入賞
  • 2004 - 第42回粉体粉末冶金協会 研究進歩賞
  • 2002 - The American Ceramic Society Ceramographic Competition Transmission Electron Microscopy 3rd Place
  • 2010 - 日本セラミックス協会 21世紀記念国際交流賞個人冠賞受賞者
  • 2005 - 日本セラミックス協会 第59回 進歩賞
全件表示
所属学会 (3件):
日本化学会 ,  日本セラミックス協会 ,  日本粉体粉末冶金協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る