研究者
J-GLOBAL ID:200901025891931825   更新日: 2020年11月30日

浅沼 浩之

Asanuma Hiroyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.nubio.nagoya-u.ac.jp/seigyo1/
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2013 - 2015 ステム構造を必要としない高感度リニアプローブの創成
  • 2006 - 2011 スーパー制限酵素による巨大DNAの遺伝子操作
  • 2006 - 新規人工核酸“グライコ核酸”の創製
MISC (129件):
特許 (13件):
  • 人工核酸を含むオリゴヌクレオチド
  • 蛍光標識オリゴヌクレオチド誘導体及びその利用
  • オリゴヌクレオチドプローブ及びその利用
  • イン・ステムビーコン型プローブ用のハイブリダイゼーション剤及びその利用
  • オリゴヌクレオチド及びその利用
もっと見る
書籍 (16件):
  • 非環状骨格型人工核酸:aTNA, SNA
    シーエムシー出版 2016
  • 生体材料化学-基礎と応用-
    (株)コロナ社 2015 ISBN:9784339067507
  • プローブへの応用を目指した人工ヌクレオチドの設計
    一粒書房 2014
  • 核酸医薬を目指した機能性siRNA
    一粒書房 2014
  • ナノ環境に優しい光応答性DNAの設計
    コロナ社 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (53件):
  • How far can we escape from DNA?
    (Program Conference CLiC digital summer school 2020)
  • Photoresponsive XNAs for the photo-switching of bio- and nano-functions
    (China-Japan Joint Interdisciplinary Symposium on Molecular Magnetic Materials 2019)
  • Acyclic XNAs of controlled orthogonality towards DNA and RNA
    (The Fourth A3 Roundtable Meeting on Asia Chemical Probe Research Hub 2019)
  • Acyclic SNA and aTNA as a new class of XNA for bio- and nanotechnology
    (ISNAC 2019 2019)
  • DNA nanocapsule for photo-triggered drug release
    (2019 International Research Forum on Biology and Medical Science (IRFBMS 2019) 2019)
もっと見る
学位 (2件):
  • 博士(工学) (東京大学)
  • Ph D. (Engineering) (The University of Tokyo)
経歴 (3件):
  • 2020/05/01 - 現在 名古屋大学 予防早期医療創成センター 教授
  • 2017/04/01 - 2020/04/30 名古屋大学 大学院工学研究科 生命分子工学専攻 分子生命化学 教授
  • 2005/05/01 - 2017/03/31 名古屋大学 大学院工学研究科 物質制御工学専攻 教授
委員歴 (5件):
  • 2014/09/01 - 現在 日本化学会生体機能関連化学・バイオテクノロジーディビジョン 幹事
  • 2012/04/01 - 現在 生体機能関連化学部会 幹事
  • 2011/09/01 - 現在 Organizing committee of the International Symposium on Nucleic Acids Chemistry Executive committee
  • 2011/09/01 - 現在 国際核酸化学シンポジウム実行委員会 実行委員
  • 2010/04/01 - 現在 高分子学会東海支部 常任幹事
所属学会 (4件):
光化学協会 ,  American Chemical Society ,  日本化学会 ,  高分子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る