研究者
J-GLOBAL ID:200901025899317204   更新日: 2020年05月30日

髙田 潤

タカダ ジュン | Takada Jun
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://achem.okayama-u.ac.jp/~jtakada/index.htmlhttp://achem.okayama-u.ac.jp/~jtakada/index.html
研究分野 (6件): 構造材料、機能材料 ,  無機材料、物性 ,  博物館学 ,  文化財科学 ,  ナノバイオサイエンス ,  ナノ材料科学
研究キーワード (3件): 保存材料科学 ,  構造・機能材料 ,  無機材料化学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2012 - 微生物由来酸化鉄の特徴解明と機能開拓
  • 1993 - 新規酸化鉄系高周波材料の研究開発
  • 1990 - 粒子分散強化型高融点金属複合材料の開発
  • 1989 - 出土鉄製遺物の保存に関する材料科学的研究
MISC (155件):
  • Tatsuki Kunoh, Noriyuki Nagaoka, Ian, R. McFarlane, Katsunori Tamura, Mohamed, Y. El-Naggar, Hitoshi Kunoh, Jun Takada. Dissociation and re-aggregation of multicell-ensheathed fragments responsible for rapid production of massive clumps of Leptothrix sheaths. Biology. 2016. 5. 3
  • Jun Takada, Hideki Hashimoto, Tomoko Suzuki, Hitoshi Kunoh. Biological and physicochemical characters and functions of amorphous iron oxides produced by iron-oxidizing bacteria at ambient temperature in hydrosphere. Funtai Oyobi Fummatsu Yakin/Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy, journal of the japan society of powder and powder metallurgy, Journal of the Japan Society of Powder and Powder Metallurgy. 2016. 63. 10. 869-875
  • Tatsuki Kunoh, Hideki Hashimoto, Ian, R. McFarlane, Naoaki Hayashi, Tomoko Suzuki, Eisuke Taketa, Katsunori Tamura, Mikio Takano, Mohame, Y. El-Naggar, Hitoshi Kunoh, Jun Takada. Abiotic deposition of Fe complexes onto Leptothrix sheaths. Biology. 2016. 5. 2
  • T,Kunoh, H. Kunoh, J.Takada. Perspectives on the biogenesisi of iron oxide compleses produced by Leptothrix, an iron-osidizing bacterium and promising industrial applications for their functions (共著). J. Microbial and Biochemical Technology. 2015. 7. 6. 419-426
  • Microstructure and Formation Conditions of the Reddish Hi-iro Marking on Traditional Japanese Ceramics(共著). Journal of the Ceramic Society of Japan. 2011. 119. 1396. 942-946
もっと見る
特許 (26件):
  • 高靭性・高強度の高融点金属系合金材料(特開 2001-73060、公開日:平成13年3月21日)
  • High melting point metal based alloy material having high toughness and strength(国際公開番号 : WO01/18276 A1、国際公開日 : 2001年3月15日)
  • 負極活物質及びその利用
  • 新規多孔質アモルファスシリカ及びその製造方法
  • ハロゲン化触媒及びハロゲン化合物の製造方法
もっと見る
書籍 (8件):
  • Handbook of metal biotechnology : Applications for Environmental Conservation and Sustainability(共著)
    Pan Stanford Publishing 2011
  • 最新電波吸収材料の開発[事例集]〜最適選定・設計・活用法・評価・測定法〜
    技術情報協会 2006
  • Nanoscale Magnetic Oxides and Bio-World
    Heron Press 2004
  • 金属材料の基礎工学
    日本材料学会中国支部 2003
  • ナイトライドセラミックス(共著)
    日刊工業新聞社
もっと見る
講演・口頭発表等 (182件):
  • Electronic structure of stoichiometric and non-stoichiometric eptaxial FeTiO3 films
    (17th International Vacuum Congress/13th International Conference on Surface Science 2007)
  • 酸化鉄薄膜の合成と物性
    (日本鉄鋼協会中国四国支部 第100回記念金属物性研究会 2007)
  • Preparation and Electromagnetic Wave Absorption Properties of Y-type Ferrite/SiC Sintered Composites
    (10th International Conference and Exhibition of the European Ceramic Society 2007)
  • 鉄バクテリアL.ochraceaが作る鞘状酸化鉄のキャラクタリゼーション
    (粉体粉末冶金協会平成19年度春季大会 2007)
  • Reddish color pattern on Traditional Japanese Bizen Stoneware
    (Kyoto Conference on Solid State Chemistry 2006)
もっと見る
Works (35件):
  • マイクロ/ナノバブルを応用した技術開発研究
    2010 - 2013
  • マイクロ/ナノバブルを応用した技術開発研究
    2010 - 2013
  • 電磁波吸収体用酸化鉄の高特性化及び応用研究開発
    2010 - 2011
  • 平成22年度久志間切弁柄(鬼板)の材料科学的研究
    2010 - 2011
  • 電磁波吸収体用酸化鉄の高特性化及び応用研究開発
    2009 - 2010
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1975 京都大学 工学研究科 金属加工学
  • - 1970 京都大学 工学部 金属加工学
学位 (2件):
  • 工学博士
  • 工学博士 (京都大学)
経歴 (1件):
  • 2004 - - 岡山大学自然科学研究科 教授
委員歴 (3件):
  • 粉体粉末冶金協会 理事
  • 日本材料学会 中国四国支部幹事
  • 日本金属学会 評議員
受賞 (3件):
  • 2008 - 平成20年度「共同研究・技術移転功労賞」
  • 1999 - (社)未踏科学技術協会・「超伝導科学技術賞」
  • 1994 - (社)粉体粉末冶協会・「研究進歩賞」
所属学会 (6件):
粉体粉末冶金協会 ,  日本材料学会 ,  応用物理学会 ,  日本セラミックス協会 ,  日本化学会 ,  日本金属学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る