研究者
J-GLOBAL ID:200901026034680334   更新日: 2020年07月15日

工藤 栄

クドウ サカエ | Sakae Kudoh
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (2件): 環境動態解析 ,  生態学、環境学
研究キーワード (12件): 生態系トランジション ,  アイスアルジー ,  物質循環 ,  光合成 ,  湖沼 ,  光合成生物 ,  極域 ,  生理生態 ,  水圏生態学 ,  植物光合成 ,  生理生態 ,  水圏生態
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 南極湖沼生態学研究
  • 南極湖沼のコケ群落の生態
  • 極域微細藻類の生理生態学
  • 科学技術振 興機構(JST)先端的低炭素化技術開発(ALCA)、 「珪藻のフィジオロミクスに基づく褐色のエネルギー革命」(代表者:菓子野康浩)、平成23年度 後半~平成28年度、研究分担者
  • 学融合研究事業・公募型共同研究(3年)「南極湖沼生態系における光合成生物集合体の形態・構造および機能の多様性」代表者:工藤 栄、平成22年~24年度
全件表示
論文 (66件):
  • Kentaro Hayashi, Yukiko Tanabe, Nobuhide Fujitake, Morimaru Kida, Yong Wang, Masahito Hayatsu, Sakae Kudoh. Ammonia Oxidation Potentials and Ammonia Oxidizers of Lichen-Moss Vegetated Soils at Two Ice-free Areas in East Antarctica. Microbes and Environments. 2020. 35. 1
  • Kosugi M, Ozawa S, Takahashi Y, Kamei Y, Itoh S, Kudoh S, Kashino Y, Koike H. Red-shifted chlorophyll a bands allow uphill energy transfer to photosystem II reaction centers in an aerial green alga, Prasiola crispa, harvested in Antarctica. BBA - Bioenergetics. 2020. 1861. 148139
  • Origin, distributions, and environmental significance of ubiquitous humic-like fluorophores in Antarctic lakes and streams. Water Research. 2019. 163. 10.1016/j.watres.2019.114901
  • Masaharu Tsuji, Sakae Kudoh, Tamotsu Hoshino. Dairy Wastewater Treatment Under Low-Temperature Condition by an Antarctic Basidiomycetous Yeast. Fungi in Polar Regions (Book, CRC press). 2019. 110-119
  • Inoue Takeshi, Uchida Masaki, Inoue Masakane, Kaneko Ryo, Kudoh Sakae, Minami Yoshinori, Kanda Hiroshi. Vegetation data of high Arctic lichens on Austre Brøggerbreen glacier foreland, Ny-Ålesund, Svalbard, in 1994. Polar Data Journal. 2019. 3. 1-11
もっと見る
MISC (49件):
  • 工藤栄, 兒玉裕二, 堀江憲路, 山口亮, 冨川喜弘, 後藤大輔, 高橋晃周, 末吉哲雄, 東久美子, 野木義史, 白石佳寿美, 豊田元和, 北川美里, 平山均. 第7回極域科学シンポジウム(2016)運営に関する報告. 国立極地研究所学術情報リポジトリ. 2017
  • 星野 保, 辻 雅晴, 横田 祐司, 工藤 栄, 内海 洋, 湯本 勲. 南極産酵母の環境適応機構の解明とその産業利用. 生物工学会誌. 2016. 94. 6. 329-331
  • Kudoh S, Takahashi T K, Ishihara T, Tsujimoto M, Nakai R, Suzuki C A, Tanabe Y, Uchida M, Imura S. Limnological parameters in Sôya Coast lakes between the 55th and 56th Japanese Antarctic Research Expeditions in 2014-2015 -Long-term monitoring study-. JARE DATA REPORTS. 2016. 344
  • Kudoh S, Tanabe Y. Limnological parameters in Sôya Coast lakes between the 53rd and 55th Japanese Antarctic Research Expeditions in 2012-2014 -Long-term monitoring study-. JARE DATA REPORTS. 2016. 343
  • Natsuko Inoue-Kashino, Shimpei Aikawa, Kumiko Fujimoto, Tomoko Ishihara, Kentaro Ifuku, Sakae Kudoh, Kazuhiko Satoh, Yuichiro Takahashi, Yasuhiro Kashino. Acclimation strategy to light/shade environments in diatom. Molecular Life of Diatoms 2015. 2015
もっと見る
特許 (3件):
書籍 (36件):
  • 南極湖沼、何を探ったら(もっと)面白いのか?
    南極OB会メールマガジン 2016
  • 南極越冬隊の生活を支える~極地で作る生活のための水~南極昭和基地越冬隊の水事情.
    AQUA BOOK Season3 2016
  • 7-20 南極湖沼生態系
    朝倉 2016
  • コラム 想定外はあたりまえなのだが..., 南極観測隊のしごと(極地研南極観測センター編)
    極地研ライブラリー, 成山堂 2014
  • もし私がお坊さんだったら#2-南極から地球を見る-
    Kuu: vol.02, 6.(曹洞宗総合研究センター情報誌) 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (90件):
  • 図書館で学ぶ「南極観測隊の活動状況と南極の生態系」
    (立川市若葉図書館 2019)
  • 南極の陸上生態系 -環境特性の実態
    (第35回JBDAバイオベンチャーフォーラム 2019)
  • 私の未知への挑戦南極の湖を探る
    (にかほ市金浦小学校 2017)
  • 南極湖沼から宇宙生態系を考えてみる
    (ABC(アストロバイオロジー)ミニワークショップ「極限環境の光合成」 2016)
  • 南極が教えてくれる 地球の自然 (環境と生命の進化適応)
    (2015)
もっと見る
Works (10件):
  • 日本南極地域観測(第56次隊・外国共同)
    工藤 栄 2015 -
  • 日本南極地域観測(第55次隊)
    工藤 栄 2013 - 2014
  • 日本南極地域観測(第51次隊)越冬隊長
    工藤 栄 2009 - 2011
  • 日本南極地域観測(第49次隊)
    工藤 栄 2008 -
  • 日本南極地域観測(第48次隊)
    工藤 栄 2007 -
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1991 東京大学 理学系研究科 植物学
  • - 1985 筑波大学 第二学群 生物学類
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (1件):
  • 国立極地研究所 研究教育系 助教授
委員歴 (1件):
  • 2012/09 - 現在 秋田県教育委員会 学術顧問
所属学会 (3件):
日本光合成学会 ,  日本陸水学会 ,  日本生態学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る