研究者
J-GLOBAL ID:200901026410858751   更新日: 2020年09月01日

長谷川 典彦

ハセガワ ノリヒコ | Hasegawa Norihiko
所属機関・部署:
職名: 特任教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 教育推進・学生支援機構
  • 教育推進・学生支援機構
研究分野 (1件): 材料力学、機械材料
研究キーワード (8件): ショットピーニング効果 ,  疲労 ,  中高温 ,  金属疲労 ,  環境マネジメントシステム:ISO 14001 ,  信頼性工学 ,  破壊力学 ,  材料強度学
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2006 - 2008 Effect of peening on fatigue strength of cast aluminum alloy
  • 2006 - 2008 鋳造用アルミニウム合金の疲労強度に及ぼすピーニング処理の影響
  • 2002 - 2007 超音波ショットピーニングのピーニング効果に関する研究
  • 1987 - 1988 中高温における金属基繊維強化複合材料(SiC/Al)の疲労き裂発生及び進展挙動
論文 (2件):
  • Toshifumi Kakiuchi, Yoshihiko Uematsu, Norihiko Hasegawa, Eisuke Kondoh. Effect of ultrasonic shot peening on high cycle fatigue behavior in type 304 stainless steel at elevated temperature. Zairyo/Journal of the Society of Materials Science, Japan. 2016. 65. 4. 325-330
  • 長谷川 典彦. Effect of Ultrasonic Shot Peening on Fatigue Strength of High Strength Steel. Shot Peeing. 2003. 305-310
MISC (81件):
  • 柿内 利文, 植松 美彦, 長谷川 典彦, 近藤 英介. 106 超音波ショットピーニングを施したSUS304の300°Cにおける内部疲労き裂発生機構(高サイクル疲労,疲労挙動と予寿命評価,オーガナイスドセッション1). 学術講演会講演論文集. 2011. 60. 11-12
  • 長谷川 典彦, 山田 徹, 柿崎 みな子, 戸梶 恵朗, 植松 美彦. AC4CH-T6の疲労強度に及ぼすピーニング処理の効果. 大会講演概要. 2007. 112. 283-284
  • 植松 美彦, 戸梶 恵郎, 長谷川 典彦, UEMATSU Yoshihiko, TOKAJI Keiro, HASEGAWA Norihiko. 鋳造アルミニウム合金AC4CHの疲労挙動に及ぼす温度の影響. 材料. 2006. 55. 2. 199-204
  • 植松 美彦, 戸梶 惠郎, 長谷川 典彦, UEMATSU Yoshihiko, TOKAJI Keiro, HASEGAWA Norihiko. 1313 鋳造アルミニウム合金AC4CHの疲労挙動に及ぼす温度の影響(S21-1 軽金属の疲労,S21 金属材料の疲労特性と破壊機構). 年次大会講演論文集 : JSME annual meeting. 2005. 2005. 1. 137-138
  • 鎌倉 光利, 戸梶 惠郎, 石泉 有規, 長谷川 典彦, KAMAKURA Mitsutoshi, TOKAJI Keiro, ISHIIZUMI Yuuki, HASEGAWA Norihiko. マグネシウム合金 AZ61 押出材の疲労挙動と破壊機構. 材料. 2004. 53. 12. 1371-1377
もっと見る
学位 (1件):
  • 工学博士 (東京工業大学)
所属学会 (3件):
ショットピーニング技術協会 ,  日本材料学会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る