研究者
J-GLOBAL ID:200901026418669478   更新日: 2020年11月13日

宮本 明夫

ミヤモト アキオ | Miyamoto Akio
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://www.obihiro.ac.jp/faculty-g/akio-miyamoto
研究分野 (1件): 動物生産科学
研究キーワード (2件): 応用動物科学 ,  家畜生産衛生学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2024 精子と受精卵センシングによる受胎に向けた母ウシの免疫寛容活性化メカニズムの解明
  • 2020 - 2023 免疫活性化で受胎性を高める牛受精卵移植法事業
  • 2018 - 2020 新しいウシ凍結精液技術の開発に向けた子宮内の精子認識と炎症反応メカニズムの解明
  • 2017 - 2020 ウシにおける精子と初期胚に対する免疫寛容:受胎に向けた免疫細胞機能へのインパクト
  • 2016 - 2020 乳牛の妊娠超初期を支える卵管内免疫システム:精子・初期胚と免疫細胞のクロストーク
全件表示
論文 (19件):
  • Kowsar R, Mansouri A, Sadeghi N, Abadi MHA, Ghoreishi SM, Khaled Sadeghi K, Miyamoto A. A multilevel analysis identifies the different relationships between amino acids and the competence of oocytes matured individually or in groups. Scientific Reports. 2020. 10. 16082
  • Morillo VA, Akthar I, Fiorenza MF, Takahashi K, Sasaki M, Marey MA, Miyamoto A. Toll-like receptor 2 mediates the immune response of the bovine oviductal ampulla to sperm binding. Mol Reprod Dev. 2020. inpress
  • Zinnah MA, Marey MA, Akthar I, Elesh IF, Matsuno Y, Elweza AE, Ma DX, Fiorenza MF, Sasaki M, Shimada M, et al. Peptidoglycan disrupts early embryo-maternal crosstalk via suppression of ISGs expression induced by interferon-tau in the bovine endometrium. Biochem Biophy Res Comm. 2020. 500. 879-884
  • Akthar I, Suarez SS, Morillo VA, Sasaki M, Ezz MA, Takahashi KI, Shimada M, Marey MA, Miyamoto A. Sperm enter glands of preovulatory bovine endometrial explants and initiate inflammation. Reproduction. 2020. 159. 181-192
  • Ezz MA, Marey MA, Elweza AE, Kawai T, Heppelmann M, Pfarrer C, Balboula AZ, Montaser A, Imakawa K, Zaabel SM, et al. TLR2/4 signaling pathway mediates sperm-induced inflammation in bovine endometrial epithelial cells in vitro. PLoS ONE 14. 2019. 14. 4. e0214516
もっと見る
MISC (3件):
Works (3件):
  • 高泌乳牛と肉牛の受胎率向上に向けた免疫システムを活用する技術開発
    2020 - 現在
  • 受精卵移植技術開発
    2020 - 現在
  • 凍結精液による人工授精技術開発
    2020 - 現在
学歴 (4件):
  • - 1987 東北大学 畜産学
  • - 1987 東北大学
  • - 1982 帯広畜産大学 家畜生産科学科
  • - 1982 帯広畜産大学
学位 (1件):
  • 農学博士 (東北大学)
経歴 (6件):
  • 2003 - 帯広畜産大学 教授
  • 1996 - 2002 帯広畜産大学 助教授
  • 1993 - 1996 帯広畜産大学 講師
  • 1992 - 1993 帯広畜産大学 助手
  • 1990 - 1992 JSPS 海外特別研究員 (ミュンヘン工科大・生理学研究所)
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2007-2011 World Congress on Reproductive Biology 国際運営委員
  • 2014 the 9th International Ruminant Reproduction Symposium 国際シンポジウム大会長 (北海道帯広市開催)
  • 2014 第107回日本繁殖生物学会 大会長 (北海道帯広市開催)
  • 2018 10th International Ruminant Reproduction Symposium 国際運営委員(ブラジル開催)
  • 2019 17th International Conference on Production Diseases in Farm Animals 国際運営委員(スイス開催)
全件表示
受賞 (1件):
  • 1999 - 日本繁殖生物学会賞(島村賞)
所属学会 (7件):
日本獣医学会 ,  アメリカ畜産学会 ,  アメリカ酪農学会 ,  北海道畜産学会 ,  日本畜産学会 ,  日本繁殖生物学会 ,  アメリカ生殖学会(SSR)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る