研究者
J-GLOBAL ID:200901026507762163   更新日: 2020年05月28日

中井 正人

ナカイ マサト | Nakai Masato
所属機関・部署:
研究分野 (5件): 細胞生物学 ,  分子生物学 ,  機能生物化学 ,  構造生物化学 ,  植物分子、生理科学
研究キーワード (23件): 光化学系 ,  葉緑体包膜 ,  トウモロコシ ,  シロイヌナズナ ,  藍色細菌 ,  シアノバクテリア ,  分子足場 ,  アセンブリー ,  補欠分子族 ,  補酵素 ,  鉄硫黄クラスター ,  鉄硫黄蛋白質 ,  分子シャペロン ,  光合成 ,  チラコイド ,  トランスロケータ ,  生体膜 ,  蛋白質膜透過 ,  ミトコンドリア ,  プラスチド ,  蛋白質輸送 ,  葉緑体 ,  オルガネラ
競争的資金等の研究課題 (38件):
  • 2019 - 2023 トランスロコンとモーターのメガコンプレックス群が司る葉緑体蛋白質の包膜透過機構
  • 2017 - 2018 葉緑体のプロトン駆動力生成の根幹を支えるチラコイド膜形成機構の解析
  • 2017 - 2018 サイトゾルで合成される葉緑体蛋白質新生鎖の二重包膜膜透過連携機構の解析
  • 2014 - 2017 植物葉緑体内包膜における蛋白質輸送メカニズムの完全解明
  • 2015 - 2016 新生鎖合成と連動する葉緑体蛋白質包膜透過の分子メカニズムの解明
全件表示
論文 (30件):
  • Masato Nakai. The Revised Model for Chloroplast Protein Import. The Plant Cell. 2020. 32. 3. 543-546
  • Shingo Kikuchi, Yukari Asakura, Midori Imai, Yoichi Nakahira, Yoshiko Kotani, Yasuyuki Hashiguchi, Yumi Nakai, Kazuaki Takafuji, Jocelyn B_dard, Yoshino Hirabayashi-Ishioka, Hitoshi Mori, Takashi Shiina, Masato Nakai. A Ycf2-FtsHi heteromeric AAA-ATPase complex is required for chloroplast protein import. The Plant Cell. 2018. Breakthrough Report. in press. DOI: 10.1105/tpc.18.00357
  • Masato Nakai. New perspectives on chloroplast protein import. Plant and Cell Physiology. 2018. 59. 6. 1111-1119
  • Yumi Nakai, Masato Nakai, Takato Yano. Sulfur Modifications of the Wobble U34 in tRNAs and their Intracellular Localization in Eukaryotic Cells. Biomolecules. 2017
  • Masato Nakai. YCF1: A Green TIC. Plant Cell. 2015. 27. 7. 1834-1838
もっと見る
MISC (4件):
  • 浅井健好, 常広岳史, 西川周一, 中井正人, 遠藤斗志也. ミトコンドリアへのタンパク質輸送に関与する,ウサギ網状赤血球ライセートおよび酵母ライセート中のサイトゾル因子のキャラクタリゼーション. 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集. 1997. 20th. 335
  • 久保祐子, 西川周一, 中井正人, 三井里子, 森島信裕, 柴田武彦, 遠藤斗志也. 酵母サイトゾルとミトコンドリアマトリクスのhsp70のシャペロン機能の比較. 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集. 1996. 19th. 173
  • 鳥居久義, 西川周一, 中井正人, 遠藤斗志也. 酵母ミトコンドリア外膜の受容体タンパク質MAS70,MAS20の大量調製と機能解析. 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集. 1994. 17th. 230
  • 山本佳奈, 加藤祐治, 西川周一, 中井正人, 遠藤斗志也. ミトコンドリアDNAにコードされるタンパク質の内膜への組み込み過程の解析. 日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集. 1994. 17th. 230
書籍 (23件):
  • 葉緑体のタンパク質輸送機構についてーシアノバクテリアの内共生から始まったユニークな進化
    生物の科学:遺伝 3月号 2016
  • 明らかになった葉緑体のトランスロコン
    細胞工学8月号(学研メディカル秀潤社) 2013
  • One- and Two-Dimensional Blue Native-PAGE and Immunodetection of Low-Abundance Chloroplast Membrane Protein Complexes. In Chloroplast Research in Arabidopsis : Methods and Protocols. Methods in Molecular Biology, 775:3-17, 2011.
    Humana Press 2011
  • One- and Two-Dimensional Blue Native-PAGE and Immunodetection of Low-Abundance Chloroplast Membrane Protein Complexes. In Chloroplast Research in Arabidopsis : Methods and Protocols. Methods in Molecular Biology, 775:3-17, 2011.
    Humana Press 2011 ISBN:9781617792366
  • キーワード蛋白質の一生:葉緑体・Toc・Tic
    共立出版 2008
もっと見る
講演・口頭発表等 (53件):
  • Molecular machineries for chloroplast protein import and their evolution.
    (INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON PHOTOSYNTHESIS AND CHLOROPLAST BIOGENESIS 2018)
  • Molecular machineries for chloroplast protein import and their evolution. (Plenary Lecture)
    (1st Asia-Oceania International Congress on Photosynthesis? 2018)
  • Molecular machineries for chloroplast protein import and their evolution
    (植物科学前沿系列講座 2018)
  • molecular mechanisms of chloroplast protein import and their curious evolutionary history
    (Taiwan-Japan Plant Biology 2017 2017)
  • molecular mechanisms of chloroplast protein import and their curious evolutionary history
    (KAAB International Symposium 2017: Frontiers in Plant Science and Biotechnology 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1990 大阪大学 理学研究科 生化学
  • - 1985 大阪大学 理学部 生物学
学位 (1件):
  • 理学博士 (大阪大学)
経歴 (1件):
  • 1990 - 1996 名古屋大学 助手
委員歴 (1件):
  • 2003 - 2004 植物生理学会 広報幹事
受賞 (2件):
  • 2013/11 - The Rebeiz Foundation, USA Rebeiz Foundation for Basic Research Annual Paper Award
  • 1990 - 井上学術奨励賞
所属学会 (7件):
日本細胞生物学会 ,  蛋白質科学会 ,  American Society of Plant Biologists ,  The American Association for the Advancement of Science ,  植物生理学会 ,  分子生物学会 ,  生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る