研究者
J-GLOBAL ID:200901026615176726   更新日: 2020年06月09日

亀田 正治

Kameda Masaharu
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (4件):
ホームページURL (2件): http://www.tuat.ac.jp/~kamelab/http://www.tuat.ac.jp/~kamelab/
研究分野 (3件): 固体地球科学 ,  航空宇宙工学 ,  流体工学
研究キーワード (1件): 混相流体力学, 高速流体力学,気泡,流れの可視化,計測
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2018 - 2018 加速するマグマは硬くなるか軟らかくなるか-流体の脆性破壊過程の解明と火山への応用
  • 2016 - 2018 光学的圧力センシング法の微圧,移動体,液体流れ計測への展開
  • 2017 - 2017 加速するマグマは硬くなるか軟らかくなるか-流体の脆性破壊過程の解明と火山への応用
  • 2015 - 2016 高応答感圧塗料のターボチャージャ計測への適用 に関する指導
  • 2016 - 2016 加速するマグマは硬くなるか軟らかくなるか-流体の脆性破壊過程の解明と火山への応用
全件表示
論文 (84件):
  • 菅原 瑛明, 田辺 安忠, 亀田 正治. コンパウンド・ヘリコプタの主翼取り付け角が空力性能へ与える影響. 日本航空宇宙学会論文集. 2019. 67. 3. 93-101
  • Kida, Hitoshi, Fukutani, Yosuke, Mainland, Joel D, de March, Claire A, Vihani, Aashutosh, Li, Yun Rose, Chi, Qiuyi, Toyama, Akemi, Liu, Linda, Kameda, Masaharu, Yohda, Masafumi, Matsunami, Hiroaki. Vapor detection and discrimination with a panel of odorant receptors. NATURE COMMUNICATIONS. 2018. 9
  • Ishihara, S, Tagawa, Y, Kameda, M. Rupture of an air bubble on the solid surfaces. Journal of Fluid Science and Technology. 2018. 13. 3. JFST0015
  • Fukutani, Yosuke, Kida, Hitoshi, Mainland, Joel, Kameda, Masaharu, Yohda, Masafumi, Matsunami, Hiroaki. Vapor detection and discrimination with a panel of odorant receptors expressed in heterologous cells. CHEMICAL SENSES. 2018. 43. 7. E185-E185
  • Yamamoto, S, Tagawa, Y, Kameda, M. Non-Contact Pressure Measurement Of Underwater Shock Wave In A Microtube Using Background-Oriented Schlieren Technique. Proceedings of the 19th International Symposium on Applications of Laser Techniques to Fluid Mechanics. 2018. Paper No. 139
もっと見る
MISC (2件):
  • 市原 美恵, 亀田 正治. アナログ実験による爆発的噴火中の火道内現象の可視化. 可視化情報学会誌. 2018. 38. 149. 69-73
  • 中北 和之, 栗田 充, 亀田 正治. 高速風洞試験におけるPSP計測. 可視化情報学会誌. 2014. 34. 132. 9-15
特許 (1件):
  • 感圧塗料、ならびに物体および物体の表面圧力の測定方法
書籍 (7件):
  • 粘性流体力学 (航空宇宙工学テキストシリーズ, 日本航空宇宙学会編)
    丸善出版 2017 ISBN:9784621087541
  • 火山爆発に迫る
    東京大学出版会 2009
  • 非侵襲・可視化技術ハンドブック
    エヌ・ティー・エス 2007
  • 微細気泡の最新技術
    エヌ・ティー・エス 2006
  • 泡のエンジニアリング
    テクノシステム 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (197件):
  • LBMを用いた低速高迎角時における翼周りの非定常流体解析
    (第33回数値流体力学シンポジウム 2019)
  • Effect of lift share ratio on the aerodynamic performance of a winged compound helicopter
    (8th Asian/Australian Rotorcraft Forum 2019)
  • Investigation of aerodynamic interaction of a lift offset coaxial rotor by numerical simulation
    (8th Asian/Australian Rotorcraft Forum 2019)
  • Resolvent法によるNACA0012翼周り遷音速バフェット流れの解析
    (第57回飛行機シンポジウム 2019)
  • 下半角を有する固定翼とロータとの空力干渉の数値シミュレーション
    (第57回飛行機シンポジウム 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1994 東京大学 工学系研究科 機械工学専攻
  • - 1991 東京大学 工学系研究科 機械工学専攻
  • - 1989 東京大学 工学部 機械工学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (東京大学)
  • 工学修士 (東京大学)
経歴 (3件):
  • 1997/04 - - 東京農工大学工学部助教授に昇任
  • 1994/05 - 1997/03 - 東京農工大学工学部専任講師に採用
  • 1993/04 - 1994/05 - 日本学術振興会特別研究員
委員歴 (6件):
  • 2006 - 日本機械学会 論文校閲委員
  • 2006 - 日本機械学会 出版センター・幹事
  • 2006 - 可視化情報学会 社員(評議員)
  • 2004/04 - 2005/03 日本機械学会 流体工学部門技術委員会幹事
  • 2005 - 日本混相流学会 評議員
全件表示
受賞 (5件):
  • 2009/10 - 英国機械学会 IMechE Thomas Hawksley Gold Medal 2008 英国機械学会年間最優秀論文賞
  • 2009/05 - 英国機械学会 IMechE Kenneth Harris James Prize 2009
  • 2005 - Best Paper Award 2004 for Measurement Science and Technology
  • 2004 - 可視化情報学会 論文賞
  • 1997 - 日本機械学会 奨励賞(研究)
所属学会 (8件):
American Physical Society ,  日本流体力学会 ,  日本航空宇宙学会 ,  日本混相流学会 ,  可視化情報学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る