研究者
J-GLOBAL ID:200901027123091276   更新日: 2020年09月07日

森 敦紀

モリ アツノリ | Mori Atsunori
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www2.kobe-u.ac.jp/~amori/home/index.html
研究分野 (1件): 有機合成化学
研究キーワード (4件): 高分子科学 ,  有機材料科学 ,  有機金属化学 ,  有機合成化学
競争的資金等の研究課題 (22件):
  • 2019 - 2022 量子縮退制御したチオフェンデンドリマーの巨大な熱電変換機能の創出
  • 2013 - 2017 ヘテロ芳香族のカップリングを利用する鎖状および分岐状オリゴマーの精密合成
  • 2014 - 2016 バイオマス由来物質の触媒的C-Hカップリングによる共役系材料の創製
  • 2015 - A-STEP「共役系オリゴ(チエニレン ビニレン)の簡便ステップワイズ合成」
  • 2012 - 2014 ヘテロ芳香族骨格をもつ大環状化合物による新規キラリティーの設計
全件表示
論文 (226件):
  • Thermally-induced doping of the regioregular polythiophene bearing alkylene spacered benzene sulfonate group at the side chain. 2020. 103
  • Daiki Morikawa, Kazuki Morii, Yuto Yasuda, Atsunori Mori, Kentaro Okano. Convergent Total Synthesis of Lamellarins and Their Congeners. The Journal of Organic Chemistry. 2020
  • Atsunori Mori, Keisuke Fujita, Chihiro Kubota, Toyoko Suzuki, Kentaro Okano, Takuya Matsumoto, Takashi Nishino, Masaki Horie. Formal preparation of regioregular and alternating thiophene-thiophene copolymers bearing different substituents. Beilstein Journal of Organic Chemistry. 2020
  • Atsunori Mori, Chihiro Kubota, Keisuke Fujita, Masayasu Hayashi, Tadayuki Ogura, Toyoko Suzuki, Kentaro Okano, Masahiro Funahashi, Masaki Horie. Thermally Induced Self-Doping of π-Conjugated Polymers Bearing a Pendant Neopentyl Sulfonate Group. Macromolecules. 2020
  • Atsunori Mori, Masayasu Hayashi, Mitsuru Matsuoka, Shiomi Ashida, Yukiko Ito, Kohei Hosokawa, Toyoko Suzuki, Kentaro Okano, Chi Hsien Wang, Masaki Horie. Formation of seven-membered-ring fused bithiophene derivatives by nosyl annulation. Heterocycles. 2020. 101. 2. 461-470
もっと見る
MISC (31件):
  • Atsunori Mori. Structure- and Functionality-based Molecular Design of Azoles and Thiophenes. Bulletin of the Chemical Society of Japan. 2020
  • Yushin Shibuya, Atsunori Mori. Dehalogenative or Deprotonative? The Preparation Pathway to the Organometallic Monomer for Transition-Metal-Catalyzed Catalyst-Transfer-Type Polymerization of Thiophene Derivatives. CHEMISTRY-A EUROPEAN JOURNAL. 2020. 26. 31. 6976-6987
  • 西野 孝, 森 敦紀. 高分子量化・高立体規則化によって生まれるポリチオフェンの新たな側面-新奇から新規な高分子材料へ. 化学と工業. 2018. 71. 4. 326-328
  • Atsunori Mori. Nickel, [1,3-bis[2,6-bis(1-methylethyl)-phenyl]-1,3-dihydro-2H-imidazol-2- ylidene]dichloro(triphenylphosphine)-,(SP-4-1)-. e-EROS Encyclopedia of Reagents for Organic Synthesis. 2016
  • Yuji Miyazaki, Shinichi Suzuki, Toru Kobayashi, Tsuyoshi Yaita, Yusuke Inaba, Kenji Takeshita, Atsunori Mori. Synthetic Design of TPEN Derivatives for Selective Extraction of Trivalent Minor Actinides against Lanthanides. CHEMISTRY LETTERS. 2015. 44. 12. 1626-1636
もっと見る
特許 (29件):
  • 熱電変換材料
  • チオフェン共重合体
  • フリルチアゾール化合物
  • ポリ(3-置換チオフェン)化合物並びにその合成中間体及びそれらの製造方法
  • フランオリゴマーポリエステルおよびその前駆体
もっと見る
書籍 (8件):
  • Transition metal-catalyzed cross-coupling of organosilicon compounds In 'Organosilicon Chemistry - Novel Approaches and Reactions'
    Wiley 2019 ISBN:9783527814787
  • 直接アリール化によるオリゴ及びポリチオフェン類の合成
    シーエムシー出版 2019
  • New Polymeric Materials Based on Element-Blocks "Alternative Aspects of Polythiophenes"
    Springer 2019 ISBN:9789811328886
  • 完全攻略化学オリンピック
    日本評論社 2013 ISBN:9784535787049
  • 薗頭反応,溝呂木・Heck反応
    シーエムシー出版 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (177件):
  • ニッケル触媒によるポリ(1.4-フェニレン)合成における二座ホスフィン配位子の効果
    (日本化学会 第100春季年会 東京理科大学 野田キャンパス (千葉県野田市) 2020)
  • Structure- and Functionality-based Molecular Design of Heteroaromatic Compounds
    (日本化学会 第100春季年会 東京理科大学 野田キャンパス (千葉県野田市) 2020)
  • 両親媒性ポリチオフェンーポリチオフェンブロック共重合体の合成と物性
    (日本化学会 第100春季年会 東京理科大学 野田キャンパス (千葉県野田市) 2020)
  • Winding-vine shaped heterobiaryl of molecular asymmetry
    (International Conference on Chemistry for Human Development (ICCHD-2020) Kolkata, India 2020)
  • 「檜山カップリング」「山本重合」からの飛躍をめざした十数年
    (資源化学研究所創立80周年記念式典 学術シンポジウム 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1987 名古屋大学 大学院工学研究科博士課程後期課程応用化学および合成化学専攻修了
学位 (2件):
  • 工学修士 (-名古屋大学)
  • 工学博士 (-名古屋大学)
受賞 (3件):
  • 2020/03 - 日本化学会 学術賞 ヘテロ芳香族化合物の機能設計と構造設計
  • 2012/04 - 長瀬科学技術振興財団 長瀬研究振興賞 CHカップリングを利用するオリゴチオフェン類の精密合成
  • 2009 - 日本化学会 BCSJ Award 学術論文「Electrophilic Substitution of Thiophenes with Arylpalladium(II) and Platinum(II) Complex: Mechanistic Studies on Palladium-catalyzed CH Arylation of Thiophenes」
所属学会 (5件):
近畿化学協会 ,  ケイ素化学協会 ,  高分子学会 ,  有機合成化学協会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る