研究者
J-GLOBAL ID:200901027664400174   更新日: 2024年02月01日

永岡 勝俊

ナガオカ カツトシ | Nagaoka Katsutoshi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.nagaokalab-catalystsystems-nu.net/
研究分野 (4件): 無機物質、無機材料化学 ,  エネルギー化学 ,  ナノ材料科学 ,  触媒プロセス、資源化学プロセス
研究キーワード (12件): 希土類元素 ,  貴金属 ,  反応機構 ,  触媒設計 ,  炭化水素の改質 ,  排ガス浄化 ,  アンモニア ,  エネルギーキャリア ,  水素 ,  表面化学 ,  物理化学 ,  触媒化学
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2021 - 2023 MW照射によるアンモニアと酸素からの瞬時水素製造プロセスの創出とオペランド解析
  • 2020 - 2023 高温水素雰囲気での酸化物の移動現象を起源とした高活性窒素還元サイト発現の学理解明
  • 2015 - 2019 元素間融合を基軸とする物質開発と応用展開
  • 2015 - 2018 ヘテロエレメンタルシナジー触媒によるシェールガス化学的変換の新展開
  • 2013 - 2018 エネルギーキャリアとしてのアンモニアを合成・分解するための特殊反応場の構築に関する基盤技術の創成
全件表示
論文 (117件):
  • Katsutoshi Sato, Shuhei Zaitsu, Godai Kitayama, Sho Yagi, Yuto Kayada, Yoshihide Nishida, Yuichiro Wada, Katsutoshi Nagaoka. Operando Spectroscopic Study of the Dynamics of Ru Catalyst during Preferential Oxidation of CO and the Prevention of Ammonia Poisoning by Pt. JACS Au. 2022. 2. 7. 1627-1637
  • Shin-ichiro Miyahara, Katsutoshi Sato, Kotoko Tsujimaru, Yuichiro Wada, Yuta Ogura, Takaaki Toriyama, Tomokazu Yamamoto, Syo Matsumura, Koji Inazu, Katsutoshi Nagaoka. Co Nanoparticle Catalysts Encapsulated by BaO-La2O3 Nanofractions for Efficient Ammonia Synthesis Under Mild Reaction Conditions. ACS Omega. 2022. 7. 28. 24452-24460
  • Chandan Chaudhari, Katsutoshi Sato, Shin-ichiro Miyahara, Tomokazu Yamamoto, Takaaki Toriyama, Syo Matsumura, Kohei Kusuda, Hiroshi Kitagawa, Katsutoshi Nagaoka. The Effect of Ru Precursor and Support on the Hydrogenation of Aromatic Aldehydes/Ketones to Alcohols. CHEMCATCHEM. 2022
  • Kaori Omata, Katsutoshi Sato, Katsutoshi Nagaoka, Hiroshi Yukawa, Yoshihisa Matsumoto, Tomonori Nambu. Direct high-purity hydrogen production from ammonia by using a membrane reactor combining V-10mol%Fe hydrogen permeable alloy membrane with Ru/Cs2O/Pr6O11 ammonia decomposition catalyst. International Journal of Hydrogen Energy. 2022. 47. 13. 8372-8381
  • Chandan Chaudhari, Katsutoshi Sato, Shin ichiro Miyahara, Tomokazu Yamamoto, Takaaki Toriyama, Syo Matsumura, Kohei Kusuda, Hiroshi Kitagawa, Katsutoshi Nagaoka. The Effect of Ru Precursor and Support on the Hydrogenation of Aromatic Aldehydes/Ketones to Alcohols. ChemCatChem. 2022
もっと見る
MISC (441件):
  • 西田吉秀, CHAUDHARI Chandan, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊. 常温常圧下におけるニトリルの水素化反応に高い活性を示すナノ合金触媒の開発. 触媒討論会講演予稿集(CD-ROM). 2021. 127th
  • 佐藤勝俊, 松永隆宏, 永岡勝俊. 水素製造反応の瞬時起動を志向したアンモニア酸化分解のコールドスタート(2). 化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM). 2021. 86th
  • 中野圭, 永岡勝俊, 山田博史, 松永隆宏, 佐藤勝俊. アンモニア分解による水素製造反応の速度論的解析. 化学工学会年会研究発表講演要旨集(CD-ROM). 2021. 86th
  • 荒木玖太, 高橋雄大, 小俣香織, 南部智憲, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 湯川宏, 永岡勝俊. V系水素透過合金膜とRu系アンモニア分解触媒とを組み合わせた膜反応器によるアンモニアガスからの直接水素分離精製と耐久性評価. 触媒討論会講演予稿集(CD-ROM). 2021. 127th
  • 西田吉秀, CHAUDHARI Chandan, 佐藤勝俊, 佐藤勝俊, 永岡勝俊. PdPtナノ合金触媒を用いたニトリルの水素化によるアミンの選択的合成. 触媒討論会討論会A予稿集(CD-ROM). 2020. 126th
もっと見る
特許 (52件):
学歴 (4件):
  • 1998 - 2001 東京工業大学 総合理工学研究科 化学環境学専攻
  • 1996 - 1998 東京工業大学 総合理工学研究科 化学環境工学専攻
  • 1993 - 1996 東京工業大学 工学部 化学工学科 応用化学コース
  • 1992 - 1993 東京工業大学 第3類
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
経歴 (7件):
  • 2017/04 - 大分大学 理工学部 准教授
  • 2007/04 - 2017/03 大分大学 工学部 准教授
  • 2005/04 - 2007/03 大分大学 工学部 助教授
  • 2004/02 - 2005/03 大分大学 工学部 講師
  • 2003/02 - 2004/01 アレクサンダー・フンボルト財団(ドイツ) 奨学研究員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2016/03 - 田中貴金属記念財団 MMS賞
  • 2011/03 - 平成22年度触媒学会奨励賞 酸素欠陥利用による炭化水素改質反応用触媒の機能向上に関する研究
  • 2010/05 - 平成21年度石油学会奨励賞(新日本石油・新日本石油精製賞) 酸素欠陥利用による炭化水素改質反応用触媒の機能向上に関する研究
所属学会 (6件):
アメリカ化学会 ,  アメリカ科学振興協会 ,  石油学会 ,  水素エネルギー協会 ,  日本化学会 ,  触媒学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る