研究者
J-GLOBAL ID:200901028146483054   更新日: 2021年03月23日

栗橋 祐介

クリハシ ユウスケ | Yusuke Kurihashi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 構造工学、地震工学
研究キーワード (6件): 耐衝撃設計 ,  防災構造物 ,  維持管理 ,  短繊維混入コンクリート ,  FRP シート ,  補修・補強
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2019 - 2023 脆性破壊回避と連続繊維の高復元性能による既設防災構造物の高レジリエント化の実現
  • 2019 - 2022 脆性破壊回避と連続繊維の高復元性能による既設防災構造物の高レジリエント化の実現
  • 2017 - 2020 破壊エネルギー等価の概念を用いた各種FRP補強RC部材の衝撃応答解析手法の開発
  • 2015 - 2018 FRPロッド表面埋設工法によるRC部材の耐衝撃性向上法に関する研究
  • 2014 - 2017 衝撃的外力により損傷した鉄筋コンクリート部材の耐衝撃性向上法に関する研究
全件表示
論文 (263件):
  • Yusuke Kurihashi, Masaki Minami, Ryuji Nishiyauchi. Verification Test of Restoration Effect of Offshore Concrete Structure Using Permanent Formwork Panels and Underwater Inseparable Mortar. International Journal of Civil Engineering. 2021
  • Yusuke Kurihashi, Hisashi Konno, Yukio Hama. Effects of frost-damaged reinforced concrete beams on their impact resistance behavior. Construction and Building Materials. 2021. 274
  • Yusuke Kurihashi, Katsuya Kono, Eiki Yasuda, Masato Komuro. Impact Resistance Design of Porosity-Free Concrete Beams Strengthened with Aramid Fiber-Reinforced Polymer Sheet. ACI STRUCTURAL JOURNAL. 2021. 118. 1. 101-111
  • Yusuke Kurihashi, Ryoki Oyama, Masato Komuro, Yoshihisa Murata, Shinobu Watanabe. Experimental Study on Buffering System for Concrete Retaining Walls Using Geocell Filled with Single-Grain Crushed Stone. International Journal of Civil Engineering. 2020. 18. 10. 1097-1111
  • Yusuke Kurihashi, Hiroshi Masuya. Simplified estimation method for maximum deflection in bending-failure-type reinforced concrete beams subjected to collision action and its application range. Applied Sciences (Switzerland). 2020. 10. 19. 1-26
もっと見る
MISC (2件):
書籍 (4件):
  • 構造工学シリーズ27 爆発・衝撃作用を受ける土木構造物の安全性評価 -希少事象に備える-
    土木学会 2017
  • Drop Weight Tests on Full-Scale Specimen of Rockfall Protection Galleries
    ETH IBK 2015
  • 繊維補強セメント系複合材料の新しい利用法研究委員会報告書
    コンクリート工学会 2013
  • 構造工学シリーズ22 防災・安全対策技術者のための衝撃作用を受ける土木構造物の性能設計-基準体系の指針
    土木学会 2013
講演・口頭発表等 (191件):
  • RC はりの骨格曲線を用いた応答変位評価法の一検討
    (土木学会北海道支部平成30年度年次技術研究発表会 2019)
  • 三層緩衝構造の緩衝特性に及ぼす発泡材の力学特性の影響
    (土木学会北海道支部平成30年度年次技術研究発表会 2019)
  • 力学特性の異なる発泡材上に RC 版を設置した積層緩衝構造の緩衝特性
    (土木学会北海道支部平成30年度年次技術研究発表会 2019)
  • 縮小模型実験による三層緩衝構造の緩衝性能評価
    (土木学会北海道支部平成30年度年次技術研究発表会 2019)
  • AFRP シート曲げ補強した PFC はりの静的および衝撃載荷実験
    (土木学会北海道支部平成30年度年次技術研究発表会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2002 室蘭工業大学・大学院 建設工学専攻
  • - 1997 室蘭工業大学 建設システム工学科
経歴 (5件):
  • 2019/05 - 現在 金沢大学 理工研究域 地球社会基盤学系 准教授
  • 2008/04 - 2019/04 室蘭工業大学大学院 工学研究科 くらし環境系領域 講師
  • 2007/04/01 - 2008/03/31 (独)土木研究所寒地土木研究所 寒地基礎技術研究グループ 耐寒材料チーム 研究員
  • 2005/04/01 - 2007/03/31 (独)北海道開発土木研究所 構造部 材料研究室 研究員
  • 2002/04/01 - 2005/03/31 (独)北海道開発土木研究所 構造部 材料研究室 任期付研究員
委員歴 (52件):
  • 2019/10 - 現在 土木学会 構造工学委員会 衝撃問題連絡小委員会 幹事長
  • 2019/07 - 現在 日本化学繊維協会 コンクリート構造物補強用 FRP シートの分類に関する国際標準開発委員会 委員
  • 2019/07 - 現在 土木学会 複合構造委員会 H005土木学会論文集特集号編集小委員会 委員
  • 2019/06 - 現在 土木学会 構造工学委員会 委員
  • 2019/06 - 現在 土木学会 コンクリート委員会 230示方書連絡調整小委員会 委員
全件表示
受賞 (14件):
  • 2014/07 - コンクリート工学会 第36回コンクリート工学講演会年次論文奨励賞
  • 2010/04 - 土木学会 第56回構造工学シンポジウム論文賞
  • 2009/11 - 土木学会 第64回年次学術講演会優秀講演者表彰
  • 2009/07 - コンクリート工学会 第31回コンクリート工学講演会年次論文奨励賞
  • 2009/04 - 土木学会 第55回構造工学シンポジウム論文賞
全件表示
所属学会 (5件):
日本土木学会 ,  日本コンクリート工学会 ,  日本材料学会 ,  国際構造工学会 ,  米国コンクリート工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る