研究者
J-GLOBAL ID:200901028644788962   更新日: 2020年08月31日

安井 孝志

ヤスイ タカシ | Yasui Takashi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://yty.ach.nitech.ac.jp
研究分野 (1件): 分析化学
研究キーワード (1件): 分析化学 機能性色素 アゾ化合物 クロマトグラフィー 金属錯体 溶媒抽出
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2010 - 現在 非プロトン性溶媒中でのプロトン移動に基づくアニオン検出法の開発
  • 2007 - 現在 環境にやさしい固相抽出法の開発
  • 2000 - 現在 金属錯体の溶媒抽出
  • 1987 - 現在 金属錯体の逆相液体クロマトグラフィー
論文 (19件):
  • Shizuka NASU, Satoshi OHMURO, Takashi YASUI, Akio YUCHI. Roles of Residual Silanol in Solid Phase Extraction of Copper to Octadecylsilyl Silica in the Presence of Acetylacetone. Analytical Sciences. 2020
  • Takuya YONESAKA, Souta YAGI, Takashi YASUI, Akio YUCHI. Slow, Mid-Saturated Exchanges by Large Anions on Resins due to Increase in Independency of Exchange Sites with Cross-Linking. Analytical Sciences. 2019
  • Hironori IMAEDA, Takashi YASUI, Kazutake TAKADA, Akio YUCHI. Effects of Functional Group Density in Stylene-Divinylbenzene Copolymer Phase and Supporting Electrolyte Concentration in Aqueous Phase on Performance of Iminodiacetate-type Chelating Resin in Terms of Contribution of Ion-Exchange Mechnism. Analytical Sciences. 2018
  • Kumi Naito, Hirokazu Iezaki, Takashi Yasui, Kazutake Takada. Adsorption Kinetics and Thermodynamics of Hydroquinone onto a Polycrystalline Gold Electrode. Journal of The Electrochemical Society. 2018
  • 高田 主岳, 倉持 優理, 沼田 奈美, 宇佐美 友理, 安井 孝志, 湯地 昭夫. トリス(4,7-ジフェニル-1,10-フェナントロリン)ルテニウム(II) を内包したゲル微粒子による光学型溶存酸素センサ. 分析化学. 2018
もっと見る
MISC (4件):
  • 安井 孝志. 金属との錯形成に基づく Turn-on 型蛍光センサー. ぶんせき. 2020
  • 安井孝志. ヒ酸イオン選択的蛍光プローブ. ぶんせき. 2014. 477. 9. 506-506
  • 安井孝志. クリックケミストリーを利用した超高感度センサーの開発. ぶんせき. 2012. 433. 1. 50-50
  • 安井孝志. 固相抽出におけるC18シリカ炭素量の影響. ぶんせき. 1998. 278. 2. 131-131
書籍 (1件):
  • 錯体化合物事典
    朝倉書店 2019 ISBN:9784254141054
講演・口頭発表等 (92件):
  • フェノチアジン系酸化還元色素修飾電極の構築 ~カーボンペースト電極の評価~
    (「分析中部・ゆめ21」 第19回高山フォーラム 2019)
  • プロトン移動反応を利用したハロゲン化物イオンのフローインジェクション分析 ~UV照射強度の影響~
    (「分析中部・ゆめ21」 第19回高山フォーラム 2019)
  • 水素化ケイ素置換型C18カラムの評価 ~残留農薬成分の保持挙動~
    (「分析中部・ゆめ21」 第19回高山フォーラム 2019)
  • キレーションイオンクロマトグラフィー用固定相の構築 ~アゾ色素の担持に及ぼす温度効果~
    (「分析中部・ゆめ21」 第19回高山フォーラム 2019)
  • ヒドロキノンの金電極への吸着に対する pH の影響
    (第50回中部化学関係学協会支部連合秋季大会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1994 名古屋工業大学 工学研究科 物質工学
  • - 1987 名古屋工業大学 工学部 合成化学
学位 (2件):
  • 博士(工学) (名古屋工業大学)
  • 工学修士 (名古屋工業大学)
受賞 (2件):
  • 2017/12/10 - The Japan Society for Analytical Chemistry Hot Article Award Analytical Sciences
  • 2008/08/10 - 日本分析化学会 Hot Article Award Analytical Sciences
所属学会 (3件):
日本溶媒抽出学会 ,  日本化学会 ,  日本分析化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る