研究者
J-GLOBAL ID:200901028650809033   更新日: 2022年08月08日

関 由行

セキ ヨシユキ | Seki Yoshiyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://seki-lab.wixsite.com/seki-lab
研究分野 (2件): 発生生物学 ,  ゲノム生物学
研究キーワード (3件): 幹細胞生物学 ,  生殖細胞生物学 ,  エピジェネティクス
競争的資金等の研究課題 (23件):
  • 2022 - 2024 DUX非依存的な新規2細胞様細胞の可視化による胚性ゲノム活性化機構の解明
  • 2020 - 2022 DUXに依存しない胚性ゲノム活性化による全能性獲得機構の解明
  • 2018 - 2022 多能性細胞から生殖細胞への変換を制御する遺伝子ネットワークの進化的起源と変容
  • 2020 - 2022 DUXに依存しない胚性ゲノム活性化による全能性獲得機構の解明
  • 2018 - 2021 形状の変化を対象とする定性空間表現および推論システムの研究
全件表示
論文 (24件):
もっと見る
MISC (2件):
  • 関 由行, 岡下 修己. 始原生殖細胞によるエピゲノムリプログラミング. Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌. 2013. 30. 3. 95-100
  • OMary Ann Suico, Hiroki Yoshida, Yoshiyuki Seki, Tomoko Uchikawa, Zhou Lu, Tsuyoshi Shuto, Kazuhito Matsuzaki, Mitsuyoshi Nako, Hirofumi Kai. MEF, an ETS transcription factor, up-regulates lysozyme transcription in epithelial cells through interaction with PML protein. CELL STRUCTURE AND FUNCTION. 2004. 29. 71-71
特許 (1件):
  • DNA脱メチル化誘導法及びその用途
書籍 (3件):
  • Epigenetic Reprogramming Associated with Primordial Germ Cell Development, Epigenetics and Human Reproduction (Epigenetics and Human Health)
    Springer; 1st Edition 2010
  • 哺乳類の生殖細胞形成を制御する分子機構, 実験医学, 2月号
    羊土社 2009
  • Epigenetic reprogramming in primordial germ cell development. Genetical and epigenetical control of mammalian germ cell development and their function. Genetic and epigenetic control of mammalian germ cell development and function.
    Research Signpost, 13-36 2008
講演・口頭発表等 (2件):
  • 始原生殖細胞によるエピゲノム変異の修復とその破綻
    (第40回環境変異原学会 2011)
  • 生命の連続性を保証する生殖細胞特異的なエピゲノム調節とその破綻
    (文部科学省・大学教育改革支援プログラム「社会の要求に応える動物生命工学の実践教育」 2009)
学位 (1件):
  • 博士(医学) (大阪大学)
経歴 (2件):
  • 2021/04/01 - 現在 関西学院大学 生命環境学部 教授
  • 2009/04/01 - 2021/03/31 関西学院大学 理工学部 生命科学科 准教授
受賞 (1件):
  • 2018/07/23 - 日本遺伝学会 2018年度日本遺伝学会奨励賞
所属学会 (4件):
日本進化学会 ,  日本遺伝学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本エピジェネティクス研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る