研究者
J-GLOBAL ID:200901028664886111   更新日: 2020年12月25日

中山 俊秀

ナカヤマ トシヒデ | Nakayama Toshihide
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (4件):
研究分野 (1件): 言語学
研究キーワード (6件): 言語類型論 ,  文法化 ,  言語再活性化 ,  言語ドキュメンテーション ,  用法基盤言語学 ,  ヌートカ語
論文 (43件):
  • Toshihide Nakayama, Fumino Horiuchi. Demystifying the development of a structurally marginal pattern: A case study of the wa-initiated responsive construction in Japanese conversation. Journal of Pragmatics. 2021. 172. 215-224
  • 堀内ふみ野, 中山俊秀. 発話頭の「ハ」成立の動機付け-動的文法観に基づく一考察-. 動的語用論の構築に向けて. 2020. 176-197
  • 中山俊秀. 「通じる」ためのリソースとしての文法. 社会言語科学会第44回大会発表論文集. 2020. 307-308
  • 大谷直輝, 中山俊秀, 佐治伸郎, 吉川正人. 用法基盤モデルの観点から言語知識について考える. 日本認知言語学会論文集. 2018. 18. 573-596
  • 中山俊秀. 言語知識はどのような形をしているのか. 日本認知言語学会論文集. 2018. 18. 580-585
もっと見る
MISC (12件):
  • 中山俊秀. 事例基盤モデル (Exemplar-based Model). 鈴木亮子・秦かおり・横森大輔編『話しことばへのアプローチ』. 2017. 35-38
  • 中山俊秀. もっと知りたい!世界のことば:ヌートカ語. 英語教育. 2017. 66. 10. 43-43
  • 中山俊秀. 負ける体験としてのフィールドワーク. 西井凉子編『人はみなフィールドワーカーである:人文学のフィールドワークのすすめ』. 2014. 36-55
  • 中山俊秀. ヌートカ語. 梶茂樹、中島由美、林徹編 『事典 世界のことば141』. 2009. 568-571
  • 中山俊秀. フィールドワークで何がみつかるか. Field+. 2009. 1. 16-17
もっと見る
書籍 (11件):
  • Documentary Linguistics: Working with Communities
    John Benjamins 2020
  • 言語はどのように変化するのか
    開拓社 2019 ISBN:9784758922722
  • Grammatical Sketches from the Field 2
    東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 2014
  • The Art and Practice of Grammar Writing
    University of Hawai'i Press 2014
  • 文法を描く-フィールドワーク基づく諸言語の文法スケッチ・2
    東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (94件):
  • ワークショップ「言語創発学の試みー言語の個人基盤と社会性をつなげるインターフェイスの解明に向けてー
    (社会言語科学会第44回大会 2020)
  • 多様な個人の多様な文法がまとまるメカニズムを考える
    (「文法の動的体系性を探る (1):文法の多重性と分散性」2019年度第1回研究会 2019)
  • 言語の類型化の面白みと落とし穴
    (東北大学大学院情報科学研究科言語変化・変異研究ユニットチュートリアル 2019)
  • ヌートカ語(カナダの消滅危機先住民言語)の魅力と深み-ちょっと「想定外」の文法を楽しむ
    (東北大学大学院情報科学研究科言語変化・変異研究ユニット講演会 2019)
  • 言語創発学への道のり
    (第16回 話しことばの言語学ワークショップ 2019)
もっと見る
Works (1件):
  • 日本人の底力
    2008 -
学歴 (3件):
  • - 1997 カリフォルニア大学サンタバーバラ校
  • - 1990 カンザス大学
  • - 1986 東京外国語大学
学位 (4件):
  • 博士(言語学) (カリフォルニア大学サンタバーバラ校)
  • 修士(言語学) (カンザス大学)
  • Doctor of Philosophy (Linguistics)
  • Master of Arts (Linguistics)
経歴 (8件):
  • 2019/04/01 - 現在 東京外国語大学 附属図書館 館長
  • 2019/04/01 - 現在 東京外国語大学 副学長
  • 2012/01/01 - 現在 東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 教授
  • 2017/04/01 - 2019/03/31 東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 副所長
  • 2013/04/01 - 2017/03/31 東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 附属情報資源利用研究センター センター長
全件表示
受賞 (1件):
  • 2017/03 - 社会言語科学会 社会言語科学会研究大会発表賞第17回 会話に見る「また」の用法 -コミュニケーションの特性に応じた構文の発達-
所属学会 (6件):
アメリカ言語学会 ,  アメリカ先住民諸語学会 ,  日本言語学会 ,  言語類型論学会 ,  国際語用論学会 (International Pragmatics Association) ,  日本認知言語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る