研究者
J-GLOBAL ID:200901028862471733   更新日: 2020年05月25日

風間 聡

カザマ ソウ | Kazama So
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (2件): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/1b64a176318800051099b34d35be6dd8.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/1b64a176318800051099b34d35be6dd8.html
研究分野 (1件): 水工学
研究キーワード (7件): 地球温暖化 ,  積雪 ,  氾濫 ,  洪水 ,  流域環境 ,  水資源 ,  メコン河
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2007 - 現在 気候変動による水資源問題
  • 2005 - 現在 水循環モデルを用いた生態系評価
  • 1995 - 現在 リモートセンシングを用いた水収支解析
論文 (308件):
  • Prem Rangsiwanichpong, So Kazama, Chaiwat Ekkawatpanit, Luminda Gunawardhana. Evaluation of cost and benefit of sediment based on landslide and erosion models. CATENA. 2019. 173. 194-206
  • 安西聡, 風間聡, 峠嘉哉. 平成27年9月関東・東北豪雨におけるInstagramデータによる河川に対する認識と危険行動の解析. 土木学会論文集B1(水工学). 2018. 74. 5. I_1309-I_1314
  • 坂元宏司, 風間聡, 峠嘉哉. 流出解析による表面・底面融雪量検討と気象感度分析. 土木学会論文集B1(水工学). 2018. 74. 5. I_307-I_312
  • Assessme nt of sediment yield in Thailand using revised universal soil loss equation and geographic information system techniques. River Research and Applications. 2018. 34. 9. 1113-1122
  • Golam Saleh, Ahmed Salem, So Kazama, Shamsuddin Shahid, Nepal C. Dey. Impacts of Climate Change on Groundwater Level and Irrigation Cost in a Groundwater Dependent Irrigated Region. Agricultural Water Management. 2018. 208. 33-42
もっと見る
書籍 (10件):
  • 全世界の河川事典
    丸善出版 2013
  • -最前線の研究者たちに聞く- 地球温暖化研究のフロントライン
    国立環境研究所 2013
  • 水文学
    株式会社コロナ社 2011 ISBN:9784339056280
  • Climate change and global sustainability: A holistic approach
    United Nations University Press 2011 ISBN:9789280811810
  • 水理学入門
    共立出版 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (120件):
  • Flood benefits in the lower Mekong River
    (The International Conference on “The Status and Future of the World’s Large Rivers 2011)
  • 水災害管理への応用
    (“だいち”衛星画像を活用した国土基盤整備シンポジウム 2011)
  • Water disaster impact on climate change and its adaptation
    (International Symposium, Promoting Synergies among adaptation networks in the Asia-Pacific Region 2011)
  • メコン河の氾濫問題
    (河川講習会,建設コンサルタンツ協会東北支部 2010)
  • Economic predictions of flood damages with respect to the extreme rainfall in Japan
    (Climate Adaptation Futures Conference 2010)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1995 東北大学 工学研究科 土木工学
  • - 1990 東北大学 工学部 土木工学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東北大学)
経歴 (15件):
  • 2011/04 - 現在 静岡大学 客員教授
  • 2010/04 - 現在 東北大学 工学研究科 教授
  • 2011/09 - 2015/08 カーティン大学工学部 客員教授
  • 2012/04 - 2014/03 京都大学防災研究所水資源環境研究センター 教授 非常勤教授
  • 2013/06 - 2013/09 カリフォルニア大学デービス校 客員研究者
全件表示
委員歴 (40件):
  • 2012/06 - 現在 土木学会,地球環境委員会 委員
  • 2010/04 - 現在 土木学会,水工学委員会 委員
  • 2007/04 - 現在 土木学会,水工学委員会,水工学論文集編集小委員会 委員
  • 2007/04 - 現在 土木学会,東北支部 幹事
  • 2017/04 - 2049/03 土木学会水工学委員会 水害対策小委員会委員長
全件表示
受賞 (13件):
  • 2014/09/05 - 土木学会地球環境委員会 地球環境優秀講演賞
  • 2010/11/09 - 日中韓地理学会(5th Japan-Korea-China Joint Conference on Gepgraphy) 優秀講演賞
  • 2010/09/08 - 水環境学会 年間優秀論文賞
  • 2010/09/07 - 河川環境管理財団 優秀成果
  • 2010/09/06 - 水文・水資源学会 論文賞
全件表示
所属学会 (8件):
水環境学会 ,  アジア太平洋水文水資源協会(APHW) ,  国際水文科学会(IAHS) ,  国際水資源学会 (IWRA) ,  国際水理学会(IAHR) ,  水文・水資源学会 ,  日本リモートセンシング学会 ,  土木学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る