研究者
J-GLOBAL ID:200901029282606816   更新日: 2022年07月15日

水谷 英二

ミズタニ エイジ | Mizutani Eiji
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/sct/
研究分野 (2件): 動物生産科学 ,  動物生産科学
研究キーワード (4件): クローン家畜 ,  発生工学 ,  clone ,  embryology
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2023 カニクイザル胚を用いたヒト多能性幹細胞キメラ形成能評価系の開発
  • 2020 - 2023 染色体移植によるヒトトリソミーモデルマウスの開発
  • 2020 - 2023 動物発生環境を利用したヒト膵臓創出
  • 2016 - 2019 絶滅動物の復活を目指した革新的技術開発
  • 2015 - 2018 生胚内個別染色体動態解析および染色体操作による次世代胚操作技術の確立
全件表示
論文 (63件):
  • Satoshi Kamimura, Kimiko Inoue, Eiji Mizutani, Jin-Moon Kim, Hiroki Inoue, Narumi Ogonuki, Kei Miyamoto, Shunya Ihashi, Nobuhiko Itami, Teruhiko Wakayama, et al. Improved development of mouse somatic cell nuclear transfer embryos by chlamydocin analogues, class I and IIa histone deacetylase inhibitors†. Biology of reproduction. 2021. 105. 2. 543-553
  • Naoaki Mizuno, Eiji Mizutani, Hideyuki Sato, Mariko Kasai, Hiromitsu Nakauchi, Tomoyuki Yamaguchi. CRISPR/Cas9 + AAV-mediated Intra-embryonic Gene Knocking in Mice. Bio-protocol. 2019. 9. 13. e3295
  • Naoaki Mizuno, Eiji Mizutani, Hideyuki Sato, Mariko Kasai, Aki Ogawa, Fabian Suchy, Tomoyuki Yamaguchi, Hiromitsu Nakauchi. Intra-embryo Gene Cassette Knockin by CRISPR/Cas9-Mediated Genome Editing with Adeno-Associated Viral Vector. iScience. 2018. 9. 286-297
  • Hiroaki Nagatomo, Tatsuma Yao, Yasuyuki Araki, Eiji Mizutani, Teruhiko Wakayama. Agarose capsules as new tools for protecting denuded mouse oocytes/embryos during handling and freezing-thawing and supporting embryonic development in vivo. SCIENTIFIC REPORTS. 2017. 7. 1. 17960
  • Masaki Yagi, Satoshi Kishigami, Akito Tanaka, Katsunori Semi, Eiji Mizutani, Sayaka Wakayama, Teruhiko Wakayama, Takuya Yamamoto, Yasuhiro Yamada. Derivation of ground-state female ES cells maintaining gamete-derived DNA methylation. NATURE. 2017. 548. 7666. 224-+
もっと見る
MISC (89件):
特許 (1件):
講演・口頭発表等 (2件):
  • ライブセルイメージングによる発生解析とその可能性
    (REG部会特別講演会 2013)
  • Retrospective and correlation analysis of the cloned embryos using long-term, six dimensional live-cell imaging
    (5th Asian Reproductive Biotechnology Society, 2008)
学歴 (5件):
  • 2003 - 2006 東北大学 応用生命科学専攻
  • 2001 - 2003 東北大学 資源生物科学専攻
  • - 2003 東北大学
  • 1997 - 2001 東北大学 応用動物科学科
  • - 2001 東北大学
学位 (2件):
  • 修士(農学) (東北大学)
  • 博士 (東北大学)
経歴 (8件):
  • 2020/05 - 現在 筑波大学 医学医療系 准教授
  • 2020/04 - 現在 東京大学医科学研究所 幹細胞治療部門 特任研究員
  • 2018/04 - 2020/03 東京大学医科学研究所 幹細胞治療部門 特任准教授
  • 2016/07 - 2018/03 東京大学医科学研究所 幹細胞治療部門 特任研究員
  • 2012/04 - 2016/06 山梨大学 生命環境学部 助教
全件表示
所属学会 (5件):
日本卵子学会 ,  日本分子生物学会 ,  Society for the Study of Reproduction ,  日本繁殖生物学会 ,  The Japanese Society of Animal Reproduction
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る