研究者
J-GLOBAL ID:200901029479666420   更新日: 2020年06月22日

角田 和之

ツノダ カズユキ | Kazuyuki Tsunoda
所属機関・部署:
職名: 専任講師
ホームページURL (2件): http://dent-os.med.keio.ac.jphttp://dent-os.med.keio.ac.jp
研究分野 (1件): 外科系歯学
研究キーワード (6件): シェーグレン症候群 ,  造血幹細胞移植と口腔機能ケア ,  自己免疫性水疱症 ,  自己免疫疾患 ,  口腔粘膜疾患 ,  口腔内科学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2017 - 2020 培養細胞評価系を用いた腫瘍随伴性天疱瘡における自己抗体病原性の解析
  • 2015 - 2018 口腔粘膜上皮バリア機能の3D解析
  • 2014 - 2017 遺伝子改変マウスを用いた天疱瘡自己抗体病原性の評価法開発
  • 2011 - 2013 自己抗原特異的IgMモノクローナル抗体による天疱瘡発症機序解明と治療法の開発
  • 2008 - 2010 病原性モノクローナル抗体を用いた天疱瘡の口腔粘膜病変発症機序の解明
全件表示
論文 (111件):
  • 小池 将人, 池浦 一裕, 藤田 康平, 清水 博之, 加藤 伸, 宮下 英高, 中川 種昭, 角田 和之. 口腔症状から診断に至った腸管Behcet病の1例. 日本口腔内科学会雑誌. 2019. 25. 1. 25-30
  • 角田和之. 口腔粘膜疾患から金属アレルギーを考える -基礎と臨床-. 神歯会報. 2019. 14. 10-17
  • 金生 茉莉, 藤田 康平, 池浦 一裕, 加藤 伸, 小高 利絵, 高森 康次, 中川 種昭, 角田 和之. Laugier-Hunziker-Baran症候群の1例. 日本口腔内科学会雑誌. 2018. 24. 2. 41-45
  • Morikawa S, Ouchi T, Asoda S, Horie N, Tsunoda K, Kawana H, Nakagawa T. Treatment of severe generalized chronic periodontitis in a patient with Behçet’s disease: A case report. Journal of International Medical Research. 2018. 46. 5. 2037-2045
  • Fujita, K, Kato, S, Ikeura, K, Kudo, Y, Tsunoda, K, Nakagawa, T. Clinical characterization of oral symptoms in paraneoplastic pemphigus. 2018
もっと見る
MISC (3件):
  • Tsunoda K, Ota T, Aoki M, Yamada T, Nagai T, Nakagawa T, Koyasu S, Nishikawa T, Amagai M. Induction of pemphigus phenotype by a mouse monoclonal antibody against the amino-terminal adhesive interface of desmoglein 31. Journal of Immunology. 2003. 170. 4. 2170-2178
  • Amagai M, Tsunoda K, Suzuki H, Nishifuji K, Koyasu S, Nishikawa T. Use of autoantigen-knockout mice in developing an active autoimmune disease model for pemphigus. Journal of Clinical Investigation. 2000. 105. 5. 625-631
  • Onizawa K, Uchiyama K, Iwabuchi H, Tsunoda K, Okada Y, Asanami S. Clinical effects of arbekacin on MRSA infections after oral and maxillofacial surgery. Oral Therapeutics and Pharmacology. 1997. 16. 1. 10-14
書籍 (2件):
  • 開業医のための口腔外科重要12キーワードベスト240論文 : 世界のインパクトファクターを決めるトムソン・ロイター社が選出 : 講演や雑誌でよく見る、あの分類および文献
    クインテッセンス出版 2017 ISBN:9784781205762
  • 皮膚科診療プラクティス 15難治性皮膚潰瘍を治すスキル
    東京 文光堂 2003
講演・口頭発表等 (300件):
  • ラット口内炎モデルを用いた半夏瀉心湯の臨床効果に関する検討と臨床応用
    (日本東洋医学雑誌 2019)
  • 【嚥下障害と誤嚥性肺炎】誤嚥性肺炎に対する対応 誤嚥性肺炎の予防
    (Clinical Neuroscience 2019)
  • 難治性口腔咽頭潰瘍を伴った腸管ベーチェット病の一例
    (歯科薬物療法 2019)
  • 同種造血幹細胞移植周術期における唾液腺機能の臨床的検討
    (日本口腔診断学会雑誌 2019)
  • Laugier-Hunziker-Baran症候群の一例
    (日本口腔診断学会雑誌 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1986 - 1992 東京歯科大学 歯学部
学位 (1件):
  • 医学博士 (慶應義塾)
経歴 (9件):
  • 2012/04 - 現在 慶應義塾大学医学部 講師
  • 2007/04 - 2012/03 慶應義塾大学医学部 助教
  • 2004/04 - 2007/03 慶應義塾大学医学部 助手
  • 2002/05 - 2004/03 慶應義塾大学医学部 病院臨床助手
  • 2001/06 - 2002/04 慶應義塾大学医学部 助手
全件表示
受賞 (2件):
  • 2010/10 - Society for cutaneous ultrastructure research The Award for best poster presentation
  • 2010/09/09 - Society for cutaneous ultrastructure research The Award for best poster presentaiton KERATIN 13 GENE MUTATION CAUSES ORAL WHITE SPONGE NEVUS
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る