研究者
J-GLOBAL ID:200901030164960492   更新日: 2021年10月28日

笠井 淳司

カサイ アツシ | Atsushi Kasai
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://molpharm.umin.jp/
研究分野 (5件): 神経科学一般 ,  薬理学 ,  薬理学 ,  薬理学 ,  薬系衛生、生物化学
研究キーワード (9件): 脳情報動態 ,  マルチスケール脳 ,  細胞分化 ,  セロトニン神経 ,  マイクロRNA ,  イメージング技術 ,  精神疾患 ,  血管新生 ,  GPCR
競争的資金等の研究課題 (24件):
  • 2021 - 2025 多階層的解析を基盤とした薬物依存症の解明
  • 2021 - 2024 胎児医療に向けた神経発達障害発症機構の解明
  • 2021 - 2024 グリアエングラムの同定と回路機能的意義の解明
  • 2021 - 2023 マルチスケール解析によるストレス性精神疾患の構成的理解
  • 2020 - 2023 脳疾患の解明と創薬へ向けた疾患モデル脳のマルチスケールデータ解析
全件表示
論文 (59件):
  • T Ichimura, T Kakizuka, K Horikawa, K Seiriki, A Kasai, H Hashimoto, K Fujita, T M Watanabe, T Nagai. Exploring rare cellular activity in more than one million cells by a transscale scope. Scientific reports. 2021. 11. 1. 16539-16539
  • Satoshi Yoshinaga, Minkyung Shin, Ayako Kitazawa, Kazuhiro Ishii, Masato Tanuma, Atsushi Kasai, Hitoshi Hashimoto, Ken-Ichiro Kubo, Kazunori Nakajima. Comprehensive characterization of migration profiles of murine cerebral cortical neurons during development using FlashTag labeling. iScience. 2021. 24. 4. 102277-102277
  • Kohei Kitagawa, Kensuke Matsumura, Masayuki Baba, Momoka Kondo, Tomoya Takemoto, Kazuki Nagayasu, Yukio Ago, Kaoru Seiriki, Atsuko Hayata-Takano, Atsushi Kasai, et al. Intranasal oxytocin administration ameliorates social behavioral deficits in a POGZWT/Q1038R mouse model of autism spectrum disorder. Molecular brain. 2021. 14. 1. 56-56
  • Misaki Niu, Atsushi Kasai, Kaoru Seiriki, Misuzu Hayashida, Masato Tanuma, Rei Yokoyama, Yumi Hirato, Hitoshi Hashimoto. Altered Functional Connectivity of the Orbital Cortex and Striatum Associated with Catalepsy Induced by Dopamine D1 and D2 Antagonists. Biological & pharmaceutical bulletin. 2021. 44. 3. 442-447
  • Chihiro Kawaguchi, Norihito Shintani, Atsuko Hayata-Takano, Michiyoshi Hatanaka, Ai Kuromi, Reiko Nakamura, Yui Yamano, Yusuke Shintani, Katsuya Nagai, Soken Tsuchiya, et al. Lipocalin-type prostaglandin D synthase regulates light-induced phase advance of the central circadian rhythm in mice. Communications biology. 2020. 3. 1. 557-557
もっと見る
MISC (53件):
講演・口頭発表等 (23件):
  • サポートベクターマシーンを用いたストレス応答制御機構の解明
    (第2回脳科学サロン「脳とAI」 2020)
  • 脳機能解明に向けた全脳多色蛍光標識法の開発
    (第67回日本実験動物学会総会 2020)
  • 3次元定量的脳形態計測システムの構築:マイクロエンドフェノタイプの探索へ
    (マイクロ精神病態班会議 2014)
  • 血管新生性眼疾患とアペリン-APJシステム~創薬標的分子としての可能性~
    (日本薬学会 第134年会 2014)
  • 精神疾患の発症に関わる遺伝子x環境相互作用ダイナミクスの解析系の構築
    (FISRT EXPO 2014 2014)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2004 - 2007 大阪大学大学院 応用医療薬科学
  • 2002 - 2004 大阪大学大学院
  • 1997 - 2002 静岡県立大学
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (大阪大学)
経歴 (6件):
  • 2020/06 - 現在 大阪大学 大学院薬学研究科 准教授
  • 2020/04 - 2020/06 大阪大学 大学院薬学研究科 講師
  • 2014/09 - 2020/03 大阪大学 大学院薬学研究科 助教
  • 2012/05 - 2014/09 大阪大学 未来戦略機構 特任助教
  • 2011/04 - 2012/04 カリフォルニア大学ロサンゼルス校 ポスドク
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2019/05 - 現在 日本神経化学会 出版・広報委員会委員
  • 2012 - 現在 日本薬理学会 代議員
受賞 (6件):
  • 2020/01 - 武田科学振興財団 第10回武田科学振興財団 薬科学シンポジウム Excellent Poster Award
  • 2014/12 - 包括型脳科学研究推進支援ネットワーク 平成26年度 包括脳ネットワーク 冬のシンポジウム 若手優秀発表賞
  • 2014/07 - 大阪大学 大阪大学総長 奨励賞
  • 2011/07 - 日本薬学会 日本薬学会近畿支部奨励賞
  • 2010/12 - 日本血管生物医学会 Young Investigator’s Award
全件表示
所属学会 (5件):
北米神経科学会 ,  日本精神神経薬理学会 ,  日本神経化学会 ,  日本薬学会 ,  日本薬理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る