研究者
J-GLOBAL ID:200901031425113233   更新日: 2019年12月23日

小早川 健

コバヤカワ タケシ | KOBAYAKAWA Takeshi
所属機関・部署:
職名: 技術専門職員
研究分野 (1件): 機能系基礎歯科学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 1982 - 2004 軟骨プロテオグリカンの研究
  • 2001 - 分子シャペロンの構造と機能
論文 (4件):
  • Nemoto TK, Ono T, Kobayakawa T, Ohara-Nemoto Y. Characterization of bacterial acylpeptidyl-oligopeptidase. Biochimie. 2019. 163. 50-57
  • Ohara-Nemoto Y, Nakasato M, Shimoyama Y, Baba TT, Kobayakawa T, Ono T, Yaegashi T, Kimura S, Nemoto TK. Degradation of Incretins and Modulation of Blood Glucose Levels by Periodontopathic Bacterial Dipeptidyl Peptidase 4. Infection and immunity. 2017. 85. 9
  • Ohara-Nemoto Y, Rouf SM, Naito M, Yanase A, Tetsuo F, Ono T, Kobayakawa T, Shimoyama Y, Kimura S, Nakayama K, Saiki K, Konishi K, Nemoto TK. Identification and characterization of prokaryotic dipeptidyl-peptidase 5 from Porphyromonas gingivalis. The Journal of biological chemistry. 2014. 289. 9. 5436-5448
  • Ono T, Ohara-Nemoto Y, Shimoyama Y, Okawara H, Kobayakawa T, Baba TT, Kimura S, Nemoto TK. Amino acid residues modulating the activities of staphylococcal glutamyl endopeptidases. Biological chemistry. 2010. 391. 10. 1221-1232
MISC (7件):
講演・口頭発表等 (17件):
  • Essential amino acids in the N-terminal domain of human HSP90
    (第76回日本生化学会 2003)
  • 再生コラーゲン線維の超微細構造とその構築機構
    (第46回歯科基礎医学会学術大会 2004)
  • HSP90分子シャペロンの免疫学的交差性
    (第46回歯科基礎医学会学術大会 2004)
  • ウシ皮膚可溶性コラーゲンの線維再生機構とその再生線維のヘリックス構造
    (2004年度長崎県三学会(動物,植物,生態学)合同例会 2004)
  • ゲル内アパタイト結晶成長へのアルカリ金属イオンの影響
    (第46回歯科基礎医学会学術大会 2004)
もっと見る
Works (1件):
  • 癌治療ターゲット分子シャペロン機能の解明とその応用
    2006 - 2008
所属学会 (1件):
日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る