研究者
J-GLOBAL ID:200901031483755440   更新日: 2020年04月20日

柳澤 さおり

ヤナギサワ サオリ | SAORI YANAGISAWA
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 社会心理学
研究キーワード (1件): 産業・組織心理学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2012 - 2015 活用価値を高める人事評価の条件-学習とパフォーマンスにつなげる評価-
  • 2007 - 2009 成果主義のもとでの組織成員の能力およびチーム力形成に関する研究
  • 2005 - 2006 成果主義のもとでの目標管理が組織活性化を可能にする条件の心理学的研究
  • 2003 - 2005 目標設定状況における高業績者の学習プロセスの特徴に関する心理学的研究
  • 2000 - 2001 対人評価の個人差の発生に関わる心理メカニズムについての実証的研究
論文 (15件):
  • Saori Yanagizawa, Hisataka Furukawa. Fitness of Job Type and Management by Objectives: Mediating Effects of Perception of Effectiveness and Goal Commitment and Moderating Effects of Supervisor's Behavior. JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH. 2016. 58. 4. 297-309
  • 人事評価プロセスにおけるアカウンタビリティと公的自己意識の効果. 中村学園大学・中村学園大学短期大学部紀要. 2013. 45. 129-139
  • 学習とパフォーマンスを高める人事評価-フィードバック情報の活用-. 中村学園大学・短期大学紀要. 2012. 44. 191-201
  • 西宏樹. 大学生のアルバイト活動を通した学習-アルバイトの目標と活動の意識化の効果-. 中村学園大学・短期大学紀要. 2010. 42. 285-292
  • Nogami, M, Furukawa, H. Effective strategy learning through self-regulation within a work organization: Effects of internal and external criteria for self-regulation. Kyushu University Psychological research. 2009. 10. 93-99
もっと見る
MISC (6件):
  • 人事評価面談における管理者の行動:仕事のタイプと従業員の面談に対する満足度との関係. 西南学院大学人間科学論集. 2016. 11. 2. 55-68
  • 評価面談がもたらす学習効果. 中村学園大学流通科学研究. 2014. 13. 67-74
  • 音成陽子, 福沢健. 平成24年度総合演習I(ディベート)授業報告-学士力と社会人基礎力の育成にむけて-. 中村学園大学流通科学研究. 2013. 12. 83-91
  • 音成陽子, 福沢健. 社会人基礎力の育成方法と課題 -社会人基礎力育成グランプリ2012大賞(経済産業大臣賞)受賞チームの指導教員へのインタビューから-. 中村学園大学流通科学研究. 2013. 12. 121-126
  • 野上真, 古川久敬. MBOにおける目標設定の効果性モデルに関する実証的研究. 産業・組織心理学研究. 2005. 19. 17-27
もっと見る
書籍 (11件):
  • ライブラリ 心理学を学ぶ 9 産業と組織の心理学
    サイエンス社 2017
  • 月間 人材教育 9月号
    株式会社 日本能率協会マネジメントセンター 2015
  • はじめて学ぶ産業・組織心理学
    白桃書房 2015 ISBN:9784561256557
  • 誠心 心理学辞典 新版
    誠心書房 2014 ISBN:9784414305074
  • 先取り志向の組織心理学-プロアクティブ行動と組織
    有斐閣 2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (20件):
  • Effects of a ratee’s goal orientation and rater’s encouragement of participation on the ratee’s behaviors during
    (29th International Congress of Applied Psychology 2018)
  • 評価面談の特徴が部下の面談への反応に及ぼす影響-現状と目標レベルの理解と相互理解の実感の媒介効果-
    (産業・組織心理学会第33回大会 2017)
  • 大学生の学習の場に関する探索的研究
    (産業・組織心理学会第26回大会 2010)
  • Coordination between departments in organization: Examining individual and department characteristics .
    (27th International Congress of Applied Psychology 2010)
  • 大学生のアルバイト活動を通した学習 -アルバイトの目標と活動の意識化の効果-
    (産業・組織心理学会第25回大会 2009)
もっと見る
学位 (1件):
  • 人間環境学博士 (九州大学)
委員歴 (2件):
  • 2016/04/01 - 2019/03/31 産業・組織心理学会 監事
  • 2013/04/01 - 2016/03/31 産業・組織心理学会 理事
所属学会 (5件):
日本心理学会 ,  日本グルーブ・ダイナミックス学会 ,  産業・組織心理学会 ,  日本社会心理学会 ,  組織学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る