研究者
J-GLOBAL ID:200901033989063379   更新日: 2020年09月13日

木村 彰方

キムラ アキノリ | Kimura Akinori
所属機関・部署:
職名: 理事
ホームページURL (2件): http://www.tmd.ac.jp/mri/mri-mpath/index_j.htmlhttp://www.tmd.ac.jp/mri/mri-mpath/index_e.html
研究分野 (2件): 免疫学 ,  医化学
研究キーワード (18件): HIV/AIDS ,  HLA ,  自己免疫疾患 ,  動脈硬化 ,  心筋梗塞 ,  ゲノム多様性 ,  遺伝子診断 ,  人類遺伝学 ,  ゲノム医学 ,  不整脈 ,  心筋症 ,  進化医学 ,  疾患感受性 ,  ヒトゲノム多様性 ,  難治疾患 ,  human genome diversity ,  disease ,  human genetics
競争的資金等の研究課題 (23件):
  • 2017 - 2019 心筋症の遺伝的病因に基づく新規予防、治療法の開発
  • 2016 - 2018 心不全および不整脈病態形成に関わる遺伝子異常と発現異常の解明と治療戦略の開発
  • 2015 - 2017 NKレセプターリガンド群の機能多様性による免疫制御機構の解明
  • 2013 - 2016 T細胞誘導を主とする予防エイズワクチン開発に関する研究
  • 2015 - 2016 IkBL分子機能に着目した新たな免疫・感染制御機序の解明とその応用
全件表示
論文 (173件):
  • Enomoto H, Mittal N, Inomata T, Arimura T, Izumi T, Kimura A, Fukuda K, Makino S. Dilated Cardiomyopathy (DCM)-linked Heat shock protein Family D Member 1 (HSPD1) mutations cause upregulation of ROS and autophagy through mitochondrial dysfunction. Cardiovascular research. 2020
  • Koizumi Shinya, Naruse Taeko K, Kimura Akinori. A haplotype of Toll-like receptor 1 is associated with resistance to Buerger disease in Japanese(和訳中). MHC: Major Histocompatibility Complex. 2019. 26. 3. 189-194
  • Eri Kikkawa, Masafumi Tanaka, Tomi T. Tsuda, Koichi Murata, Taeko K. Naruse, Akinori Kimura. Genome structure of MHC Class II β gene from Humboldt penguin (Spheniscus humboldti). Major Histocompatibility Complex. 2019. 26. 3. 1-9
  • Higashikuse Yuta, Mittal Nishant, Arimura Takuro, Yoon Sung Han, Oda Mayumi, Enomoto Hirokazu, Kaneda Ruri, Hattori Fumiyuki, Suzuki Takeshi, Kawakami Atsushi, et al. Perturbation of the titin/MURF1 signaling complex is associated with hypertrophic cardiomyopathy in a fish model and in human patients. DISEASE MODELS & MECHANISMS. 2019. 12. 11
  • Ishii H, Matsuoka S, Ikeda N, Kurihara K, Ueno T, Takiguchi M, Naruse TK, Kimura A, Yokoyama M, Sato H, et al. Determination of a T cell receptor of potent CD8+ T cells against simian immunodeficiency virus infection in Burmese rhesus macaques. Biochemical and biophysical research communications. 2019
もっと見る
MISC (392件):
  • 木村 彰方. HLAの基礎知識-認定試験問題から-. MHC: Major Histocompatibility Complex. 2019. 26. 2. 84-94
  • 谷本 幸介, 成瀬 妙子, 木村 彰方. ヒト以外の動物種を対象としたNGSによるMHCタイピング法. MHC. 2019. 26. 2. 115-123
  • 寺尾 知可史, 吉藤 元, 松村 貴由, 成瀬 妙子, 石井 智徳, 小室 一成, 木村 彰方, 磯部 光章, 三森 経世, 松田 文彦. 高安動脈炎の新規関連領域及びHLAとLILRA3領域の相互作用の同定. 日本内科学会雑誌. 2018. 107. Suppl. 267-267
  • 志田壽利, 加藤誠一, 加藤誠一, 保富康宏, 松尾和浩, 三浦智行, 五十嵐樹彦, 張険峰, 井上誠, 成瀬妙子, et al. HIV-1ワクチン開発とその課題. MHC (Web). 2016. 23. 2 Suppl. 58
  • 吉川枝里, 津田とみ, 細道一善, 津田道雄, 猪子英俊, 木村彰方, 成瀬妙子, 村田浩一. MHCクラスI遺伝子におけるペンギン科7種の分子進化学的解析. 日本組織適合性学会誌. 2015. 22. 3. 156-163
もっと見る
書籍 (2件):
  • Mutations in seven different genes cause hypertrophic cardiomyopathy in Japanese patients (共著)
    An approach to Diseases, Kyushu University Press 1996
  • Genetic analysis of hypertrophic cardiomyopathy in Japan. Developmental Mechanisms of Heart Disease(共著)
    Futura Press 1995
講演・口頭発表等 (40件):
  • OAS1はHIV-1疾患感受性を制御する
    (日本人類遺伝学会 第63回大会 2018)
  • 教育講演:HLAの基礎知識(認定制度試験問題の解説を中心に)
    (第27回 日本組織適合性学会大会 2018)
  • 抑制型NKレセプター(CD94/NKG2A)リガンドHLA-Eの疾患感受性解析
    (第27回 日本組織適合性学会大会 2018)
  • 次世代シーケンサー(NGS)によるアカゲザルMHCクラスI遺伝子群新規アレル藍ピングの試み
    (第27回 日本組織適合性学会大会 2018)
  • 学会賞受賞講演:私とHLA
    (第27回 日本組織適合性学会大会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1979 - 1983 九州大学 内科系
  • 1972 - 1978 九州大学 医学科
学位 (2件):
  • 医学博士 (九州大学)
  • Doctor of Medical Science (Kyushu University)
経歴 (15件):
  • 2020/04 - 現在 東京医科歯科大学 理事・副学長
  • 2019/04 - 現在 東京医科歯科大学 統合研究機構 特任教授
  • 1995/03 - 現在 東京医科歯科大学
  • 2019/04 - 2020/03 東京医科歯科大学 特命副学長
  • 2000/04/01 - 2019/03/31 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 先端医療開発学講座 遺伝制御学 教授
全件表示
委員歴 (17件):
  • 2015/06 - 現在 (財)大学基準協会 基準委員会 委員
  • 2009/04 - 現在 (財)大学基準協会 大学評価委員会 委員
  • 2000/01 - 現在 (社)日本臓器移植ネットワーク・移植検査委員会(委員)、(財)骨髄移植推進財団・倫理委員会(委員長)、(財)骨髄移植推進財団・HLA委員会(委員)、(財)骨髄移植推進財団・データ試料等検討委員会(副委員長) 委員
  • 2015/04 - 2019/05 (財)大学基準協会 大学評価企画立案委員会 委員
  • 1992/09 - 2019/05 International Histocompatibility Workshop and Conference International Councilor
全件表示
受賞 (2件):
  • 2018/09 - 日本組織適合性学会 日本組織適合性学会賞 私とHLA
  • 2005/09 - 日本人類遺伝学会 日本人類遺伝学会賞 特発性心筋症の原因遺伝子群の同定と病態形成機構の解明
所属学会 (7件):
日本内科学会 ,  日本組織適合性学会 ,  日本生化学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本免疫学会 ,  日本循環器学会 ,  日本人類遺伝学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る