研究者
J-GLOBAL ID:200901036753751710   更新日: 2022年08月23日

鈴木 亨

スズキ トウル | TORU SUZUKI
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 発生生物学 ,  分子生物学
研究キーワード (4件): 肝臓、脂肪、膵臓の恒常性 ,  CCR4-NOT ,  転写後制御 ,  分子生物学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2018 - 2021 細胞間相互作用を介した肝再生機構の解明と再生肝細胞の起源の同定
  • 2009 - 2010 モデル動物を用いた発癌における細胞増殖、細胞死制御の影響の分子生物学的解析
  • 2007 - 2007 糖転移酵素遺伝子アレイの確立と応用
  • 2004 - 2005 細胞増殖抑制因子Tobの増殖・分化における役割とその発現制御機構の解析
  • 2003 - 2004 癌抑制遺伝子産物Tobによる細胞増殖制御機構と細胞の癌化・老化機構の解析
全件表示
論文 (42件):
  • Toru Suzuki, Miyuki Hoshina, Saori Nishijima, Naosuke Hoshina, Chisato Kikuguchi, Takumi Tomohiro, Akira Fukao, Toshinobu Fujiwara, Tadashi Yamamoto. Regulation of CCR4-NOT complex deadenylase activity and cellular responses by MK2-dependent phosphorylation of CNOT2. RNA biology. 2022. 19. 1. 234-246
  • Taishin Akiyama, Toru Suzuki, Tadashi Yamamoto. RNA decay machinery safeguards immune cell development and immunological responses. Trends in immunology. 2021. 42. 5. 447-460
  • Toru Suzuki, Shungo Adachi, Chisato Kikuguchi, Shinsuke Shibata, Saori Nishijima, Yurie Kawamoto, Yusuke Iizuka, Haruhiko Koseki, Hideyuki Okano, Tohru Natsume, et al. Regulation of Fetal Genes by Transitions among RNA-Binding Proteins during Liver Development. International journal of molecular sciences. 2020. 21. 23
  • Taku Ito-Kureha, Takahisa Miyao, Saori Nishijima, Toru Suzuki, Shin-Ichi Koizumi, Alejandro Villar-Briones, Akinori Takahashi, Nobuko Akiyama, Masahiro Morita, Isao Naguro, et al. The CCR4-NOT deadenylase complex safeguards thymic positive selection by down-regulating aberrant pro-apoptotic gene expression. Nature communications. 2020. 11. 1. 6169-6169
  • Dina Mostafa, Akiko Yanagiya, Eleni Georgiadou, Yibo Wu, Theodoros Stylianides, Guy A Rutter, Toru Suzuki, Tadashi Yamamoto. Loss of β-cell identity and diabetic phenotype in mice caused by disruption of CNOT3-dependent mRNA deadenylation. Communications biology. 2020. 3. 1. 476-476
もっと見る
MISC (6件):
もっと見る
書籍 (4件):
  • 図説分子病態学 = Molecular patho-biochemistry and patho-biology
    中外医学社 2014 ISBN:9784498008489
  • シグナル伝達研究最前線2012 : 翻訳後修飾, 解析技術, 疾患との連関から創薬応用まで
    羊土社 2012 ISBN:9784758103213
  • 図説分子病態学
    中外医学社 2003 ISBN:4498008421
  • 細胞周期研究の新局面 : 細胞周期制御、染色体分配、減数分裂、発癌研究の最新動向とさらなる研究への広がり
    羊土社 2003 ISBN:4897060966
学歴 (2件):
  • 1996 - 2001 東京大学大学院 生物化学専攻
  • - 1996 東京大学 生物化学科
学位 (1件):
  • 理学博士 (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2021/06 - 現在 東京大学・医科学研究所 RNA制御学分野 助教
  • 2016/11 - 2022/03 理化学研究所 生命医科学研究センター・疾患遺伝研究チーム
  • 2012/04 - 2016/10 沖縄科学技術大学院大学 細胞シグナルユニット グループリーダー
  • 2001/04 - 2012/03 東京大学 医科学研究所 癌細胞シグナル分野 助教
所属学会 (2件):
日本RNA学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る