研究者
J-GLOBAL ID:200901036979394872   更新日: 2020年06月02日

幡野 博之

ハタノ ヒロユキ | Hatano Hiroyuki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.env-energy-lab.human.chuo-u.ac.jp/http://www.env-energy-lab.human.chuo-u.ac.jp/
研究分野 (1件): 反応工学、プロセスシステム工学
研究キーワード (3件): 空調 ,  流動層工学 ,  流動層、デシカント空調、低露点空気製造
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2015 - 2018 CO2分離型化学燃焼石炭利用技術に関する検討
  • 2014 - 2017 粉粒体を用いた加熱・冷却型身体刺激装置開発と健康維持効果の定量的評価
  • 2014 - 2015 CO2分離型化学燃焼石炭利用技術に関する検討
論文 (80件):
  • 小山敬司, 藤野和也, 幡野博之. 気泡推算式に基づいた流動層の総時速. 第24回流動化粒子プロセッシングシンポジウム講演論文集. 2018. 43-45
  • Y. Saito, F. Kosaka, N. Kikuchi, H. Hatano, J. Otomo. 画像解析による化学ループシステムの酸化還元サイクルにおける鉄系酸素キャリアの劣化効率と微細構造変化の評価. I&EC research. 2018. 57. 16. 5529-5538
  • 藤野和也, 幡野博之. 流動層中のマグネタイト精鉱の還元. 第23回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム講演論文集. 2017. 16-19
  • 深谷峻之介, 藤野和也, 幡野博之. 最小流動化速度付近における粗大粒子の混合と分級. 第23回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム講演論文集. 2017. 52-54
  • 藤野和也, 間仲貴大, 幡野博之. 化学ループ燃焼システムにおける格子酸素キャリアの反応速度. 第23回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム講演論文集. 2017. 92-95
もっと見る
MISC (25件):
  • 幡野博之. 熱・化学ループエネルギーシステムの流動層と粒子循環現象. 粉体工学会誌. 2009. 46. 72-79
  • 幡野博之. CO2回収型水素製造技術(HyPr-RING)の動向. 電気評論. 2005. 90. 30-34
  • 幡野博之. エネルギーと環境のための多相系技術. JITA News. 2003. 6. 18-21
  • 幡野博之. 石炭利用CO2回収型水素製造技術(HyPr-RING). CCT Jounrnal. 2003. 8. 11-14
  • 幡野博之. HyPr-RING法による混合廃棄物からの水素製造. ケミカルエンジニヤリング. 2003. 48. 12. 930-934
もっと見る
特許 (1件):
  • ケミカルルーピング燃焼システム
書籍 (5件):
  • 究極のエネルギーと環境調和
    日刊工業新聞社 2010
  • 泡のエンジニアリング
    テクノシステム 2005
  • 化学工学辞典
    化学工学会 2005
  • 流動層ハンドブック
    培風館 1999
  • 流動層概論
    asakurashotenn 1996
講演・口頭発表等 (237件):
  • Techno-Economic Evaluation of BECCS via Chemical Looping Combustion of Woody Biomass in Japan - Costs, Challenges and Opportunities
    (ネガティブCO2放出に関する国際会議 2018)
  • 流動層中のマグネタイト精鉱の還元
    (第23回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム 2017)
  • 最小流動化速度付近における粗大粒子の混合と分級
    (第23回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム 2017)
  • 化学ループ燃焼システムにおける格子酸素キャリアの反応速度
    (第23回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム 2017)
  • ジェット砂風呂の開発
    (第23回流動化・粒子プロセッシングシンポジウム 2017)
もっと見る
Works (23件):
  • ケミカルループ法における高活性酸素キャリア材料 特願2012-170908
    2012 - 2012
  • 窒素製造に適したケミカルループ式燃焼装置とそれを用いた窒素および水素の製造方法 特5757630
    2012 - 2012
  • 小型デシカント空調装置 特4753102
    2011 - 2011
  • 流動層型デシカント空調システム 特 4565111
    2010 - 2010
  • デシカントネットワクシステム 特4461239
    2010 - 2010
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1980 - 1983 東京工業大学 総合理工学研究科 化学環境工学専攻
  • 1978 - 1980 東京工業大学 総合理工学研究科 化学環境工学専攻
  • 1975 - 1978 徳島大学 工学部 化学工学科
  • 1969 - 1974 沼津工業高等専門学校 工業化学科
学位 (2件):
  • 工学修士 (東京工業大学)
  • 工学博士 (東京工業大学)
経歴 (14件):
  • 2013/04 - 中央大学理工学部 教授
  • 2013/03 - 2013/03 独立行政法人産業技術総合研究所エネルギー技術研究部門 上級主任研究員
  • 2005/10 - 2013/03 独立行政法人産業技術総合研究所エネルギー技術研究部門 主任研究員
  • 2004/04 - 2013/03 神奈川工科大学大学院応用化学専攻連携大学院 教授
  • 2004/04 - 2013/03 東京理科大学理工学研究科機械工学専攻連携大学院 教授
全件表示
受賞 (2件):
  • 2010/10 - 化学工学会粒子流体プロセス部会 流動化・粒子プロセシングシンポジウム賞 研究賞 Flow behaviors in a high solid flux circulating fluidized bed composed of a riser, a downer and a|rn|bubbling fluidized bed
  • 1986/03 - 化学工学会(当時化学工学協会) 化学工学協会論文賞 気固系流動層におけるクラウド径と相間物質移動係数の検討
所属学会 (6件):
化学工学会 ,  化学工学会 ,  化学工学会 ,  化学工学会 ,  日本粉体工業技術協会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る