研究者
J-GLOBAL ID:200901037096187792   更新日: 2020年06月08日

深町 康

フカマチ ヤスシ | Fukamachi Yasushi
所属機関・部署:
職名: 教授・センター長
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (2件): http://wwwoa.ees.hokudai.ac.jp/people/yasuf/http://wwwoa.ees.hokudai.ac.jp/people/yasuf/
研究分野 (1件): 大気水圏科学
研究キーワード (6件): ポリニヤ ,  海洋大循環 ,  南極底層水 ,  海氷 ,  オホーツク海 ,  南大洋
競争的資金等の研究課題 (24件):
  • 2019 - 2022 冬季の海氷厚変動から見た北極海太平洋側海域における夏季の海氷量減少
  • 2017 - 2019 ポリニヤを起点とする熱塩/物質循環 研究課題
  • 2015 - 2018 北極海の海氷変動の鍵を握るアラスカ北部沿岸域での海氷・海洋変動の実態解明
  • 2013 - 2016 南極海オーバーターニングにおける淡水量変化の量的把握と原因究明
  • 2013 - 2016 海氷生成とリンクする南極底層水・深層循環の再描像
全件表示
論文 (19件):
  • Zhang, W, N. Ebuchi, Y. Fukamachi, F. Cheng, K. I. Ohshima, B. Emery, T. Toyota, H. Abe, K. Shirasawa. Sea Ice Observation With Oceanographic HF Radar. IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing. 2019. 1-13
  • Kashiwase, H, K. I. Ohshima, Y. Fukamachi, S. Nihashi, T. Tamur. Evaluation of AMSR-E Thin Ice Thickness Algorithm from a Mooring-Based Observation: How Can the Satellite Observe a Sea Ice Field with Nonuniform Thickness Distribution?. Journal of Atmospheric and Oceanic Technology. 2019. 36. 1623-1641
  • Dyre Oliver Dammann, Leif E. B. Eriksson, Joshua M. Jones, Andrew R. Mahoney, Roland Romeiser, Franz J. Meyer, Hajo Eicken, Yasushi Fukamachi. Instantaneous sea ice drift speed from TanDEM-X interferometry. The Cryosphere. 2019. 13. 1395-1408
  • Tanaka, M, Y. Fukamachi, S. Tanaka, S. Saitoh. Activities to promote industry-government-academia collaborative research on the Arctic Region supported by Japan Arctic Research Network Center (J-ARC Net). Proceedings of the 34th International Symposium on the Okhotsk Sea & Polar Oceans 2019. 2019. 167-170
  • Nakazawa, N, H. Yamaguchi, A. Kurokawa, J. Ono, T. Terashima, G. Sagawa, S. Yano, Y. Fukamachi, K. I. Ohshima. Study on Oil Spill Response Technology in Cold Water Condition - Lessons learned from Exxon Valdes and Deepwater Horizon -. Proceedings of the 34th International Symposium on the Okhotsk Sea & Polar Oceans 2019. 2019. 190-192
もっと見る
特許 (1件):
  • Methods of observing sea ice
講演・口頭発表等 (160件):
  • サハリン沖係留観測に基づく高精度なAMSR-E薄氷厚アルゴリズムの開発
    (海洋学会秋季大会 富山 2019)
  • カービング氷河の融解に伴う海洋への鉄供給過程
    (海洋学会秋季大会 富山 2019)
  • グリーンランド北西部ボードインフィヨルドにおける氷河近傍での係留観測
    (海洋学会秋季大会 富山 2019)
  • グリーンランド北西部ボードイン氷河近傍の海洋における水温,塩分,流速の長期観測
    (雪氷学会北海道支部研究発表会 2019)
  • Interactions between sea-ice drift and near-inertial internal waves in the Northwind Abyssal Plain, Arctic Ocean: year-round mooring observations
    (EGU General Assembly 2019 2019)
もっと見る
Works (3件):
  • 海洋研究開発機構学術研究船「白鳳丸」KH-07-4次航海
    2008 -
  • 江淵 直人・深町 康・大島 慶一郎・白澤 邦男・石川 正雄・高塚 徹・若土正曉:短波海洋レーダ・沿岸潮位記録・衛星高度計などを用いた宗谷暖流のモニタリング
    2006 -
  • Fukamachi, Y. on behalf of Southern Ocean panel: Southern Ocean CLIVAR/CliC/SCAR panel, The 11th Session of Ocean Observations Panel for Climate (OOPC-11), Tokyo, Japan
    2006 -
学歴 (2件):
  • 1986 - 1992 ノバ大学 海洋研究所
  • - 1986 北海道大学 理学部 地球物理学科
経歴 (6件):
  • 2018/10 - 現在 北海道大学北極域研究センター 教授
  • 2011/02 - 2018/09 北海道大学 低温科学研究所 水・物質循環部門 准教授
  • 2008/10 - 2011/01 北海道大学 低温科学研究所 水・物質循環部門 助教
  • 2007/04 - 2008/09 北海道大学 低温科学研究所 寒冷海洋圏科学部門 助教
  • 1995/04 - 2007/03 北海道大学 低温科学研究所 寒冷海洋圏科学部門 助手
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2007 - 現在 Polar Science (Elsevier) Associate Editor
  • 2006 - 現在 CLIVAR/CliC/SCAR Southern Ocean Region Implementation Panel Panel Member
所属学会 (3件):
日本海洋学会 ,  The Oceanography Society ,  American Geophysical Union
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る