研究者
J-GLOBAL ID:200901037182720983   更新日: 2020年10月19日

森永 実

モリナガ マコト | Makoto Morinaga
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www.ils.uec.ac.jp/~morinagahttp://www.ils.uec.ac.jp/~morinaga
研究分野 (1件): 半導体、光物性、原子物理
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2015 - 2018 ピンホールを並べた導波路の開発
論文 (34件):
  • Jameesh Keloth, Kali P Nayak, Jie Wang, Makoto Morinaga, Kohzo Hakuta. Coherent interaction of orthogonal polarization modes in a photonic crystal nanofiber cavity. Optics express. 2019. 27. 1453-1466
  • 森永実. 3Dプリンタで作る2次元電動ステージ. 分光研究. 2018. 67. 200-201
  • Makoto Morinaga, Ramachandrarao Yalla, Kohzo Hakuta. Photon field in the presence of a nanofiber. Japanese Journal of Applied Physics. 2015. 54. 7. 072001-1-072001-6
  • Makoto Morinaga. Wave propagation through a set of slits. OPTICAL REVIEW. 2015. 22. 1. 33-38
  • Makoto Morinaga. Guiding of light with pinholes. Int. J. Phys. Sci. 2014. 9. 20. 444-453
もっと見る
MISC (2件):
  • 森永 実. 冷却原子と相関計測. 素粒子論研究. 2011. 118. D187-196
  • 森永実. 原子波光源としてのレーザ冷却技術. 光技術動向調査報告書. 2006. 389-392
書籍 (2件):
  • レーザー冷却がひらく原子波の世界
    パリティブックス、丸善 2003
  • レーザーの科学
    丸善 1997
講演・口頭発表等 (23件):
  • 単一発光体と結合したテーパー状光ファイバーの作製と評価
    (日本物理学会 2020)
  • CAVITY QUANTUM OPTICS BASED ON OPTICAL NANOFIBERS
    (THE 10th INTERNATIONAL CONFERENCE ON PHOTONICS & APPLICATIONS (ICPA-10) 2018)
  • Two-mode interference in a photonic crystal nanofiber cavity
    (European Optical Society Biennial Meeting (EOSAM) 2018 2018)
  • Guiding of Wave with Opaque Masks
    (3rd International Conference on Microwave and Photonics (ICMAP 2018) IEEE Xplore DOI: 10.1109/ICMAP.2018.8354631 2018)
  • Single Quantum Dots on an Optical Nanofiber at Cryogenic Temperature
    (The Irago Conference 2017 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1990 東京大学 物理学専攻
  • - 1988 東京大学 物理学科
  • 1981 - 1984 武蔵高等学校
学位 (2件):
  • 理学修士 (東京大学)
  • 博士(工学) (東京大学)
委員歴 (1件):
  • 2016/09 - 2016/09 日本物理学会(2016年秋)第5回学生プレゼンテーション賞 審査員
所属学会 (1件):
日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る