研究者
J-GLOBAL ID:200901039159109072   更新日: 2022年08月10日

常定 芳基

ツネサダ ヨシキ | Tsunesada Yoshiki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 素粒子、原子核、宇宙線、宇宙物理にする理論
研究キーワード (7件): 宇宙線 ,  重力波 ,  宇宙線物理学 ,  空気シャワー ,  Cosmic ray physics ,  重力波天文学 ,  Gravitational Wave Astronomy
競争的資金等の研究課題 (24件):
  • 2018 - 2023 テレスコープアレイによる超高エネルギー宇宙線のエネルギースペクトル異方性の研 究
  • 2019 - 2020 ボリビア・チャカルタヤ山宇宙線観測所における高エネルギーγ線・宇宙線観測のための空気シャワー実験
  • 2015 - 2020 拡張テレスコープアレイ実験 - 最高エネルギー宇宙線で解明する近傍極限宇宙
  • 2018 - 2019 ボリビア・チャカルタヤ山宇宙線観測所における高エネルギーγ線・宇宙線観測のための空気シャワー実験
  • 2017 - 2018 ボリビア・チャカルタヤ山宇宙線観測所における高エネルギーγ線・宇宙線観測のための空気シャワー実験
全件表示
論文 (184件):
  • S. Kato, C. A. H. Condori, E. de la Fuente, A. Gomi, K. Hibino, N. Hotta, I. Toledano-Juarez, Y. Katayose, C. Kato, K. Kawata, et al. Detectability of southern gamma-ray sources beyond 100 TeV with ALPAQUITA, the prototype experiment of ALPACA. Experimental Astronomy. 2021. 52. 1-2. 85-107
  • Abbasi R. U, Abe M, Abu-Zayyad T, Allen M, Arai Y, Barcikowski E, Belz J. W, Bergman D. R, Blake S. A, Cady R, et al. The Cosmic-Ray Composition between 2 PeV and 2 EeV Observed with the TALE Detector in Monocular Mode. ASTROPHYSICAL JOURNAL. 2021. 909. 2. 178-178
  • Adriani O, Akaike Y, Asano K, Asaoka Y, Bagliesi M. G, Berti E, Bigongiari G, Binns W. R, Bongi M, Brogi P, et al. Direct Measurement of the Cosmic-Ray Carbon and Oxygen Spectra from 10 GeV/n to 2.2 TeV/n with the Calorimetric Electron Telescope on the International Space Station. PHYSICAL REVIEW LETTERS. 2020. 125. 25
  • Belz J. W, Krehbiel P. R, Remington J, Stanley M. A, Abbasi R. U, LeVon R, Rison W, Rodeheffer D, Abu-Zayyad T, Allen M, et al. Observations of the Origin of Downward Terrestrial Gamma-Ray Flashes. JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-ATMOSPHERES. 2020. 125. 23
  • D. Ivanov, O.E. Kalashev, M. Yu Kuznetsov, G.I. Rubtsov, T. Sako, Y. Tsunesada, Y.V. Xhexher. Using Deep Learning to Enhance Event Geometry Reconstruction for the Telescope Array Surface Detector. Machine Learning: Science and Technology. 2020. 2. 1. 015006-1-015006-11
もっと見る
MISC (93件):
もっと見る
書籍 (3件):
  • 宇宙の観測III 第2版 (シリーズ現代の天文学)
    日本評論社 2019 ISBN:4535607672
  • 基礎物理学実験
    東京教学社 2013 ISBN:4808220679
  • International Symposium on the Recent Progress of Ultra-high Energy Cosmic Ray Observation : Aichi, Japan, 10-12 December 2010
    American Institute of Physics 2011 ISBN:9780735409279
講演・口頭発表等 (15件):
  • Latest Results From The Telescope Array
    (QCD at Cosmic Energies VII (Riga, Latvia) 2018)
  • Latest Results From The Telescope Array
    (AMS Days at La Palma (La Palma, Spain) 2018)
  • Cosmic Rays From The Ground
    (TAUP2015 2015)
  • Cosmic Rays From The Ground
    (TAUP2015 2015)
  • High-Energy Cosmic Rays
    (第33回宇宙線国際会議 2013)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2002 東京工業大学 基礎物理学専攻
  • - 1999 東京工業大学 物理学専攻
  • - 1997 東京工業大学 物理学科
学位 (2件):
  • 博士(理学) (東京工業大学)
  • 修士(理学) (東京工業大学)
経歴 (6件):
  • 2022/04 - 現在 大阪公立大学 大学院理学研究科 教授
  • 2015/10 - 2022/03 大阪市立大学 大学院理学研究科 准教授
  • 2007/04 - 2015/09 東京工業大学 大学院理工学研究科 助教
  • 2005/06 - 2007/03 東京工業大学 大学院理工学研究科 助手
  • 2004/04 - 2005/05 国立天文台 重力波プロジェクト推進室 研究員
全件表示
委員歴 (12件):
  • 2021/04 - 現在 宇宙線研究者会議 実行委員会委員
  • 2020/04 - 現在 東京大学宇宙線研究所 共同利用研究運営委員会委員
  • 2018/04 - 現在 宇宙線研究者会議 将来計画検討小委員会 副委員長
  • 2018/04/01 - 現在 宇宙線研究者会議 将来計画検討小委員会委員
  • 2018/04 - 2020/03 日本物理学会 大阪支部委員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2021/06 - 大阪市立大学 教員活動表彰
  • 2013/11 - 東京工業大学 理学系若手研究奨励賞
所属学会 (1件):
日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る