研究者
J-GLOBAL ID:200901040281168550   更新日: 2020年06月07日

小泉 義彦

コイズミ ヨシヒコ | Koizumi Yoshihiko
所属機関・部署:
職名: 主任研究員
研究分野 (1件): その他
研究キーワード (8件): 水道水質 ,  外部精度管理 ,  Dioxins ,  揮発性有機化合物 ,  消毒副生成物質 ,  Nonionic surfactants ,  Volatile Organic Compounds ,  Disinfectant By-products
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • Study on trace organochemicals in water environment
論文 (12件):
  • 安達史恵, 吉田仁, 高木総吉, 小泉義彦, 中島孝江, 北村雅世, 鳥居将士, 吉田直志, 土屋誠, 山口進康. 大阪府内浄水場における農薬代謝物の存在実態および浄水処理による除去効果. 水道協会雑誌. 2019. 88. 12. 10-16
  • 吉田仁, 高木総吉, 小泉義彦, 安達史恵, 中島孝江, 松田大輔, 上田航太郎, 古林祐正, 井上裕彦, 林信吾, et al. 高度浄水処理による浄水処理対応困難物質の処理特性. 水環境学会誌. 2019. 42. 3. 91-103
  • 中島孝江, 安達史恵, 吉田仁, 高木総吉, 小泉義彦, 田中榮二, 足立伸一. 誘導体化-高速液体クロマトグラフ-蛍光検出法による水中グルホシネート,グリホサート,アミノメチルホスホン酸の同時分析. 水道協会雑誌. 2016. 85. 8. 1-6
  • 高木総吉, 吉田仁, 小泉義彦, 安達史恵, 中島孝江, 田中栄次, 足立伸一. 誘導体化-ガスクロマトグラフ-質量分析法を用いた水道原水および水道水中ジチオカルバメート系農薬の定量. 環境化学. 2016. 26. 3. 141-147
  • 安達史恵, 吉田仁, 高木総吉, 小泉義彦, 中島孝江, 田中榮次, 山本友梨子, 廣瀬正晃, 島野元伸, 土屋誠, et al. 大阪府における精度管理基礎研修の実施. 水道協会雑誌. 2016. 85. 11. 1-10
もっと見る
MISC (18件):
  • 味村真弓, 小泉義彦, 大山正幸, 吉田俊明. アゾ染料に由来する2 種の特定芳香族アミンの分析における回収率の検討. 大阪健康安全基盤研究所研究年報. 2017. 1. 84-91
  • 吉田仁, 高木総吉, 安達史恵, 小泉義彦, 中島孝江, 木村明生. 大阪府内30 浄水場における浄水処理対応困難物質の存在実態. 大阪健康安全基盤研究所研究年報. 2017. 1. 79-83
  • 吉田仁, 高木総吉, 安達史恵, 小泉義彦, 中島孝江, 田中榮次, 足立伸一. 大阪府内22浄水場におけるカルタップ,グルホシネート,ジチオカルバメート系農薬,パラコート,ピラクロニルおよびフェリムゾンの存在実態. 大阪府立公衛研所報. 2016. 54. 39-43
  • 味村真弓, 小泉義彦, 吉田 仁, 中島晴信. クレオソート油を使用した市販中古枕木の違反事例-法規制されている3種の多環香族炭化水素の検出. 大阪府立公衆衛生研究所研究報告. 2016. 54. 77-82
  • 小泉義彦, 足立伸一. 大阪府水道水質検査外部精度管理結果と分析の留意点-ハロ酢酸(平成26年度)-. 大阪府立公衆衛生研究所研究報告. 2016. 54. 50-58
もっと見る
講演・口頭発表等 (43件):
  • PT-GC/MSを用いた水中のETBE分析法の検討
    (第53回日本水環境学会年会 2019)
  • 水道水中の芳香族アミン分析法に関する研究
    (第2回大安研セミナー 2018)
  • GC-MSを用いた水道水中芳香族アミンの一斉分析法の検討
    (第55 回全国衛生化学技術協議会年会講演集 2018)
  • 大阪府の水質検査における外部精度管理-ベンゼン-
    (第55 回全国衛生化学技術協議会年会講演集 2018)
  • 大阪府の水質検査における外部精度管理 (その1)-フェノール類-
    (第54 回全国衛生化学技術協議会年会 2017)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 大阪大学 薬学科
  • 大阪大学 薬学研究科応用薬学専攻
  • Osaka University Faculty of Pharmaceutical Science Department of Pharmacy
  • Osaka University The Graduate School of Pharmaceutical Science Course of Applied Pharmacy
学位 (1件):
  • 薬学修士 (大阪大学)
所属学会 (3件):
日本水環境学会 ,  Japan Society on Water Environment ,  Japan Society for Environmental Chemistry
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る