研究者
J-GLOBAL ID:200901040575999816   更新日: 2021年10月26日

田中 敬二

タナカ ケイジ | Tanaka Keiji
所属機関・部署:
職名: 主幹教授
ホームページURL (2件): http://www.cstf.kyushu-u.ac.jp/~tanaka-lab/http://crea.kyushu-u.ac.jp/
研究分野 (1件): 高分子化学
研究キーワード (3件): 機能材料 ,  界面 ,  高分子
競争的資金等の研究課題 (54件):
  • 2020 - 2023 良溶媒界面における高分子科学~ハイドロゲル最外領域における凝集状態とダイナミクス
  • 2018 - 2021 熱伝導率測定法の開発と機能材料科学による高機能タンパク質素材開発の展開
  • 2015 - 2018 水界面における高分子のダイナミクスと機能発現
  • 2015 - 2018 水で伸縮特性を制御するDNAシートの作製とその機能化
  • 2017 - 2018 LC-MS対応質量分析イメージング前処理装置の開発
全件表示
論文 (332件):
  • Yoko Tomo, Hibiki Koga, Takanobu Fukunaga, Kosaku Kurata, Hisao Matsuno, Keiji Tanaka, Hiroshi Takamatsu. Thermal conductivity measurement of solid materials using an “ITX” method-A pilot study using DNA solid films. International Journal of Heat and Mass Transfer. 2021. 176
  • Zhiwei Hao, Asieh Ghanekarade, Ningtao Zhu, Katelyn Randazzo, Daisuke Kawaguchi, Keiji Tanaka, Xinping Wang, David S. Simmons, Rodney D. Priestley, Biao Zuo. Mobility gradients yield rubbery surfaces on top of polymer glasses. Nature. 2021. 596. 7872. 372-376
  • Atsuomi Shundo, Mika Aoki, Satoru Yamamoto, Keiji Tanaka. Cross-Linking Effect on Segmental Dynamics of Well-Defined Epoxy Resins. Macromolecules. 2021. 54. 13. 5950-5956
  • Tatsuki Abe, Daisuke Kawaguchi, Motonori Watanabe, Taiki Hoshino, Tatsumi Ishihara, Keiji Tanaka. An effect of crystallographic distortion on carrier mobility in poly(3-hexylthiophene) thin films. Applied Physics Letters. 2021. 118. 18. 181601-181601
  • Jin-Hyeok Hong, Masayasu Totani, Daisuke Kawaguchi, Norifumi L. Yamada, Hisao Matsuno, Keiji Tanaka. Poly[oligo(2-ethyl-2-oxazoline) methacrylate] as a surface modifier for bioinertness. Polymer Journal. 2021. 53. 5. 643-653
もっと見る
MISC (160件):
  • Keiji Tanaka. PJ ZEON Award for outstanding papers in Polymer Journal 2020. Polymer Journal. 2021. 53. 6. 677-678
  • 松野寿生, 松野寿生, HONG Jinhyeok, HONG Jinhyeok, 戸谷匡康, 戸谷匡康, 川口大輔, 川口大輔, 山田悟史, 田中敬二, et al. 水界面におけるポリオキサゾリン薄膜の分子鎖凝集状態と生体不活性. 繊維学会予稿集(CD-ROM). 2020. 75. 2
  • 松野寿生, 松野寿生, 松本諒, 戸谷匡康, 田中敬二, 田中敬二. 電界紡糸ポリメタクリル酸メチルナノファイバーマットにおける分子鎖熱運動性. 繊維学会予稿集. 2020. 75. 1 (CD-ROM)
  • 戸谷匡康, 片山淳子, 小澤雅昭, 水流添暢智, 松野寿生, 松野寿生, 松野寿生, 田中敬二, 田中敬二, 田中敬二. 光架橋性官能基を導入した生体適合性接着剤の分子設計と機能. 日本接着学会年次大会講演要旨集(CD-ROM). 2020. 58th
  • 松野 寿生, 田中 敬二. 水界面におけるバイオイナート高分子の凝集状態と熱運動特性. 2019
もっと見る
特許 (16件):
書籍 (33件):
  • 基礎高分子科学 第2版
    東京化学同人 2020 ISBN:9784807909629
  • 構造制御による革新的ソフトマテリアル創成(11章 薄膜の表面・界面解析手法)
    化学同人 2018
  • 構造制御による革新的ソフトマテリアル創成 : ブロック共重合体の精密階層制御・解析・機能化
    化学同人 2018 ISBN:9784759813890
  • 高分子ナノ物性
    共立出版 2017 ISBN:9784320044449
  • 高分子の物性
    丸善 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (203件):
  • ポリマーブレンド系の界面と接着現象
    (令和2年度 KISTEC教育講座 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 2021)
  • 表面・界面・薄膜
    (第29回ポリマー材料フォーラム 2020)
  • 高分子界面の理解と次世代接着技術
    (次世代接着材料研究会PartVII 第8回例会 2020)
  • Mobility Gradient of Polymer Chains near a Solid Interface
    (APS March Meeting 2020 2020)
  • Effect of Molecular Architecture on the Conformational Relaxation for Interfacial Polymer Chains
    (APS March Meeting 2020 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1997 九州大学
  • - 1993 九州大学 応用化学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (九州大学)
  • 修士(工学) (九州大学)
経歴 (10件):
  • 2021 - 現在 九州大学 大学院工学研究院 主幹教授
  • 2019 - 現在 九州大学 次世代接着技術研究センター センター長
  • 2018 - 現在 科学技術振興機構 プログラムマネージャー
  • 2009 - 現在 九州大学 大学院工学研究院 教授
  • 2019 - 2020 九州大学 大学院統合新領域学府 副学府長
全件表示
受賞 (8件):
  • 2014/09 - 高分子学会Wiley賞
  • 2008/04 - 文部科学大臣表彰・若手科学者賞
  • 2003/10 - 日本学術振興会 第167委員会 ナノプローブテクノロジー奨励賞
  • 2003/06 - 花王芸術・科学財団研究奨励賞
  • 2003/05 - 日本レオロジー学会奨励賞
全件表示
所属学会 (13件):
有機デバイス研究会 ,  日本ゴム協会 ,  日本接着学会 ,  表面技術協会 ,  光化学協会 ,  応用物理学会 ,  繊維学会 ,  日本中性子科学会 ,  日本化学会 ,  アメリカ化学会 ,  アメリカ物理学会 ,  日本レオロジー学会 ,  高分子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る