研究者
J-GLOBAL ID:200901040575999816   更新日: 2020年07月20日

田中 敬二

タナカ ケイジ | Tanaka Keiji
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.cstf.kyushu-u.ac.jp/~tanaka-lab/http://crea.kyushu-u.ac.jp/
研究分野 (1件): 高分子化学
研究キーワード (3件): 高分子 ,  機能材料 ,  界面
競争的資金等の研究課題 (43件):
  • 2018 - 2021 熱伝導率測定法の開発と機能材料科学による高機能タンパク質素材開発の展開
  • 2015 - 2018 水界面における高分子のダイナミクスと機能発現
  • 2015 - 2018 水で伸縮特性を制御するDNAシートの作製とその機能化
  • 2017 - 2018 LC-MS対応質量分析イメージング前処理装置の開発
  • 2015 - 2018 無機固体界面における高分子の凝集状態と緩和挙動
全件表示
論文 (29件):
  • Ogata Y, Abe T, Yonemori S, Yamada NL, Kawaguchi D, Tanaka K. Impact of the Solid Interface on Proton Conductivity in Nafion Thin Films. Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids. 2018. 34. 50. 15483-15489
  • Yongming Hong, Yawei Li, Fengliang Wang, Biao Zuo, Xinping Wang, Li Zhang, Daisuke Kawaguchi, Keiji Tanaka. Enhanced Thermal Stability of Polystyrene by Interfacial Noncovalent Interactions. Macromolecules. 2018. 51. 5620-5627
  • Shinichiro Shimomura, Hisao Matsuno, Hisao Matsuno, Yohei Kinoshita, Satoshi Fujimura, Keiji Tanaka, Keiji Tanaka. Cellular behaviors on polymeric scaffolds with 2D-patterned mechanical properties. Polymer Journal. 2018. 50. 737-743
  • Yuji Matsumoto, Atsuomi Shundo, Atsuomi Shundo, Atsuomi Shundo, Masashi Ohno, Nobutomo Tsuruzoe, Masahiro Goto, Masahiro Goto, Keiji Tanaka, Keiji Tanaka, Keiji Tanaka, Keiji Tanaka. Mesoscopic Heterogeneity in Pore Size of Supramolecular Networks. Langmuir. 2018. 34. 25. 7503-7508
  • Biao Zuo, Manabu Inutsuka, Daisuke Kawaguchi, Xinping Wang, Keiji Tanaka, Keiji Tanaka. Conformational Relaxation of Poly(styrene- co -butadiene) Chains at Substrate Interface in Spin-Coated and Solvent-Cast Films. Macromolecules. 2018. 51. 2180-2186
もっと見る
MISC (92件):
  • Tomoyasu Hirai, Yukari Oda, David P. Penaloza, Daisuke Kawaguchi, Keiji Tanaka, Keiji Tanaka. Control of surface structure and dynamics of polymers based on precision synthesis. Anionic Polymerization: Principles, Practice, Strength, Consequences and Applications. 2015. 861-880
  • HIRAI Tomoyasu, OSUMI Shota, OGAWA Hiroki, HAYAKAWA Teruaki, TAKAHARA Atsushi, TANAKA Keiji. Precise Synthesis and Surface Wettability of a Polymer with Liquid Crystalline Side Chains. Macromolecules. 2014. 47. 15. 4901-4907
  • ATARASHI Hironori, HORI Ko-ichiro, KAI Naoki, HORINOUCHI Ayanobu, FUJII Yoshihisa, HINO Masahiro, TANAKA Keiji. States of Poly(methyl methacrylate) Monolayers Supported on Substrates in Non-solvents. 日本原子力研究開発機構JAEA-Review(Web). 2014. 2013-040. 1-5-9 (WEB ONLY)
  • Atsuomi Shundo, Atsuomi Shundo, Yuuki Hoshino, Takahiro Higuchi, Yuji Matsumoto, David P. Penaloza, David P. Penaloza, Keigo Matsumoto, Keigo Matsumoto, Masashi Ohno, Katsuaki Miyaji, Masahiro Goto, Masahiro Goto, Keiji Tanaka, Keiji Tanaka, Keiji Tanaka, Keiji Tanaka. Facile microcapsule fabrication by spray deposition of a supramolecular hydrogel. RSC Advances. 2014. 4. 36097-36100
  • 堀耕一郎, 春藤淳臣, 藤井義久, 山本拓矢, 手塚育志, 田中敬二. 環状ジスルフィドを用いた自己組織化単分子膜の作製とその表面摩擦特性. 繊維学会予稿集. 2013. 68. 1 (CD-ROM). ROMBUNNO.2C14
もっと見る
特許 (16件):
書籍 (31件):
  • 高分子ナノ物性
    共立出版 2017 ISBN:9784320044449
  • 高分子の物性
    丸善 2017
  • 物性II:高分子ナノ物性
    高分子学会 2017
  • 動的粘弾性チャートの解釈事例集 (第2章 第4節 光ピンセットに基づく局所領域の動的粘弾性測定)
    (株)技術情報教会 2016
  • 表面・界面技術ハンドブック(第2編 第2章 第4節 第7項 異種固体界面における分子鎖ダイナミクス)
    株式会社エヌ・ティー・エス 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (83件):
  • Swelling Kinetics and Proton Conductivity in Thin Nafion Films
    (Japan-Korea Joint Symposium on Polymer Science 2018 (JKJS 2018) 2018)
  • 高分子表面総論
    (第36回高分子表面研究会 基礎講座「表面をつくる・みる・つかう」 2018)
  • 表面のレオロジー
    (第 37 回レオロジー講座 2017)
  • 表面・界面
    (第2回ポリマーカレッジ 2017)
  • 超薄膜中における高分子鎖の凝集状態と熱運動特性
    (2017年第3回極限ナノ造形・構造物性研究会 公開講演会 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1997 九州大学 大学院工学研究科 博士後期課程 機能物質化学専攻 博士(工学)
  • - 1993 九州大学 工学部 応用化学科
学位 (2件):
  • 博士(工学) (九州大学)
  • 修士(工学) (九州大学)
経歴 (2件):
  • 2018 - 現在 科学技術振興機構 プログラムマネージャー
  • 2009 - 現在 九州大学 教授
受賞 (14件):
  • 2018/09 - APS(アメリカ物理学会) Fellow
  • 2018/06 - 日本接着学会 学会賞
  • 2015/01 - 日本学士院学術奨励賞
  • 2014/12 - 日本学術振興会賞
  • 2014/09 - 高分子学会Wiley賞
全件表示
所属学会 (13件):
有機デバイス研究会 ,  日本ゴム協会 ,  日本接着学会 ,  表面技術協会 ,  光化学協会 ,  応用物理学会 ,  繊維学会 ,  日本中性子科学会 ,  日本化学会 ,  アメリカ化学会 ,  アメリカ物理学会 ,  日本レオロジー学会 ,  高分子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る