研究者
J-GLOBAL ID:200901041452137565   更新日: 2020年07月12日

児玉 浩明

コダマ ヒロアキ | Kodama Hiroaki
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.h.chiba-u.jp/lab/seikalab/http://www.h.chiba-u.ac.jp/seikalab
研究分野 (1件): 植物分子、生理科学
研究キーワード (1件): 植物生理 Plant Physiology ジーンサイレンシング Gene Silencing 遺伝子発現 Gene Expression コンポスト compost
競争的資金等の研究課題 (28件):
  • 2019 - 2021 植物ウイルス由来RNAサイレンシング抑制因子群の作用機構の解析
  • 2018 - 2020 腸内環境改善による畜産物の高付加価値化事業
  • 2019 - 2019 導入遺伝子が存在しない宿主ゲノム遺伝子発現改変植物由来食品の安全性評価点の解明
  • 2015 - 2016 加齢に伴う生理機能の低下を改善する機能性プロバイオティクスの開発
  • 2013 - 2014 好熱菌発酵産物によるネコブセンチュウ被害軽減作用の研究
全件表示
論文 (80件):
  • Mayuko Shimokawa, Sayaka Hirai, Hiroaki Kodama. Protein 2b of Cucumber mosaic virus strains IA and SD preferentially suppresses RDR6-dependent silencing pathway. Plant Biotechnology Reports. 2019
  • Tatsuya Mikami, Yuta Saeki, Sayaka Hirai, Mayuko Shimokawa, Yukiko Umeyama, Yusaku Kuroda, Hiroaki Kodama. Transformation efficiency and transgene expression level in marker-free RDR6-knockdown transgenic tobacco plants. Plant Biotechnology Reports. 2018
  • 宮本浩邦, 児玉浩明, 大野博司. 家畜・家禽類の生産性を制御する環境微生物. 畜産技術. 2018. 18-22
  • Yoshikawa S, Araoka R, Kajihara Y, Ito T, Miyamoto H, Kodama H. Valerate production by Megasphaera elsdenii isolated from pig feces. Journal of bioscience and bioengineering. 2018. 125. 5. 519-524
  • Sayuri Ohta, Sakie Nakagawara, Sayaka Hirai, Kumi Miyagishima, Gorou Horiguchi, Hiroaki Kodama. The 5′ UTR intron-mediated enhancement of constitutive splicing of the tobacco microsome ω-3 fatty acid desaturase gene. Plant Biotechnology Reports. 2018. 12. 2. 105-114
もっと見る
MISC (21件):
  • 岩田菖子, 須田亙, 須田亙, 福田真嗣, 福田真嗣, 中西裕美子, 加藤完, 大野博司, 服部正平, 服部正平, 児玉浩明, 宮本浩邦, 宮本浩邦, 宮本浩邦, 宮本浩邦. 好熱性新菌種Bacillus hisashii N-11T株の経口給与がマウスの大腿直筋の代謝機能に及ぼす影響. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2017. 2017. ROMBUNNO.2A01p05 (WEB ONLY)
  • 岩田菖子, 須田亙, 須田亙, 福田真嗣, 大野博司, 服部正平, 服部正平, 児玉浩明, 宮本浩邦, 宮本浩邦, 宮本浩邦. 好熱性新菌種Bacillus hisashii N11T株の経口給与がマウスに及ぼす抗肥満効果. 日本生物工学会大会講演要旨集. 2016. 68th. 237
  • 渡邉凌, 西田彩夏, 宮本浩邦, 宮本浩邦, 宮本浩邦, 宮本浩邦, 堀内三吉, 森田英利, 福田真嗣, 福田真嗣, 大野博司, 大野博司, 大野博司, 市野瀬志津子, 宮本久, 児玉浩明. 家畜の生産性を向上させる新規プロバイオティクス細菌,Bacillus hisashii N-11T. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2016. 2016. 3F002 (WEB ONLY)
  • 飯島健, 上村昴大, BABIL P.K, 川原玲香, 野口治子, 内野昌孝, 児玉浩明, 高野克己. ダイジョ(Dioscorea alata L.)の葉における色素変異. 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web). 2014. 2014. 3C05A01 (WEB ONLY)
  • 宮本 浩邦, 須田 亙, 福田 真嗣, 松下 映夫, 大野 博司, 服部 正平, 児玉 浩明. 3P-061 マウスの系統依存的に異なる生理作用を示す好熱菌群の同定(食品科学,食品工学,一般講演). 日本生物工学会大会講演要旨集. 2014. 66
もっと見る
特許 (11件):
講演・口頭発表等 (140件):
  • 好熱菌発酵産物の給与がSod1ノックアウトマウスに与える影響
    (第70回日本生物工学大会 2018)
  • 吉草酸を産生するブタ排泄糞由来の乳酸資化菌 Megasphaera elsdenii Y2 株の有機酸代謝の特徴
    (第70回日本生物工学大会 2018)
  • 家畜・家禽類の腸内機能を制御する環境微生物
    (第70回日本生物工学大会 2018)
  • 好熱菌発酵産物から単離されたエンドファイトが植物の生長に与える影響
    (第70回日本生物工学大会 2018)
  • 好熱菌発酵産物の給与がブタ腸内の乳酸資化菌 Megasphaera elsdenii の多様性に与える影響
    (第70回日本生物工学大会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 理学博士 (東北大学)
委員歴 (3件):
  • 2013/04 - 現在 農林水産省農業資材審議会 専門委員
  • 2009/10 - 現在 内閣府食品安全委員会専門委員会 専門委員
  • 2009/01 - 2018/12 Plant Biotechnology Reports Associate editor
受賞 (6件):
  • 2017/09 - 日本生物工学会 第26回 生物工学技術賞 好熱性微生物を活用した未利用バイオマス資源からの高機能発酵製品の製造と学術的解明
  • 2016/09 - 日本学術振興会 科学研究費補助金 審査員 表彰
  • 2016/04 - 日本農芸化学会 2016年度日本農芸化学大会トピックス賞 学会発表内容に対する受賞
  • 2012/04 - 千葉銀行 ちばぎんひまわり賞 ベンチャー性の高い研究
  • 2012/04 - 千葉大学 千葉大学 なのはな賞(教員版)
全件表示
所属学会 (3件):
日本農芸化学会 ,  日本植物細胞分子生物学会 ,  日本生物工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る