研究者
J-GLOBAL ID:200901041625728696   更新日: 2020年09月01日

常盤 洋子

Tokiwa Yoko
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 臨床看護学
研究キーワード (5件): 母性看護学 助産学 ,  助産学 ,  母性看護学 ,  助産学 ,  母性看護学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 助産師の生涯教育の視座からとらえた大学・臨床協働型継続教育プログラムの開発
  • 助産師の生涯教育の視座からとらえた大学・臨床協働型継続教育プログラムの開発
論文 (119件):
  • 常盤洋子. 「母性看護外来における」助産師によるメンタルヘルスケア. 看護. 2019. 2019.3月臨時増刊号
  • 佐光恵子, 近藤浩子, 辻村弘美, 久保仁美, 箱崎友美, 常盤洋子, 吉田亨, 神田清子. 文部科学省課題解決型高度医療人材養成プログラム 「群馬一丸で育てる地域完結型看護リーダー」事業活動報告 『在宅を見据えた看護に関する課題と課題解決のための取組 ~ 4 施設合同検討会報告~』. 群馬保健学研究. 2019. 39
  • 辻村弘美, 久保仁美, 箱崎友美, 近藤浩子, 佐光恵子, 常盤洋子, 神田清子. 地域や在宅での暮らしを見据えた看護に関する群馬一丸GP 導入後の教員の意識や教育状況(第2報). 群馬保健学研究. 2019. 39
  • 久保仁美, 箱崎友美, 近藤浩子, 佐光恵子, 辻村弘美, 常盤洋子, 神田清子. 群馬県内看護系3大学4年次生の生活スキルの現状. 群馬保健学研究. 2019. 39
  • 箱崎 友美, 久保 仁美, 近藤 浩子, 佐光 恵子, 辻村 弘美, 常盤 洋子, 神田 清子. 地域での暮らしを見据えた看護に関する看護系大学4 年生の興味・関心(第2報). 群馬保健学研究. 2019. 39
もっと見る
MISC (111件):
  • Mayumi Hamasaki, Yoko Tokiwa. Development of a self-management scale of PMS during childrearing periods and examination of its validity and reliability. Kitakanto Medical Journal. 2018. 68. 1. 19-30
  • 湯本 萌, 山口 莉奈, 荒井 洋子, 木村 亜矢, 貞形 衣恵, 門屋 恵美, 伊藤 直子, 亀田 高志, 深澤 友子, 鈴木 禎子, et al. 切迫早産で出産した母親の入院治療中の思いに関する研究. 群馬母性衛生. 2018. 66. 7-8.
  • 辻村 弘美, 久保 仁美, 近藤 浩子, 佐光 恵子, 常盤 洋子, 箱崎 友美, 堀越 政孝, 神田 清子. 地域や在宅での暮らしを見据えた看護に関する群馬一丸GP導入前後の教員の意識や教育状況. 群馬保健学研究. 2018. 38. 121-126
  • 岡田 奈緒美, 常盤 洋子, 國清 恭子, 鈴木 禎子, 島田 葉子. 周産期のグリーフケアに対する看護者の認識. 群馬保健学研究. 2018. 38. 89-100
  • 鈴木 禎子, 常盤 洋子, 國清 恭子, 深澤 友子, 岡田 奈緒美, 島田 葉子, 貞形 衣恵, 島名 梨沙. 妊産婦のバースプランに対する助産師の認識. 群馬保健学研究. 2018. 38. 11-21.
もっと見る
書籍 (14件):
  • 助産師基礎教育テキスト第6巻 産褥期のケア 新生児期・乳児期のケア
    日本看護協会出版会 2019 ISBN:9784818021662
  • 産褥期のケア 新生児期・乳幼児期のケア
    日本看護協会出版会 2018
  • 退院後の暮らしを見据えた病院看護職育成のための現状と課題 病院管理者等へのグループインタビューから
    日本プライマリ・ケア連合学会誌 2017
  • 産褥期のケア 新生児期・乳幼児期のケア
    2015
  • 生涯発達の中のカウンセリングIV 看護現場でいきるカウンセリング
    サイエンス社 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (89件):
  • 育児期の月経前症候群尺度の作成と妥当性・信頼性の検討
    (第33回日本助産学会学術集会 2019)
  • 大学付属病院副看護師長のリーダーシップをスタッフ教育に活かしことを目指した「退院支援研修」の成果
    (第38回日本看護科学学会学術集会 2018)
  • 妊娠糖尿病と診断された妊婦のセルフケアに伴う思いに関する文献検討
    (群馬母衛衛星 2018)
  • 附属病院と大学の協働による地域完結型看護実践ができる附属病院看護職の人材育成 暮らしを見据えた看護が実践できるというビジョン実現に向けた附属病院と大学の協働型人材育成の取り組み
    (北関東医学会 2018)
  • 看護師としてのプロフェッショナリズムの形成に作用する看護師の経験を介した思い
    (第44回日本看護研究学会学術集会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2002 筑波大学
  • - 2002 筑波大学 ヒューマン・ケア科学
学位 (2件):
  • 修士(カウンセリング) (筑波大学)
  • 博士(ヒューマン・ケア科学) (筑波大学)
経歴 (1件):
  • 群馬大学 医学部 保健学科 看護学専攻 (母子看護学) 教授
委員歴 (5件):
  • 群馬県母性衛生学会 常任理事
  • 日本看護科学学会 会員
  • 日本助産学会 会員
  • 日本母性衛生学会 会員
  • 群馬県母性衛生学会 常任理事
受賞 (1件):
  • 1998 - 第39回日本母性衛生学会学術集会会長賞
所属学会 (4件):
日本看護科学学会 ,  日本助産学会 ,  日本母性衛生学会 ,  群馬県母性衛生学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る