研究者
J-GLOBAL ID:200901042654643850   更新日: 2022年04月27日

荒井 緑

アライ ミドリ | Midori Arai
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 環境、天然医薬資源学 ,  ケミカルバイオロジー ,  薬系化学、創薬科学
研究キーワード (5件): Natural products ,  Chemical biology ,  天然物化学 ,  ケミカルバイオロジー ,  生物有機化学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2021 - 2024 病原微生物の「浸潤進化」に学ぶ休眠遺伝子活性化と創薬シード分子の創製
  • 2018 - 2020 幹細胞制御を目指した天然物基盤生死の天秤シグナルモジュレーターの創成
  • 2017 - 2018 光反応による構造多様性ビオチン化人工天然物エキスの創製
  • 2015 - 2017 標的タンパク質指向型天然物単離による再生加速分子の創製研究
  • 2012 - 2013 非破壊および化学変換天然物エキス二次元アレイの開発と神経幹細胞の活性化
全件表示
論文 (129件):
  • Makita Y, Saito S, Tsuchiya A, Ishibashi M, Arai M.A. Identification of 1β,2α-epoxytagitinin C as a Notch inhibitor, oxidative stress mechanism and its anti-leukemia activity. Journal of Natural Medicines. 2022. 76. 1. 234-243
  • Midori A Arai, Kota Sakuraba, Yoshinori Makita, Yasumasa Hara, Masami Ishibashi. Evaluation of Naturally Occurring HIF-1 Inhibitors for Pulmonary Arterial Hypertension. Chembiochem : a European journal of chemical biology. 2021. 22. 18. 2799-2804
  • Masaru Kondo, Naoki Matsuyama, Tin Z. Aye, Irshad Mattan, Tomoyuki Sato, Yoshinori Makita, Masami Ishibashi, Midori A. Arai, Shinobu Takizawa, Hiroaki Sasai. Practical Stereoselective Synthesis of C3-Spirooxindole- and C2-Spiropseudoindoxyl-Pyrrolidines via Organocatalyzed Pictet-Spengler Reaction/Oxidative Rearrangement Sequence. Advanced Synthesis & Catalysis. 2021. 363. 10. 2648-2663
  • Midori A Arai, Itsuki Ebihara, Yoshinori Makita, Yasumasa Hara, Takashi Yaguchi, Masami Ishibashi. Isolation of nocobactin NAs as Notch signal inhibitors from Nocardia farcinica, a possibility of invasive evolution. The Journal of antibiotics. 2021. 74. 4. 255-259
  • Hara Y, Tanimura D, Manome T, Arai M.A, Yaguchi T, Ishibashi M. ISOLATION of PEPTIDOLIPIN NA DERIVATIVES from the CULTURE of NOCARDIA ARTHRITIDIS IFM10035T in the PRESENCE of MOUSE MACROPHAGE CELLS. Heterocycles. 2021. 104. 1. 185-190
もっと見る
MISC (118件):
特許 (11件):
書籍 (2件):
  • Development of the first spiro bis (isoxazoline) ligands (SPRIXs)
    My Favorite Organic Synthesis The Society of Synthetic Organic Chemistry, Japan Ed. 2002
  • Development of the first spiro bis (isoxazoline) ligands (SPRIXs)
    Latest Frontiers of Organic Synthesis, ed. Yuichi Kobayashi, Research Signpot 2002
Works (4件):
  • 前立腺癌をターゲットとしたビタミンD誘導体抗ガン剤の開発
    2004 -
  • 核内情報伝達を制御する分子の創製と新規解析システムによる機能解析
    2004 -
  • Design and synthesis of vitamin D3 analogues as drugs for prostate cancer
    2004 -
  • Development of high-thoroughput analyzing system of vitamin D3 analogues
    2004 -
学歴 (5件):
  • 1997 - 2000 東京大学 分子薬学
  • 1997 - 2000 東京大学
  • 1995 - 1997 東京大学大学院 薬学系研究科 博士前期課程
  • 1991 - 1995 東京大学 製薬化学
  • 1991 - 1995 東京大学
学位 (2件):
  • 薬学修士 (東京大学)
  • 薬学博士 (東京大学)
経歴 (17件):
  • 2020/04 - 現在 慶應義塾大学理工学部生命情報学科 教授
  • 2018/04 - 2019/03 静岡大学 非常勤講師
  • 2018/04 - 2019/03 九州大学 非常勤講師
  • 2008/04 - 2019/03 千葉大学大学院薬学研究院 准教授
  • 2013/08 - 2015/07 文部科学省 研究振興局 学術調査官
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2020/04 - 現在 JST 創発的研究支援事業 運営委員
  • 2020/04 - 現在 JST ACT-X 領域アドバイザー
  • 2009/02 - 2019/03 有機合成化学協会 有機合成化学協会関東支部幹事
  • 2013/08 - 2015/07 文部科学省 文部科学省学術調査官
  • 2013/02 - 2015/02 有機合成化学協会 有機合成化学協会編集委員
受賞 (8件):
  • 2020/04 - 公益財団法人 長瀬科学技術振興財団 長瀬研究振興賞
  • 2019 - 日本薬学会学術振興賞
  • 2014 - 第19回日本女性科学者の会奨励賞
  • 2012 - Asian Core Program (Cutting-Edge Organic Chemistry in Asia) Lectureship Award
  • 2011 - 第13回守田科学研究奨励賞
全件表示
所属学会 (5件):
日本化学会 ,  有機合成化学協会 ,  日本薬学会 ,  アメリカ化学会 ,  日本ケミカルバイオロジー学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る