研究者
J-GLOBAL ID:200901043900560779   更新日: 2020年03月29日

伊澤 光

イザワ ヒカル | Hikaru Izawa
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 社会系歯学
研究キーワード (2件): 個人識別 ,  歯科法医学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2014 - 2015 常染色体STRによるGlobalfiller kitを用いた日本人の頻度分布
  • 2014 - 2015 Y染色体STRによる日本人の頻度分布
論文 (20件):
  • 伊澤 光, 古川 明, 丸山 澄, 堤 博文, 小室歳信. 根管治療器具の破折片および根管充填剤の漏出に関連する歯槽骨吸収像の形態が身元確認に有用であった一事例. 法科学技術学会誌. 2018. Published online 30 August2018
  • 丸山 澄, 古川 明, 堤 博文, 伊澤 光, 小室歳信. ポンティックの形態により身元確認された1事例. 法医学の実際と研究. 2017. 60. 111-116
  • 伊澤 光, 丸山 澄, 堤 博文, 小室歳信. 義歯刻印が発端となった身元不明死体の歯からの身元確認. 法医学の実際と研究. 2016. 59. 65-71
  • 伊澤 光, 丸山 澄, 堤 博文, 小室歳信, 西野太見子, 佐々木淑恵. Globalfiler PCR Amplification kit を用いた日本人の遺伝子頻度. 日本DNA多型学会誌. 2015. 23. 121-124
  • 斑痕試料におけるトランスファー細胞からのDNA解析. 日本DNA多型学会誌. 2013. 21
もっと見る
講演・口頭発表等 (68件):
  • DNA analysis using mixed tooth samples
    (24th Congress of the International Academy Legal Medicine 2018)
  • 混在する歯科試料からのDNA型検査
    (第86回日本法医学会学術関東地方集会 2017)
  • トランスファー細胞によるDNA型検査の再現性
    (日本DNA多型学会第25回学術集会 2016)
  • 種々の環境に置かれた歯からのDNA解析
    (第85回日本法医学会学術関東地方集会 2016)
  • SureSelectシステムを用いたABO式 血液遺伝子型,ミトコンドリアDNA型およびHaloPlex遺伝性不整脈関連疾患
    (第58回歯科基礎医学会学術大会 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2007 昭和大学 医学部 法医学講座
  • 1997 - 2003 昭和大学 歯学部 歯学科
学位 (1件):
  • 博士(医学)
経歴 (2件):
  • 2017/05 - 現在 昭和大学歯学部 講師
  • 日本大学 歯学部歯学科法医学 助教
委員歴 (1件):
  • 2018/09 - 現在 日本法歯科医学会 理事
所属学会 (1件):
日本法医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る