研究者
J-GLOBAL ID:200901043986126227   更新日: 2021年03月19日

内藤 久雄

ナイトウ ヒサオ | Naito Hisao
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 名古屋大学  医学部 環境労働衛生学、大学院医学系研究科 国際保健医療学・公衆衛生学   非常勤講師
  • 藤田医科大学  医学部 公衆衛生学   客員講師
研究分野 (3件): 環境負荷、リスク評価管理 ,  化学物質影響 ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む
研究キーワード (11件): PPARα ,  線維化 ,  高血圧 ,  分子疫学 ,  hypersensitivity ,  トリクロロエチレン ,  SHRSP5/Dmcr ,  Cyp7a1 ,  コレステロール ,  胆汁酸 ,  NASH
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2018 - 2021 高血圧による非アルコール性脂肪性肝炎発症・進展とその作用機序の解明
  • 2015 - 2017 最新質量分析計による体液中危険ドラッグの検出・同定法の開発及び学際的検討
  • 2015 - 2017 非アルコール性脂肪性肝炎の新たな予防戦略:血圧と栄養管理の重要性に関する研究
  • 2013 - 2015 3系統ラットを用いた非アルコール性脂肪性肝炎進展メカニズムに関する研究
  • 2012 - 2015 トリクロロエチレンによる重症薬疹様皮膚・肝障害の発症リスク評価バッテリーの開発
全件表示
論文 (64件):
  • Yuan Yuan, Hisao Naito, Kazuya Kitamori, Sayuki Hashimoto, Tomomi Asano, Tamie Nakajima. The antihypertensive agent hydralazine reduced extracellular matrix synthesis and liver fibrosis in nonalcoholic steatohepatitis exacerbated by hypertension. PloS one. 2020. 15. 12. e0243846
  • Yuanying Li, Hiroshi Yatsuya, Tomoya Hanibuchi, Atsuhiko Ota, Hisao Naito, Rei Otsuka, Chiyoe Murata, Yoshihisa Hirakawa, Chifa Chiang, Mayu Uemura, et al. Positive Association of Physical Activity with Both Objective and Perceived Measures of the Neighborhood Environment among Older Adults: The Aichi Workers' Cohort Study. International journal of environmental research and public health. 2020. 17. 21
  • Hailan Wang, Tamie Nakajima, Yuki Ito, Hisao Naito, Na Zhao, Hongling Li, Xinxiang Qiu, Lihua Xia, Jiabin Chen, Qifeng Wu, et al. Increased risk of occupational trichloroethylene hypersensitivity syndrome at exposure levels higher than 15 mg/L of urinary trichloroacetic acid, regardless of whether the patients had the HLA-B*13:01 allele. Environmental research. 2020. 191. 109972-109972
  • Na Zhao, Xiangrong Song, Hisao Naito, Hongling Li, Yongshun Huang, Lili Liu, Fengrong Lu, Tingfeng Cai, Yuki Ito, Michihiro Kamijima, et al. Trichloroethylene and trichloroethanol induce skin sensitization with focal hepatic necrosis in guinea pigs. Journal of occupational health. 2020. 62. 1. e12142
  • Naito H, Yoshikawa-Bando Y, Yuan Y, Hashimoto S, Kitamori K, Yatsuya H, Nakajima T. High-fat and high-cholesterol diet decreases phosphorylated inositol-requiring kinase-1 and inhibits autophagy process in rat liver. Scientific reports. 2019. 9. 1. 12514
もっと見る
MISC (96件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • 高脂肪食摂取SHR における降圧剤投与と肝線維化進展抑制効果
    (第56回高血圧関連疾患モデル学会 2020)
  • 降圧剤の投与は高血圧ラット肝臓Cyp7a1プロモーターのメチル化頻度を低下させる
    (第91回日本産業衛生学会学術総会 2018)
  • 高血圧及び高脂肪食摂取はラット肝臓Cyp7a1プロモーターのメチル化頻度を増加させる
    (第88回日本衛生学会学術総会 2018)
  • 解毒酵素の発現抑制が食餌性由来肝線維化進展に重要である
    (第87回日本衛生学会学術総会 2017)
  • 高脂肪食摂取による肝線維化進展とオートファジー・小胞体ストレ ス
    (第86回日本衛生学会学術総会 2016)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1992 - 1998 名古屋大学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (名古屋大学)
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 金城学院大学 生活環境学部 食環境栄養学科 教授
  • 2015/01 - 2020/03 藤田医科大学 医学部 公衆衛生学 講師
  • 2009/05 - 2014/12 名古屋大学大学院医学系研究科 環境労働衛生学 助教
委員歴 (2件):
  • 2017/03 - 現在 日本産業衛生学会 許容濃度等委員会起案委員
  • 2016/11 - 現在 日本産業衛生学会 代議員
所属学会 (5件):
SHR等疾患モデル共同研究会 ,  日本疫学会 ,  日本衛生学会 ,  日本産業衛生学会 ,  高血圧関連疾患モデル学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る