研究者
J-GLOBAL ID:200901044010910116   更新日: 2020年09月28日

西原 洋知

ニシハラ ヒロトモ | Nishihara Hirotomo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www2.tagen.tohoku.ac.jp/lab/kyotani/html/nishihara/nishihara.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/582f85b610b5ffbb0a8a2843972bd1cc.html
研究分野 (3件): 複合材料、界面 ,  ナノ構造化学 ,  有機機能材料
研究キーワード (7件): ナノカーボン ,  炭素材料 ,  蓄電池 ,  キャパシタ ,  グラフェン ,  吸着 ,  多孔質材料
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2018 - 2024 新物質群「3次元カーボン構造体」と革新的触媒反応
  • 2017 - 2022 単層グラフェン多孔体の展開研究
  • 2017 - 2019 有機化学的手法による結晶性3次元カーボン構造体の合成
  • 2015 - 2017 自然に倣った樹木組織ミミックの開発
  • 2014 - 2017 イオン液体を用いた異元素含有ゼオライト鋳型炭素の合成と応用
全件表示
論文 (116件):
  • Jacek Jagiello, Takashi Kyotani, Hirotomo Nishihara. Development of a simple NLDFT model for the analysis of adsorption isotherms on zeolite templated carbon (ZTC). Carbon. 2020. 169. 205-213
  • Go Bong Choi, Seungki Hong, Jae-Hyung Wee, Doo-Won Kim, Tae Hoon Seo, Keita Nomura, Hirotomo Nishihara, Yoong Ahm Kim. Quantifying Carbon Edge Sites on Depressing Hydrogen Evolution Reaction Activity. Nano Letters. 2020. 20. 8. 5885-5892
  • Pyrene-Thiol-modified Pd Nanoparticles on Carbon Support: Kinetic Control by Steric Hinderance and Improved Stability by the Catalyst-Support Interaction. ChemCatChem. 2020
  • Masanori Yamamoto*, Kazuma Takahashi, Mao Ohwada, Yuxin Wu, Kazuyuki Iwase, Yuichiro Hayasaka, Hisashi Konaka, Henry Cove, Devis Di Tommaso, Kazuhide Kamiya, et al. Iron porphyrin-derived ordered carbonaceous frameworks. Catalysis Today. 2020
  • Hirotomo Nishihara, Kenta Matsuura, Mao Ohwada, Masanori Yamamoto, Yoshiaki Matsuo, Jun Maruyama, Yuichiro Hayasaka, Shingi Yamaguchi, Kazuhide Kamiya, Hisashi Konaka, et al. Synthesis of Ordered Carbonaceous Framework with Microporosity from Porphyrin with Ethynyl Groups. CHEMISTRY LETTERS. 2020. 49. 6. 619-623
もっと見る
MISC (32件):
特許 (36件):
書籍 (12件):
  • 炭素材料の研究開発動向2019
    CPC研究会 2019
  • 電気化学・インピーダンス測定のデータ解析手法と事例集
    2018
  • 炭素材料科学の進展
    日本学術振興会 炭素材料 第117委員会 2018
  • ナノ空間材料ハンドブック
    株式会社エヌ・ティー・エス 2016
  • 水素の事典
    (水素エネルギー協会編), 朝倉書店 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (181件):
  • Template synthesis for functional carbon materials with drawable frameworks
    (Research seminar in School of Biological and Chemical Sciences 2020)
  • 比表面積、導電性、耐食性、柔軟性に優れる新素材「グラフェンメソスポンジ」
    (第1回 東北大学材料科学ウェビナー 2020)
  • Functional Porous Materials Based on Single-layer Graphene Walls
    (International webinar on “Advanced Materials for Functional & Sustainable Application” 2020)
  • Functional Porous Materials Using Advantages of Graphene
    (The 3rd Symposium for the Core Research Clusters for Materials Science and Spintronics 2020)
  • Effect of Carbon Surface on Electrochemical Degradation of Organic Electrolyte-Based Supercapacitors
    (The 3rd Symposium for The Core Research Clusters for Materials Science and Spintronics 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2005 京都大学 化学工学専攻 博士後期課程修了
  • - 2000 京都大学 工業化学科 卒業
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 東北大学 材料科学高等研究所 教授
  • 2011/08 - 2020/03 東北大学 多元物質科学研究所 准教授
  • 2017/04 - 2018/03 University of Calgary 客員教授
  • 2013/10 - 2017/03 JST さきがけ 研究員(兼任)
  • 2016/09 - 2016/09 Kasetsart University 特別招聘教授(兼任)
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2019/04 - 現在 Energy Storage Materials誌 Editorial Board
  • 2019/04 - 現在 日本吸着学会 運営委員
  • 2015/05 - 現在 Scientific Reports誌 Editorial Board
  • 2014/05 - 現在 酸化グラフェン研究会 運営委員
  • 2018/01 - 2018/12 日本化学会 東北支部 幹事長
全件表示
受賞 (15件):
  • 2020/04 - 物質・デバイス領域共同研究拠点、ダイナミック・アライアンス事業本部 第2回 物質・デバイス共同研究賞 グラフェン多孔体の分子モデリングに基づく物性の解明
  • 2019/11/28 - 炭素材料学会 炭素材料学会論文賞 メタン貯蔵材料開発を指向したゼオライト鋳型炭素合成の分子シミュレーション
  • 2019/06 - 在日ドイツ商工会議所 第11回ドイツ・イノベーション・アワード「ゴットフリード・ワグネル賞2019」 機能性カーボン材料調製を可能とする新規鋳型法の開発
  • 2018/12 - 炭素材料学会 炭素材料学会論文賞 Formation mechanism of zeolitetemplated carbons
  • 2018/09 - Publons Publons Peer Review Awards 2018
全件表示
所属学会 (5件):
フラーレン・ナノチューブ学会 ,  日本吸着学会 ,  炭素材料学会 ,  化学工学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る