研究者
J-GLOBAL ID:200901044010910116   更新日: 2022年05月17日

西原 洋知

ニシハラ ヒロトモ | Nishihara Hirotomo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www2.tagen.tohoku.ac.jp/lab/nishihara/html/index.htmlhttp://www2.tagen.tohoku.ac.jp/lab/nishihara/html/en/index.html
研究分野 (3件): 複合材料、界面 ,  ナノ構造化学 ,  有機機能材料
研究キーワード (7件): ナノカーボン ,  炭素材料 ,  蓄電池 ,  キャパシタ ,  グラフェン ,  吸着 ,  多孔質材料
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2018 - 2024 新物質群「3次元カーボン構造体」と革新的触媒反応
  • 2017 - 2022 単層グラフェン多孔体の展開研究
  • 2017 - 2019 有機化学的手法による結晶性3次元カーボン構造体の合成
  • 2015 - 2017 自然に倣った樹木組織ミミックの開発
  • 2014 - 2017 イオン液体を用いた異元素含有ゼオライト鋳型炭素の合成と応用
全件表示
論文 (141件):
  • Tracy T Chuong, Toshihiko Ogura, Norihito Hiyoshi, Kazuma Takahashi, Sangho Lee, Keita Hiraga, Hiroki Iwase, Akira Yamaguchi, Kiyoto Kamagata, Eriko Mano, et al. Giant Carbon Nano-Test Tubes as Versatile Imaging Vessels for High-Resolution and In Situ Observation of Proteins. ACS applied materials & interfaces. 2022
  • Atsushi Gabe, Akira Takatsuki, Masahiko Hiratani, Masato Kaneeda, Yoshiaki Kurihara, Takayuki Aoki, Hiroki Mashima, Takafumi Ishii, Jun-ichi Ozaki, Hirotomo Nishihara, et al. In-Depth Analysis of Key Factors Affecting the Catalysis of Oxidized Carbon Blacks for Cellulose Hydrolysis. ACS Catalysis. 2022. 12. 2. 892-905
  • Jun Maruyama, Shohei Maruyama, Yukiyasu Kashiwagi, Mitsuru Watanabe, Tsutomu Shinagawa, Toru Nagaoka, Toshiyuki Tamai, Naoya Ryu, Koichi Matsuo, Mao Ohwada, et al. Helically aligned fused carbon hollow nanospheres with chiral discrimination ability. Nanoscale. 2022. 14. 10. 3748-3757
  • Tomoki Ogoshi, Yuma Sakatsume, Katsuto Onishi, Rui Tang, Kazuma Takahashi, Hirotomo Nishihara, Yuta Nishina, Benoît D. L. Campéon, Takahiro Kakuta, Tada-Aki Yamagishi. The carbonization of aromatic molecules with three-dimensional structures affords carbon materials with controlled pore sizes at the Ångstrom-level. Communications Chemistry. 2021. 4. 1
  • Jae-Hyung Wee, Keita Nomura, Hirotomo Nishihara, Doo-Won Kim, Seungki Hong, Go Bong Choi, Sang Young Yeo, Jin Hee Kim, Ho-Young Jung, Yoong Ahm Kim. Edgeless porous carbon coating for durable and powerful lead-carbon batteries. Carbon. 2021. 185. 419-427
もっと見る
MISC (50件):
  • Ryota Sakamoto, Ryojun Toyoda, Guan Jingyan, Yuta Nishina, Kazuhide Kamiya, Hirotomo Nishihara, Tomoki Ogoshi. Coordination chemistry for innovative carbon-related materials. Coordination Chemistry Reviews. 2022. 466
  • 坂本良太, 仁科勇太, 神谷和秀, 西原洋知, 生越友樹. 新しい物質群「3Dカーボン構造体」の創成. 化学. 2022. 77. 3. 29-33
  • Zheng-Ze Pan, Wei Lv, Quan-Hong Yang, Hirotomo Nishihara. Aligned Macroporous Monoliths by Ice-Templating. Bulletin of the Chemical Society of Japan. 2022
  • Takeharu Yoshii, Koki Chida, Hirotomo Nishihara, Fumito Tani. Ordered Carbonaceous Frameworks: A new class of carbon materials with molecular-level design. Chemical Communications. 2022
  • 西原洋知. カーボン電極の劣化機構と高耐食性電極材料の開発. キャパシタ技術. 2021. 28. 1. 1-23
もっと見る
特許 (42件):
書籍 (14件):
  • 固体表面キャラクタリゼーション 機能性材料・ナノマテリアルのためのスペクトロスコピー (KS化学専門書)
    講談社 2022 ISBN:4065261260
  • セルロースナノファイバー 研究と実用化の最前線
    株式会社エヌ・ティー・エス 2021
  • 炭素材料の研究開発動向2019
    CPC研究会 2019
  • 電気化学・インピーダンス測定のデータ解析手法と事例集
    2018
  • 炭素材料科学の進展
    日本学術振興会 炭素材料 第117委員会 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (238件):
  • Force-responsive nanoporous carbons consisting of single-layer graphene walls
    (Pacifichem 2021 2021)
  • Direct conversion of porphyrin-based crystals into crystalline carbons
    (Pacifichem 2021 2021)
  • A perspective into the thermal stability of nanoporous carbons with few-layer graphene walls
    (炭素材料第117委員会第340回 2021)
  • Hydrophobic and Elastic Microhoneycombs for Efficient Filtration
    (第21回多元物質科学研究所研究発表会 2021)
  • Controlled Preparation of Highly Conductive, Ordered Porous Membranes
    (第21回多元物質科学研究所研究発表会 2021)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2005 京都大学 化学工学専攻 博士後期課程修了
  • - 2000 京都大学 工業化学科 卒業
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 東北大学 材料科学高等研究所 教授
  • 2011/08 - 2020/03 東北大学 多元物質科学研究所 准教授
  • 2017/04 - 2018/03 University of Calgary 客員教授
  • 2013/10 - 2017/03 JST さきがけ 研究員(兼任)
  • 2016/09 - 2016/09 Kasetsart University 特別招聘教授(兼任)
全件表示
委員歴 (10件):
  • 2020/12 - 現在 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
  • 2020/04 - 現在 日本学術振興会 炭素材料第117委員会
  • 2019/04 - 現在 Energy Storage Materials誌 Editorial Board
  • 2019/04 - 現在 日本吸着学会 運営委員
  • 2015/05 - 現在 Scientific Reports誌 Editorial Board
全件表示
受賞 (21件):
  • 2021/10 - 物質・デバイス領域共同研究拠点 第3回物質・デバイス共同研究賞 中空炭素を担体と し たナノ 構造触媒材料 の開発と 効率的資源変換反応への応用
  • 2021/09 - 株式会社リバネス ディープテックグランプリ2021「最優秀賞」と「Real Tech Fund賞」 未来を拓くカーボン新素材 グラフェンメソスポンジ
  • 2021/05 - 仙台市、サムライインキュベート リアルテックファンド賞 電池の性能を向上させるカーボン新素材
  • 2020/12 - 独立行政法人日本学術振興会 第17回日本学術振興会賞 第17回日本学術振興会賞を受賞
  • 2020/12 - Asian Scientist Magazine 2020年アジアの科学者100人 「2020年アジアの科学者100人」に選ばれる
全件表示
所属学会 (5件):
フラーレン・ナノチューブ学会 ,  日本吸着学会 ,  炭素材料学会 ,  化学工学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る