研究者
J-GLOBAL ID:200901044744934180   更新日: 2021年02月23日

松田 陽介

マツダ ヨウスケ | Matsuda Yosuke
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.bio.mie-u.ac.jp/junkan/forest/mycology/matsuda.htmhttp://www.bio.mie-u.ac.jp/junkan/forest/mycology/matsuda.htm
研究分野 (1件): 森林科学
研究キーワード (10件): 土壌微生物 ,  希少植物 ,  生物多様性 ,  森林保護 ,  森林生態系 ,  耐塩性 ,  菌根菌 ,  forest ecosystem ,  fungal ecology ,  mycorrhizal fungi
競争的資金等の研究課題 (24件):
  • 2018 - 2023 共生微生物を活用した絶滅危惧樹木の革新的育苗技術開発
  • 2019 - 2022 土壌環境に触発された細根増産は土壌養分保持能を損なうのか?
  • 2018 - 2022 土壌酸性傾度の異なるスギ林に共生する菌根菌とそれを取り巻く細菌,線虫群集の解明
  • 2016 - 2021 東南アジアの森林回復を支える菌根菌の探索
  • 2017 - 2020 菌根菌糸-細根間の同位体分別に基づく樹木の窒素吸収における菌根菌依存度の推定
全件表示
論文 (59件):
  • Chisato Takenaka, Akihisa Fukushi, Yosuke Matsuda. Arbuscular mycorrhizal fungi facilitate the uptake of radiocesium by Eleutherococcus sciadophylloides (araliaceae) - a pot-scale and field survey. Journal of Forest Research. 2021. 1-9
  • Sergei Polme, Kessy Abarenkov, R. Henrik Nilsson, Bjorn D. Lindahl, Karina Engelbrecht Clemmensen, Havard Kauserud, Nhu Nguyen, Rasmus Kjoller, Scott T. Bates, Petr Baldrian, et al. FungalTraits: a user-friendly traits database of fungi and fungus-like stramenopiles. FUNGAL DIVERSITY. 2021
  • Yudai Kitagami, Toko Tanikawa, Yosuke Matsuda. Effects of microhabitats and soil conditions on structuring patterns of nematode communities in Japanese cedar (Cryptomeria japonica) plantation forests under temperate climate conditions. Soil Biology and Biochemistry. 2020. 151
  • Yosuke Matsuda, Yusuke Yamaguchi, Naoko Matsuo, Takashi Uesugi, Junko Ito, Takahiro Yagame, Tomáš Figura, Marc-André Selosse, Yasushi Hashimoto. Communities of mycorrhizal fungi in different trophic types of Asiatic Pyrola japonica sensu lato (Ericaceae). Journal of plant research. 2020. 133. 6. 841-853
  • Yudai Kitagami, Yosuke Matsuda. Temperature changes affect multi-trophic interactions among pines, mycorrhizal fungi, and soil nematodes in a microcosm experiment. Pedobiologia. 2020. 78. 150595
もっと見る
MISC (79件):
書籍 (8件):
  • 森林学の百科事典 (日本森林学会 編)
    丸善出版 2021
  • 森の根の生態学(平野恭弘・野口享太郎・大橋瑞江 編)
    共立出版 2020
  • 菌根の世界(齋藤雅典 編著)
    築地書館 2020
  • 森林科学シリーズ10 森林と菌類 (升屋勇人 編)
    共立出版 2018 ISBN:9784320058262
  • Biogeography of Mycorrhizal Symbiosis (ed by Tedersoo L.)
    Springer International Publishing 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (208件):
  • 葉と根の分解により放出される水溶性成分と菌叢遷移とのかかわり
    (日本土壌肥料学会講演要旨集(Web) 2020)
  • 葉と根の分解過程における菌叢遷移-2.5年間にわたる室内培養実験-
    (日本生態学会大会講演要旨(Web) 2020)
  • 亜高山帯で採集したベニタケ属,クサハツ節,クサハツ亜節のRussula aff.granulata
    (日本菌学会大会講演要旨集 2020)
  • 絶滅危惧種トガサワラの残存林周辺に潜在する外生菌根菌の空間分布
    (日本森林学会大会学術講演集 2020)
  • スギ林の地上部に生息する線虫の群集構造
    (日本森林学会大会学術講演集 2020)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1996 - 1999 名古屋大学 林学専攻博士後期課程
学位 (1件):
  • 博士(農学) (名古屋大学)
経歴 (5件):
  • 2015/10 - 現在 三重大学大学院生物資源学研究科 教授
  • 2009/04 - 2015/09 三重大学大学院生物資源学研究科 准教授
  • 2007/04 - 2009/03 三重大学大学院生物資源学研究科 助教
  • 2000/04 - 2007/03 三重大学生物資源学部 助手
  • 1999 - 2000 東京大学アジア生物資源環境研究センター研究機関 研究員
委員歴 (14件):
  • 2021/01 - 現在 日本生態学会中部地区会 会長
  • 2020/05 - 現在 日本森林学会 Journal of Forest Research 編集委員
  • 2020/05 - 現在 日本森林学会 代議員
  • 2019/04 - 現在 中部森林学会 理事
  • 2016/04 - 現在 日本森林学会 プログラム編集委員微生物担当
全件表示
受賞 (2件):
  • 2006 - 日本菌学会奨励賞
  • 2002 - Best Paper Award 2002, Jorunal of Plant Research
所属学会 (6件):
中部森林学会 ,  樹木医学会 ,  菌根研究会 ,  日本菌学会 ,  日本生態学会 ,  日本林学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る