研究者
J-GLOBAL ID:200901045516984165   更新日: 2020年05月05日

濵田 充

ハマダ ミツル | HAMADA MITSURU
所属機関・部署:
職名: 教授
研究キーワード (1件): 通信理論,情報システム工学,応用数学,情報工学一般,情報処理
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2012 - 2015 擾乱計測技術に基づく安全な量子通信の研究開発
  • 2009 - 2014 量子論に基づく符号理論の新展開と情報セキュリティへの応用
  • 2004 - 2008 代数的量子情報処理技術の研究
  • 最適化理論(仮題)
論文 (32件):
  • Mitsuru Hamada. Remarks on Some Results on Rotations. 2017. 6. 1. 1-4
  • A Simple Demonstration of a Fallacy in Implementability Arguments on Quantum Computation. Tamagawa University Quantum ICT Research Institute Bulletin. 2014. 4. 1. 31--32
  • Mitsuru Hamada. A Lemma on Euler Angles. Tamagawa University Quantum ICT Research Institute Bulletin. 2013. 3. 1
  • Mitsuru Hamada. A Simple Method for Obtaining Expansions of Symplectic Codes Over an Extension Field for Quantum Error Correction. Tamagawa University Quantum ICT Research Institute Bulletin. 2012. 2
  • Mitsuru Hamada. On Constructive Codes for Wiretap Channels. Tamagawa University Quantum ICT Research Institute Bulletin. 2011. 1
もっと見る
MISC (31件):
  • A Simple Demonstration of a Fallacy in Implementability Arguments on Quantum Computation. Tamagawa University Quantum ICT Research Institute Bulletin. 2014. 4. 1. 31--32
  • The minimum number of rotations about two axes for constructing an arbitrarily fixed rotation. Royal Society Open Science. 2014. 1. 140145
  • Mitsuru Hamada. A Lemma on Euler Angles. Tamagawa University Quantum ICT Research Institute Bulletin. 2013. 3. 1
  • Mitsuru Hamada. A Simple Method for Obtaining Expansions of Symplectic Codes Over an Extension Field for Quantum Error Correction. Tamagawa University Quantum ICT Research Institute Bulletin. 2012. 2
  • Mitsuru Hamada. On Constructive Codes for Wiretap Channels. Tamagawa University Quantum ICT Research Institute Bulletin. 2011. 1
もっと見る
特許 (4件):
  • 誤り訂正符号化装置、誤り訂正符号化方法及びプログラム
  • 誤り訂正符号化装置、誤り訂正符号化方法及びプログラム
  • 誤り訂正符号化装置、誤り訂正符号化方法およびプログラム
  • 誤り訂正符号化装置、誤り訂正符号化方法及びプログラム
書籍 (1件):
  • Cryptography Research Perspectives
    2009 ISBN:9781604564921
講演・口頭発表等 (43件):
  • 量子暗号のための代数的符号の構成と解析
    (Algebraic constructions and analysis of codes for quantum cryptography 2016)
  • ユニバーサル量子計算のためのユニタリ演算子のexactかつ明示的な構成
    (EMN Meeting on Quantum Matter 2016)
  • 量子情報ミニワークショップ参加11年を振り返って
    (量子情報ミニワークショップ 2016)
  • オイラー角の非直交軸への拡張に関する補題
    (日本応用数理学会「行列・固有値問題の解法とその応用」研究部会 第20回研究会 2015)
  • Constructive Optimal Solutions to Two Issues Arising From Quantum Information
    (第13回 量子情報ミニワークショップ 2015)
もっと見る
経歴 (7件):
  • 2013/04/01 - 2013/09 名古屋大学 非常勤講師
  • 2004 - 2008/03/31 科学技術振興機構さきがけ 研究者(2005年3月まで専任/同年4月より本学と兼任)
  • 2001/01/01 - 2004 科学技術振興事業団(機構) 研究員
  • 2002/10/07 - 2002/11/01 米国ベル研究所 客員研究員
  • 1997 - 2000/12/31 学術振興会 特別研究員(DC2およびPD)
全件表示
所属学会 (5件):
電子情報通信学会 ,  電子情報通信学会 ,  日本応用数理学会 ,  APS ,  IEEE
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る