研究者
J-GLOBAL ID:200901046443391493   更新日: 2024年05月18日

國松 豊

クニマツ ユタカ | Kunimatsu Yutaka
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.ryukoku.ac.jp/who/detail/342684/
研究分野 (1件): 自然人類学
研究キーワード (40件): Eastern Eurasia ,  Africa ,  Hominoid ,  Fossil Primates ,  Physical Anthropology ,  Macaca fuscata ,  Nacholapithecus kerioi ,  ユーラシア東部 ,  アフリカ ,  ヒト上科 ,  化石霊長類 ,  自然人類学 ,  Jaw(顎) ,  後期新生代 ,  マカカ属 ,  Macaca fuscata ,  オランウータン ,  ケニヤ ,  画像処理 ,  生物地理学 ,  X線撮影 ,  タイ王国 ,  種内変異 ,  化石類人猿 ,  非破壊的計測 ,  Dentition(歯) ,  Varation(変異) ,  エナメル質 ,  Nacholapithecus kerioi ,  大型類人猿 ,  ユーラシア ,  類人猿 ,  タイ ,  東南アジア ,  ニホンザル ,  古環境 ,  東アフリカ ,  霊長類 ,  中新世 ,  化石
競争的資金等の研究課題 (49件):
  • 2024 - 2028 アフリカから東ユーラシアへの類人猿・旧世界ザルの拡散と古環境
  • 2021 - 2024 東南アジア中新世後期におけるヒト上科・オナガザル上科の進化と生息環境の解明
  • 2018 - 2021 タイ出土ヒト上科化石と動物相、古環境の解析
  • 2016 - 2020 発掘調査から解明する人類・アフリカ類人猿系統と旧世界ザルの競合進化
  • 2016 - 2019 捕食圧がサバンナヒヒの生活史に及ぼす影響
全件表示
論文 (109件):
  • Tsubamoto, T, Kunimatsu, Y, Nakatsukasa, M. Discovery of Cainochoerus (Mammalia, Artiodactyla, Suidae, Cainochoerinae) from the basal upper Miocene Nakali Formation, Kenya. Paläontologische Zeitschrift (PalZ). 2023. published online
  • Gen Suwa, Tomohiko Sasaki, Sileshi Semaw, Michael J. Rogers, Scott W. Simpson, Yutaka Kunimatsu, Masato Nakatsukasa, Reiko T. Kono, Yingqi Zhang, Yonas Beyene, et al. Canine sexual dimorphism in Ardipithecus ramidus was nearly human-like. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2021. 118. 49
  • Marta Pina, Yasuhiro Kikuchi, Masato Nakatsukasa, Yoshihiko Nakano, Yutaka Kunimatsu, Naomichi Ogihara, Daisuke Shimizu, Tomo Takano, Hiroshi Tsujikawa, Hidemi Ishida. New femoral remains of Nacholapithecus kerioi: Implications for intraspecific variation and Miocene hominoid evolution. Journal of Human Evolution. 2021. 155. 102982-102982
  • Naoto Handa, Masato Nakatsukasa, Yutaka Kunimatsu, Takehisa Tsubamoto, Hideo Nakaya. The Chalicotheriidae (Mammalia, Perissodactyla) from the upper Miocene Nakali Formation, Kenya. Historical Biology. 2021. 1-8
  • Naoki Morimoto, Yutaka Kunimatsu, Masato Nakatsukasa, Marcia S. Ponce de León, Christoph P. E. Zollikofer, Hidemi Ishida, Tomohiko Sasaki, Gen Suwa. Variation of bony labyrinthine morphology in Mio-Plio-Pleistocene and modern anthropoids. American Journal of Physical Anthropology. 2020. 173. 2. 276-292
もっと見る
MISC (141件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • Allometry of the nuchal plane in hominoids, and its reduction in relation to bipedalism in hominids.
    In: Topics in Primatology, vol.3 pp.209-220. 1992
学歴 (4件):
  • - 1997 京都大学大学院 理学研究科 博士(理学)
  • - 1992 京都大学大学院理学研究科 理学研究科 博士後期課程 中途退学
  • 1988 - 1990 京都大学大学院 理学研究科 修士(理学)
  • 1984 - 1988 京都大学 理学部
学位 (1件):
  • 博士(理学) (京都大学)
経歴 (8件):
  • 2014/04 - 現在 : Ryukoku University, Faculty of Business Professor
  • 2014/04 - 現在 : 龍谷大学 経営学部 教授
  • 2011/03 - 2014/03 : Mar.2011-Mar.2014: Kyoto University, Faculty of Science, Associate Professor
  • 2011/03 - 2014/03 : 京都大学 理学研究科 准教授
  • 1992/04 - 2011/02 : Apr.1992-Feb.2011: Instructor of Primate Research Institute, Kyoto University
全件表示
委員歴 (1件):
  • Primatological Society of Japan Editor
受賞 (1件):
  • 1998 - 1998年度:Anthropological Science 論文奨励賞受賞(日本人類学会)
所属学会 (7件):
Primatological Society of Japan ,  Anthropological Society of Nippon ,  African Society of Japan ,  日本霊長類学会 ,  日本人類学会 ,  日本アフリカ学会 ,  Society of Vertebrate Paleontology
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る