研究者
J-GLOBAL ID:200901047087792077   更新日: 2020年07月07日

和田 光弘

ワダ ミツヒロ | Wada Mitsuhiro
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.socu.ac.jp/departments/faculty/mitsuhiro-wada.htmlhttp://www.socu.ac.jp/departments/faculty/mitsuhiro-wada.html
研究分野 (1件): 薬系分析、物理化学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2016 - 2018 毛髪中ホモシステイン濃度を指標とした新規疾患スクリーニング法の確立とその臨床応用
  • 2012 - 2013 違法ドラッグに関する分析情報の収集及び危害影響予測に関する研究
  • 2011 - 2013 赤血球中葉酸類の超高感度定量法の開発とその臨床応用
  • 2011 - 全静脈麻酔における薬物血中濃度を指標とした TCI システムの構築
  • 2009 - 2010 ナノ FIA システムを用いた新規リアルタイム TRAP 測定法の開発とその応用研究
全件表示
論文 (35件):
  • M. Wada, Y. Tojoh, S. Nakamura, J. Mutoh, H. Kai, K. Matsuno, K. Nakashima. Determination of three triterpenic acids in dried rosemary by HPLC-fluorescence detection with DIB-Cl. Luminescence. 2019. 34. 130-132
  • Y. Miura, Y. Fuchigami, M. Hagimori, H. Sato, K. Ogawa, C. Munakata, M. Wada, K. Maruyama, S. Kawakami. Evaluation of the targeted delivery of 5-fluorouracil and ascorbic acid into the brain with ultrasound-responsive nanobubbles. Journal of Drug Targeting. 2018. 26. 684-691
  • M. Wada, Y. Yamasaki, S. Nakamura, M. Takada, S. Kawakami, K. Nakashima. Determination of asperulosidic acid and deacetylasperulosidic acid in rat plasma after administration of Morinda citrifolia juice. Chromatography. 2016. 37. 141-145
  • Mohamed A. EL Hamd, Mitsuhiro Wada, Rie Ikeda, Shigeru Kawakami, Kenichiro Nakashima. Validation of an LC-MS/MS method for the determination of propofol, midazolam, and carbamazepine in rat plasma: effect of drug-drug interactions on their pharmacokinetics. Biological and Pharmaceutical Bulletin. 2015. 38. 8. 1250-1253
  • Z. L. Sarungalloa, P. Hariyadia, N. Andarwulana, E. H. Purnomoa, M. Wada. Analysis of α-cryptoxanthin, β-cryptoxanthin, α-carotene, and β-carotene of Pandanus conoideus oil by high-performance liquid chromatography (HPLC). Procedia Food Sci. 2015. 3. 231-243
もっと見る
MISC (24件):
特許 (1件):
書籍 (14件):
  • HPLC analysis of homocysteine and its related compounds in Non-Proteinogenic Amino Acids
    Intech 2018
  • パートナー分析化学 I -改訂第3版-
    南江堂 2017
  • 臨床における皮下マイクロダイアリス法の最新応用研究
    ぶんせき 2014
  • Microdialysis in drug-drug interaction
    John Wiley & Sons, Inc. 2012
  • 薬物学的検査法、薬物依存症 -薬物依存症のトレンド-
    日本臨床 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (39件):
  • 蛍光・化学発光検出による毛髪中薬物分析とその応用
    (第24 回 徳島地区分析技術セミナー(徳島地区講演会) 2020)
  • Simultaneous HPLC determination of Methotrexate and NSAIDs in Serum
    (The 7th Annual Conference of AnalytiX-2019 2019)
  • HPLC-Fluorescence Detection Method for Derivatized Homocysteine and Its Related Compounds with DBD-F in Human Biological Samples
    (The 7th Annual Conference of AnalytiX-2019 2019)
  • 発光分析を用いた食品の機能性評価への応用
    (生物発光化学発光研究会 第34回学術講演会 2018)
  • Determination of homocysteine and its related compounds in hair by HPLC-fluorescence method (1) -Estimation of extraction conditions-
    (XVIIIth International Symposium on Luminescence Spectrometry (ISLS2018) 2018)
もっと見る
Works (6件):
  • 医薬品および健康影響物質の計測とその生体効果の評価の関する研究
    和田 光弘 2002 - 現在
  • ニームの薬用的効能に関する検証
    2011 - 2012
  • オリーブの薬用的効能に関する検証
    2011 - 2012
  • ハイリスク薬の服薬指導データベースの作成
    2011 - 2012
  • 熱帯植物およびその関連食品中の生理活性物質の定量と性能評価に関する研究
    2011 - 2012
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1997 - 1997 長崎大学 薬学研究科 研究生
  • 1994 - 1997 長崎大学大学院 薬学研究科 博士後期課程
  • 1992 - 1994 長崎大学大学院 薬学研究科 博士前期課程
  • 1988 - 1992 長崎大学 薬学部 薬科学科
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (長崎大学)
経歴 (10件):
  • 2018/04 - 現在 山口東京理科大学 教授
  • 2014/04 - 2018/03 九州保健福祉大学 教授
  • 2014/04 - 2015/03 九州保健福祉大学 教授
  • 2002/12 - 2014/03 長崎大学大学院 准教授
  • 2011 - 理化学研究所 客員研究員
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2016/04 - 現在 日本法中毒学会 評議員
  • 2014/04 - 現在 クロマトグラフィー科学会 評議員
  • 2005 - 2018/03 日本分析化学会 九州支部幹事
  • 2015/04 - 2016/03 日本薬学会九州支部 会計幹事
  • 2013/04 - 2014/03 日本分析化学会九州支部 常任幹事
全件表示
受賞 (4件):
  • 2010 - 2010年クロマトグラフィー科学会奨励賞
  • 2008 - 平成20年度全国大学IT活用教育方法研究発表会論文奨励賞
  • 2007 - 平成19年度日本薬学会九州支部会学術奨励賞
  • 1996 - 日本分析化学会九州支部奨励賞
所属学会 (9件):
日本法中毒学会 ,  Antioxidant Unit 研究会 ,  日本薬剤師会 ,  日本医療薬学会 ,  生物発光化学発光研究会 ,  日本臨床化学会 ,  クロマトグラフィー科学会 ,  日本薬学会 ,  日本分析化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る