研究者
J-GLOBAL ID:200901047501045467   更新日: 2022年10月03日

八谷 寛

ヤツヤ ヒロシ | Yatsuya Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (5件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学
研究キーワード (5件): 予防 ,  生活習慣病 ,  肥満 ,  心血管疾患 ,  コホート研究
競争的資金等の研究課題 (32件):
  • 2019 - 2022 Effects of work-family conflict on mental and cardiometabolic profiles and sleep disorders among Japanese and Egyptian civil workers
  • 2019 - 2022 女性保育士の腰痛・頸肩腕障害および就労状況・心理社会的要因との関連:縦断研究
  • 2018 - 2022 退職公務員におけるフレイルと社会参加に関する在職時からのライフコース疫学研究
  • 2018 - 2021 救急外来で急性心筋梗塞の安全な除外を支持するトロポニンとリスクスコアの実証研究
  • 2018 - 2021 退職公務員におけるフレイルと社会参加に関する在職時からのライフコース疫学研究
全件表示
論文 (270件):
  • Yupeng He, Hiroshi Yatsuya, Atsuhiko Ota, Takahiro Tabuchi. The association of public trust with the utilization of digital contact tracing for COVID-19 in Japan. Public health in practice (Oxford, England). 2022. 4. 100279-100279
  • Tamie Nakajima, Hailan Wang, Yuan Yuan, Yuki Ito, Hisao Naito, Yoshiyuki Kawamoto, Kozue Takeda, Kiyoshi Sakai, Na Zhao, Hongling Li, et al. Increased serum anti-CYP2E1 IgG autoantibody levels may be involved in the pathogenesis of occupational trichloroethylene hypersensitivity syndrome: a case-control study. Archives of toxicology. 2022. 96. 10. 2785-2797
  • Takahiro Yoshizaki, Junko Ishihara, Ayaka Kotemori, Yoshihiro Kokubo, Isao Saito, Hiroshi Yatsuya, Kazumasa Yamagishi, Norie Sawada, Motoki Iwasaki, Hiroyasu Iso, et al. Association between irregular daily routine and risk of incident stroke and coronary heart disease in a large Japanese population. Scientific reports. 2022. 12. 1. 15750-15750
  • Zean Song, Yupeng He, Chifa Chiang, Abubakr A. A. Al-shoaibi, K. M. Saif-Ur-Rahman, Md Razib Mamun, Atsuko Aoyama, Yoshihisa Hirakawa, Masaaki Matsunaga, Atsuhiko Ota, et al. Long-term variability and change trend of systolic blood pressure and risk of type 2 diabetes mellitus in middle-aged Japanese individuals: findings of the Aichi Workers’ Cohort Study. Hypertension Research. 2022
  • Kunihiro Matsushita, Stephen Kaptoge, Steven Hj Hageman, Yingying Sang, Shoshana H Ballew, Morgan E Grams, Aditya Surapaneni, Luanluan Sun, Johan Arnlov, Milica Bozic, et al. Including Measures of Chronic Kidney Disease to Improve Cardiovascular Risk Prediction by SCORE2 and SCORE2-OP. European journal of preventive cardiology. 2022
もっと見る
MISC (320件):
もっと見る
書籍 (3件):
  • テキスト健康科学
    南江堂 2017
  • 循環器病予防ハンドブック 第7版
    保健同人社 2014
  • 肥満の疫学
    名古屋大学出版会 2010
学歴 (2件):
  • 1997 - 2000 名古屋大学
  • 1990 - 1996 名古屋大学
学位 (1件):
  • 医学博士
経歴 (8件):
  • 2020/10 - 現在 名古屋大学大学院医学系研究科 国際保健医療学・公衆衛生学 教授
  • 2012/07 - 2021/03 藤田医科大学 医学部 教授
  • 2010/09 - 2012/06 名古屋大学 大学医医学系研究科 准教授(復職)
  • 2008/09 - 2010/08 ミネソタ大学 公衆衛生大学院 疫学・地域保健部門
  • 2007/04 - 2008/08 名古屋大学 大学院医学系研究科 准教授
全件表示
委員歴 (19件):
  • 2019/05 - 現在 岩倉市健幸づくり推進委員会 委員長
  • 2018/04 - 現在 東海公衆衛生学会 理事
  • 2018/02 - 現在 日本学術会議 生活習慣病対策分科会 委員長
  • 2018/01 - 現在 日本疫学会 広報委員会 委員
  • 2017/01 - 現在 Journal of Epidemiology Associate Editor
全件表示
受賞 (2件):
  • 2007/07 - 日本社会医学会 奨励賞
  • 2007/01 - 日本疫学会 奨励賞
所属学会 (8件):
日本疫学会 ,  日本動脈硬化学会 ,  東海公衆衛生学会 ,  日本産業衛生学会 ,  日本循環器病予防学会 ,  日本肥満学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本学校保健学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る