研究者
J-GLOBAL ID:200901049399329628   更新日: 2020年10月03日

森本 兼司

モリモト ケンジ | Morimoto Kenji
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 応用微生物学
研究キーワード (2件): 微生物利用学 ,  Applied Microbiology
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2015 - 2018 希少糖D-プシコース、D-アロースの一括生産システムの構築に関する研究
  • 2014 - 2017 微生物の代謝機能と酵素を利用した新しい希少糖およびヘテロ希少二糖生産技術の確立
  • 2010 - 2014 非天然型デオキシ希少糖の酵素反応を用いた網羅的合成技術の開発
  • 2010 - 2013 微生物の生産する酵素による希少オリゴ糖合成技術の開発
  • 2003 - Engaged in research on the production of rare sugar by microbial enzyme.
全件表示
論文 (55件):
  • Akkharapimon Yotsombat, Keiko Uechi, Shunsuke Onishi, Kohei Mino, Tae Hasegawa, Kenji Morimoto, Goro Takata. Characterization of D-glucoside 3-dehydrogenase from Rhizobium sp. L35 and its application for D-allose production. Chiang Mai University Journal of Natural Sciences. 2019. 18. 267-284
  • Sirinan Shompoosang, Akihide Yoshihara, Keiko Uechi, Yasuhiko Asada, Kenji Morimoto. Novel process for producing 6-deoxy monosaccharides from L-fucose by coupling and sequential enzymatic method. JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING. 2016. 121. 1. 1-6
  • Yuji Terami, Keiko Uechi, Saki Nomura, Naoki Okamoto, Kenji Morimoto, Goro Takata. Production of l-allose and d-talose from l-psicose and d-tagatose by l-ribose isomerase. BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY. 2015. 79. 10. 1725-1729
  • Yuji Terami, Hiromi Yoshida, Keiko Uechi, Kenji Morimoto, Goro Takata, Shigehiro Kamitori. Essentiality of tetramer formation of Cellulomonas parahominis L-ribose isomerase involved in novel L-ribose metabolic pathway. APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY. 2015. 99. 15. 6303-6313
  • Kenji Morimoto, Akihide Yoshihara, Toshio Furumoto, Goro Takata. Production and application of a rare disaccharide using sucrose phosphorylase from Leuconostoc mesenteroides. JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING. 2015. 119. 6. 652-656
もっと見る
MISC (4件):
  • Sequencing,expression,and transcription analysis of the Clostridium paraputrificum chiA gene encoding chitinase ChiA. Appl Microbiol Biotechnol51(3)340-347
  • Cloning, sequencing and expression of the gene encoding Clostridium paraputrificum chitinase ChiB and analysis of the function of noves cadherin-like domains and a chitin-binding domain. J Bacteriol 179:7306-7314
  • Sequencing,expression,and transcription analysis of the Clostridium paraputrificum chiA gene encoding chitinase ChiA. Appl Microbiol Biotechnol51(3)340-347
  • Cloning, sequencing and expression of the gene encoding Clostridium paraputrificum chitinase ChiB and analysis of the function of noves cadherin-like domains and a chitin-binding domain. J Bacteriol 179:7306-7314
特許 (19件):
  • 1-O-α-グルコピラノシルD-プシコースおよびその製造方法
  • 希少糖を含む二糖類の生産方法
  • 精製希少糖の大量生産方法
  • マイクロフロー型バイオセンサおよび希少糖の検出または定量への使用
  • 希少糖を含有する二糖およびその合成法
もっと見る
書籍 (1件):
  • 機能性糖質素材・甘味料の開発と市場
    シーエムシー出版 2017
講演・口頭発表等 (64件):
  • 希少糖比色定量法の再確認と微生物スクリーニングへの応用
    (香川大学農学部学術報告 2019)
  • 納豆菌B1由来のL-ラムノースイソメラーゼの諸性質の検討および固定化酵素を用いたD-プシコースからD-アロースの生産
    (日本生物工学会大会講演要旨集 2018)
  • Shinella sp.NN-6が有する2種のケトース3-エピメラーゼ遺伝子のクローニングと発現した酵素の諸性質
    (日本生物工学会大会講演要旨集 2018)
  • Shinella sp.NN-6由来D-キシロースイソメラーゼとD-プシコース3-エピメラーゼを用いたD-キシロースからのD-キシルロース,D-リブロースの一括生産
    (日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) 2018)
  • Shinella sp. NN-6 株由来の ケトース3-エピメラーゼの精製、諸性質の検討とD-プシコース生産への応用
    (日本農芸化学会(2018年度大会) 名古屋 口頭 2018)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 1999 Graduate Shchool Mie University Applied Bioscience and Biotechnology
  • - 1999 三重大学大学院 生物機能応用科学
  • - 1996 Graduate School Mie University Biotechnology and Applied Biochemistry
  • - 1996 三重大学大学院 生物資源利用学
  • - 1994 三重大学
全件表示
学位 (1件):
  • 学術博士 (三重大学)
経歴 (4件):
  • 2008 - 現在 香川大学 希少糖研究センター, 准教授
  • 2003 - 2008 香川大学 希少糖研究センター, 助教
  • 1999 - 2003 科学技術交流財団, 博士研究員
  • 1999 - 農林水産省 食品総合研究所, 博士研究員
委員歴 (3件):
  • 2013/11 - 2014/03 国際希少糖学会, 国際希少糖学会
  • 2011/11 - 国際希少糖学会, 国際希少糖学会
  • 2008/11 - - 国際希少糖学会, 国際希少糖学会
所属学会 (3件):
国際希少糖学会 ,  日本生物工学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る