研究者
J-GLOBAL ID:200901049904848350   更新日: 2020年05月08日

高尾 学

タカオ マナブ | Takao Manabu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.matsue-ct.jp
研究分野 (2件): 流体工学 ,  流体工学
研究キーワード (1件): 流体工学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2005 - 遠心ポンプに関する研究
  • 2001 - 往復流の流量測定法に関する研究
  • 1996 - 衝撃波の管開口端からの放出に起因する衝撃騒音に関する研究
  • 1994 - 波力発電用タービンに関する研究
  • 往復流の流量測定法に関する研究
全件表示
論文 (25件):
  • M. Takao, K. Yamada, Shinya Okuhara, M. M. Ashraful Alam, Y. Kinoue, T. Setoguchi. A Counter-Rotating Impulse Turbine for Wave Energy Conversion. Open Journal of Fluid Dynamics. 2018. 8. 4. 435-442
  • 権田岳, 早水康庸, 坂口優希, 森田慎一, 大塚茂, 高尾学, 木上洋一, 瀬戸口俊明. 波力発電用直線翼垂直軸タービン性能に及ぼす案内羽根の影響. ターボ機械. 2018. 46. 12. 735-742
  • M. M. A. Alam, K. Watanuki, M. Takao. Numerical Analysis of Two-liquid Flow in a Micro-spiral Channel. Proceedings of the 7th Asian Joint Workshop on Thermophysics and Fluid Science. 2018. Paper No. 63
  • 高尾学, 山田航平, 奥原真哉, 木上洋一, 永田修一, 瀬戸口俊明. 波力発電用二重反転衝動タービンに関する研究(性能に及ぼす中間羽根の影響). ターボ機械. 2018. 46. 11. 692-698
  • M. Takao, R. Sasaki, M. M, A. Alam, S. Okuhara, Y. Kinoue. Development of a Counter-rotating Impulse Turbine for Bi-directional Airflow. Proceedings of the 3rd International Conference on Renewable Energies Offshore. 2018. Paper No. 70
もっと見る
MISC (34件):
もっと見る
特許 (1件):
講演・口頭発表等 (10件):
  • ブースターを有するウエルズタービンの性能解析(案内羽根の効果)
    (日本機械学会第57期中国四国支部総会・講演会講演論文集 2019)
  • 波力発電用ツイン衝動型タービンの開発(流体ダイオードの整流効果)
    (日本機械学会第49回中国四国学生会卒業研究発表講演会講演論文集 2019)
  • 波力発電用二重反転衝動タービンの好適な翼列形状の開発
    (日本機械学会第49回中国四国学生会卒業研究発表講演会講演論文集 2019)
  • ウエルズタービンに関する研究(往復流型二重反転衝動タービンによる性能改善)
    (日本機械学会第96期流体工学部門講演会講演論文集 2018)
  • 往復流型二重反転衝動タービン(可変ピッチ案内羽根による性能改善)
    (日本機械学会第96期流体工学部門講演会講演論文集 2018)
もっと見る
Works (3件):
  • 遠心ポンプに関する研究
    2005 -
  • 波力発電用ラジアルタービンに関する研究
    2003 - 2004
  • 飛行船の自律航行に関する研究
    2001 - 2003
学歴 (1件):
  • - 2000 佐賀大学 工学系研究科 エネルギー物質科学専攻
学位 (2件):
  • 博士(工学) (佐賀大学)
  • 修士(工学) (佐賀大学)
所属学会 (4件):
ターボ機械協会 ,  日本高専学会 ,  The International Society of Offshore and Polar Engineers ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る