研究者
J-GLOBAL ID:200901049904848350   更新日: 2020年09月29日

高尾 学

タカオ マナブ | Takao Manabu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.matsue-ct.jp
研究分野 (2件): 流体工学 ,  流体工学
研究キーワード (2件): 流体工学 ,  Fluid Engineering
競争的資金等の研究課題 (17件):
  • 2020 - 2023 波浪パワーの急激な変動に対して高いロバスト性を有する波力発電用二重反転タービン
  • 2018 - 2021 3次元渦法による波力発電装置の発電性能推定法の開発
  • 2016 - 2019 波高変動に対して高いロバスト性を有する波力発電用往復流型タービンの開発
  • 2012 - 2015 振動水柱型波力発電プラントの実用化を目指したツイン衝動型タービンの開発
  • 2010 - 2011 高波浪パワー対応型波力発電プラントの実海域試験
全件表示
論文 (26件):
もっと見る
MISC (75件):
特許 (1件):
書籍 (2件):
  • Exercises for Fluid Engineering
    パワー社 2020 ISBN:9784827712865
  • 学生のための流体力学入門
    パワー社 2010 ISBN:9784827712841
講演・口頭発表等 (10件):
  • ブースターを有するウエルズタービンの性能解析(案内羽根の効果)
    (日本機械学会第57期中国四国支部総会・講演会講演論文集 2019)
  • 波力発電用ツイン衝動型タービンの開発(流体ダイオードの整流効果)
    (日本機械学会第49回中国四国学生会卒業研究発表講演会講演論文集 2019)
  • 波力発電用二重反転衝動タービンの好適な翼列形状の開発
    (日本機械学会第49回中国四国学生会卒業研究発表講演会講演論文集 2019)
  • ウエルズタービンに関する研究(往復流型二重反転衝動タービンによる性能改善)
    (日本機械学会第96期流体工学部門講演会講演論文集 2018)
  • 往復流型二重反転衝動タービン(可変ピッチ案内羽根による性能改善)
    (日本機械学会第96期流体工学部門講演会講演論文集 2018)
もっと見る
Works (5件):
  • 遠心ポンプに関する研究
    2005 -
  • 波力発電用ラジアルタービンに関する研究
    2003 - 2004
  • Study on Radial Turbine for Wave Energy Conversion
    2003 - 2004
  • 飛行船の自律航行に関する研究
    2001 - 2003
  • Study on Autonomous Navigation of Airship
    2001 - 2003
学歴 (2件):
  • - 2000 佐賀大学 エネルギー物質科学専攻
  • - 2000 佐賀大学
学位 (2件):
  • 博士(工学) (佐賀大学)
  • 修士(工学) (佐賀大学)
所属学会 (7件):
ターボ機械協会 ,  日本高専学会 ,  The International Society of Offshore and Polar Engineers ,  日本機械学会 ,  The Japan Association for College of Technology ,  The International Society of Offshore and Polar Engineers ,  The Japan Society of Mechanical Engineers
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る