研究者
J-GLOBAL ID:200901050424083882   更新日: 2022年06月30日

加藤 隆史

カトウ タカシ | Kato Takashi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://kato.t.u-tokyo.ac.jp/
研究分野 (3件): 高分子化学 ,  有機機能材料 ,  ナノ構造化学
研究キーワード (31件): 自己組織化 ,  液晶 ,  水素結合 ,  超分子 ,  ナノ構造 ,  イオン輸送 ,  イオン液体 ,  バイオミネラリゼーション ,  ナノ相分離 ,  炭酸カルシウム ,  イオン性液体 ,  物質輸送 ,  異方性 ,  機能性高分子 ,  有機 ,  無機複合体 ,  相互作用 ,  イオン伝導 ,  液晶ゲル ,  水素結合型液晶 ,  無機 ,  イオン-双極子相互作用 ,  超分子化学 ,  有機複合材料 ,  結晶成長 ,  高分子 ,  分子集合 ,  ソフトマテリアル ,  環境材料 ,  ディスコチック ,  液晶・高分子・自己組織化・機能化
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2021 - 2024 新素材高分子を用いるウイルスの濃縮・除去膜および検出システムの開発
  • 2019 - 2024 水圏機能材料の基盤となる分子設計・分子集合体の構築
  • 2019 - 2024 水圏機能材料の創成に関する総括研究
  • 2019 - 2022 ウエアラブルデバイスのための高出力エレクトレット発電の創成
  • 2014 - 2019 ソフトナノ空間を形成する自己組織化液晶高分子を基盤とする革新的輸送材料の創製
全件表示
論文 (459件):
  • Kazuki Fukushima, Kodai Matsuzaki, Masashi Oji, Yuji Higuchi, Go Watanabe, Yuki Suzuki, Moriya Kikuchi, Nozomi Fujimura, Naofumi Shimokawa, Hiroaki Ito, et al. Anisotropic, Degradable Polymer Assemblies Driven by a Rigid Hydrogen-Bonding Motif That Induce Shape-Specific Cell Responses. Macromolecules. 2022. 55. 1. 15-25
  • Rie Makiura, Annna Niwa, Hiroki Eimura, Junya Uchida, Takashi Kato. Air/Water Interfacial Monolayer;Assembly of Peptide-Conjugated Liquid-Crystalline Molecules. Bull. Chem. Soc. Jpn. 2021. 94. 8. 2060-2067
  • Yoshiki Ishii, Nobuyuki Matubayasi, Go Watanabe, Takashi Kato, Hitoshi Washizu. Molecular insights on confined water in the nanochannels of self-assembled ionic liquid crystal. Science Advances. 2021. 7. 31. eabf0669-eabf0669
  • Junya Uchida, Masafumi Yoshio, Takashi Kato. Self-healing and shape memory functions exhibited by supramolecular liquid-crystalline networks formed by combination of hydrogen bonding interactions and coordination bonding. Chemical Science. 2021. 12. 17. 6091-6098
  • Kazuma Hamaguchi, Rino Ichikawa, Satoshi Kajiyama, Shotaro Torii, Yusuke Hayashi, Jiro Kumaki, Hiroyuki Katayama, Takashi Kato. Gemini Thermotropic Smectic Liquid Crystals for Two-Dimensional Nanostructured Water-Treatment Membranes. ACS Applied Materials & Interfaces. 2021. 13. 17. 20598-20605
もっと見る
MISC (107件):
もっと見る
特許 (13件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (41件):
  • Liquid-Crystalline Materials for Energy, Water, and Healthcare
    (IUPAC | CCCE 2021 2021)
  • 水圏機能材料の創生と計測
    (令和3年度 J-PARC/MLF産業利用報告会 2021)
  • Self-Organized Polymers and Molecular Assemblies for Water and Energy
    (FAPS-2021 7th Congress, Federation of Asian Polymer Societies 2021)
  • Self-Organized Functional Polymers for Water, Energy, Healthcare, and Environment: Approaches to Use of Liquid-Crystalline Ordered Nanostructures(基調講演)
    (The 48th World Polymer Congress IUPAC-MACRO2020+ 2021)
  • Assemblies of Ordered Nano-Hybrids Obtained by Biomineralization-Inspired Process
    (MRS Spring Meeting(online) 2021)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1985 - 1988 東京大学 合成化学専門課程 博士課程
  • 1983 - 1985 東京大学 合成化学専門課程 修士課程
  • 1981 - 1983 東京大学 合成化学科
  • 1979 - 1981 東京大学 理科一類
学位 (1件):
  • 工学博士 (東京大学)
経歴 (11件):
  • 2020/11 - 現在 信州大学先鋭材料研究所 教授(クロスアポイントメント)
  • 2019/10 - 現在 東京大学大学院工学系研究科附属水環境工学研究センター 副センター長(兼務)
  • 2019/04 - 現在 東京大学マテリアルイノベーション連携研究機構 教授(兼務)
  • 2000/05 - 現在 東京大学 大学院工学系研究科化学生命工学専攻 教授
  • 2012/04 - 2016/03 科学技術振興機構 さきがけ 「分子技術と新機能創出」 研究総括(兼任)
全件表示
委員歴 (38件):
  • 2021/04 - 現在 文部科学省 科学技術・学術審議会専門委員 第11期 ナノテクノロジー・材料科学技術委員会 委員
  • 2019 - 現在 文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究「水圏機能材料:環境に調和・応答するマテリアル構築学の創成(領域番号6104)」 領域代表
  • 2019 - 現在 Polymer Journal誌(公益社団法人 高分子学会・Nature Publishing Group) 名誉編集顧問 (オナラリーアドバイザリーボード)
  • 2018/04 - 現在 東京都高度研究等外部評価委員会 外部評価委員会委員
  • 2017 - 現在 Molecular Systems Design & Engineering 誌 編集顧問(アドバイザリーボード)
全件表示
受賞 (19件):
  • 2022/01 - Advanced Materials (Wiley-VCH) Advanced Materials Hall of Fame
  • 2021/05 - 公益社団法人 高分子学会 高分子科学功績賞(2020年) 液晶性分子集合体・超分子ポリマーの構築・構造制御と機能化
  • 2021/04 - 紫綬褒章
  • 2019/08 - 一般社団法人 日本液晶学会 学会賞 論文賞(C部門) Transport of ions and electrons in nanostructured liquid crystals” Nature Reviews Materials, 2, 17001 (2017)
  • 2019/08 - 一般社団法人 日本液晶学会 学会賞 論文賞(A部門) Stimuli-responsive hydroxyapatite liquid crystal with macro- scopically controllable ordering and magneto-optical functions” Nature Communications, 9, 568 (2018)
全件表示
所属学会 (16件):
錯体化学会 ,  日本セラミックス協会 ,  ナノファイバー学会 ,  応用物理学会有機分子・バイオエレクトロニクス分科会 ,  日本結晶成長学会 ,  電気化学会 ,  日本MRS ,  米国MRS ,  国際液晶学会 ,  日本液晶学会 ,  繊維学会 ,  英国王立化学会 ,  アメリカ化学会 ,  日本工学アカデミー ,  高分子学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る