研究者
J-GLOBAL ID:200901050424083882   更新日: 2020年11月17日

加藤 隆史

カトウ タカシ | Kato Takashi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://kato.t.u-tokyo.ac.jp/
研究分野 (5件): 高分子化学 ,  電子デバイス、電子機器 ,  有機合成化学 ,  機能物性化学 ,  高分子化学
研究キーワード (31件): 自己組織化 ,  液晶 ,  水素結合 ,  超分子 ,  ナノ構造 ,  イオン輸送 ,  イオン液体 ,  バイオミネラリゼーション ,  ナノ相分離 ,  炭酸カルシウム ,  イオン性液体 ,  物質輸送 ,  異方性 ,  機能性高分子 ,  有機 ,  無機複合体 ,  相互作用 ,  イオン伝導 ,  液晶ゲル ,  水素結合型液晶 ,  無機 ,  イオン-双極子相互作用 ,  超分子化学 ,  有機複合材料 ,  結晶成長 ,  高分子 ,  分子集合 ,  ソフトマテリアル ,  環境材料 ,  ディスコチック ,  液晶・高分子・自己組織化・機能化
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2019 - 2024 水圏機能材料の基盤となる分子設計・分子集合体の構築
  • 2019 - 2024 水圏機能材料の創成に関する総括研究
  • 2019 - 2022 ウエアラブルデバイスのための高出力エレクトレット発電の創成
  • 2014 - 2019 ソフトナノ空間を形成する自己組織化液晶高分子を基盤とする革新的輸送材料の創製
  • 2015 - 2018 液晶の自己組織化構造と界面相互作用を活用する高分子/無機融合材料の構築
全件表示
論文 (369件):
  • Ryusuke Watanabe, Takeshi Sakamoto, Kosuke Yamazoe, Jun Miyawaki, Takashi Kato, Yoshihisa Harada. Ion Selectivity of Water Molecules in Subnanoporous Liquid-Crystalline Water-Treatment Membranes: A Structural Study of Hydrogen Bonding. Angewandte Chemie International Edition. 2020
  • Satoshi Kajiyama, Hiroki Iwase, Masanari Nakayama, Rino Ichikawa, Daisuke Yamaguchi, Hideki Seto, Takashi Kato. Shear-induced liquid-crystalline phase transition behaviour of colloidal solutions of hydroxyapatite nanorod composites. Nanoscale. 2020. 12. 21. 11468-11479
  • Masanari Nakayama, Wei Qi Lim, Satoshi Kajiyama, Akihito Kumamoto, Yuichi Ikuhara, Yanli Zhao, Takashi Kato. Liquid-Crystalline Hydroxyapatite/Polymer Nanohybrids with Dual Bioapplications for Photodynamic Therapy and Cellular Scaffolds. ACS Applied Materials & Interfaces. 2019. 11. 19. 17759-17765
  • Yurika Mizumura, Daniel Högberg, Kenichiro Arai, Junji Sakuda, Bartolome Soberats, Masafumi Yoshio, Takashi Kato. Self-Assembled Liquid-Crystalline Ion Conductors: Odd-Even Effects of Flexible Spacers Binding a Carbonate Moiety and Aliphatic Rod-like Core on Phase Transition Properties and Ion Conductivities. Bull. Chem. Soc. Jpn. 2019. 92. 1226-1233
  • 加藤 隆史. Development of Biomineralization-Inspired Hybrids Based on β-Chitin and Zinc Hydroxide Carbonate and Their Conversion Into Zinc Oxide Thin Films. CrystEngComm. 2019. 21. 18. 2893-2899
もっと見る
MISC (159件):
  • 中山 真成, 梶山 智司, 加藤 隆史. 解説(論文賞A) バイオミネラルの形成に倣う無機/高分子ナノロッド液晶の開発と機能化 (学会賞受賞記念特集号). 液晶 : 日本液晶学会誌 : journal of the Japanese Liquid Crystal Society. 2020. 24. 1. 40-45
  • Takahiro Ichikawa, Takashi Kato, Hiroyuki Ohno. Dimension Control of Ionic Liquids. Chem. Commun. 2019. 55. 57. 8205-8214
  • Takahiro Ichikawa, Hiroyuki Yoshida, Shinichiro Oka, Masahiro Funahashi, Takashi Kato. The 27th international liquid crystal conference, ILCC2018 in Kyoto, Japan. Liquid Crystals Today. 2019. 28. 15-22
  • 市川理乃, 梶山智司, 中山真成, 加藤隆史. バイオミネラリゼーションの仕組みにならう有機/無機融合材料の構築. 日本接着学会誌. 2018. 55. 10. 390-396
  • 市川 理乃, 梶山 智司, 中山 真成, 加藤 隆史. 20.有機無機ハイブリッドの新展開(9)バイオミネラリゼーションの仕組みにならう有機/無機融合材料の構築. 日本接着学会誌 = Journal of the Adhesion Society of Japan : adhesion. 2018. 54. 10. 389-395
もっと見る
特許 (10件):
講演・口頭発表等 (28件):
  • Self-organization of Bio-inspired Organic/inorganic Hybrids
    (The 16th Pacific Polymer Conference 2019)
  • Nanostructured Liquid-Crystalline Materials for Water Treatment and Energy
    (FAPS 2019 Polymer Congress 2019)
  • Liquid-Crystalline Polymeric Assemblies Towards the Next Generation of Functional Materials
    (中国化学会高分子部会全国大会 2019)
  • 高分子の液晶化・超分子化・融合による機能発現
    (第65回高分子研究発表会 2019)
  • Photoluminescent Liquid-Crystalline Molecular Assemblies
    (10th International Conference on Materials for Advanced Technologies 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1985 - 1988 東京大学 合成化学専門課程 博士課程
  • 1983 - 1985 東京大学 合成化学専門課程 修士課程
  • 1981 - 1983 東京大学 合成化学科
  • 1979 - 1981 東京大学 理科一類
学位 (1件):
  • 工学博士 (東京大学)
経歴 (2件):
  • 2012/04 - 現在 科学技術振興機構 さきがけ 「分子技術と新機能創出」 研究総括(兼任)
  • 2001 - 現在 東京大学 大学院工学系研究科 教授
受賞 (14件):
  • 2016 - 公益社団法人 日本化学会 日本化学会賞
  • 2015 - 公益社団法人 日本油化学会 オレオサイエンス賞
  • 2014 - 英国王立化学会フェロー
  • 2012 - 一般社団法人 日本液晶学会 日本液晶学会 学会賞 論文賞(A部門)
  • 2010 - トムソンロイター Fast Breaking Paper
全件表示
所属学会 (16件):
錯体化学会 ,  日本セラミックス協会 ,  ナノファイバー学会 ,  応用物理学会有機分子・バイオエレクトロニクス分科会 ,  日本結晶成長学会 ,  電気化学会 ,  日本MRS ,  米国MRS ,  国際液晶学会 ,  日本液晶学会 ,  繊維学会 ,  英国王立化学会 ,  アメリカ化学会 ,  日本工学アカデミー ,  高分子学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る