研究者
J-GLOBAL ID:200901050789583566   更新日: 2020年08月25日

竹川 高志

タケカワ タカシ | Takekawa Takashi
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): 知能情報学 ,  生命、健康、医療情報学 ,  統計科学 ,  神経科学一般
研究キーワード (12件): 機械学習 ,  信号処理 ,  情報処理 ,  神経回路 ,  神経科学 ,  脳 ,  Machine Learning ,  Signal Processing ,  Information Processing ,  Neural Networks ,  Neuroscience ,  Brain
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2014 - 2016 スパース正則化モデルによる神経回路の光計測データからの信号抽出
  • 2011 - 2013 集団発火時系列に対する情報量解析を用いた大脳皮質情報処理機構の解析
  • 2010 - 2012 大脳皮質浅層と深層における異なった情報処理様式の解明
  • 2012 - Cell sorting from calcium imaging data
  • 2008 - 2011 高精度な集団スパイク時系列を用いた皮質局所回路の解析
全件表示
論文 (19件):
  • Khaled Ghandour, Noriaki Ohkawa, Chi Chung Alan Fung, Hirotaka Asai, Yoshito Saitoh, Takashi Takekawa, Reiko Okubo-Suzuki, Shingo Soya, Hirofumi Nishizono, Mina Matsuo, et al. Orchestrated ensemble activities constitute a hippocampal memory engram. Nature communications. 2019. 10. 1. 2637-2637
  • Kaneko Mami, Hitomi Takefumi, Takekawa Takashi, Tsuji Takuya, Kishimoto Yo, Hirano Shigeru. Effects of Voice Therapy on Laryngeal Motor Units During Phonation in Chronic Superior Laryngeal Nerve Paresis Dysphonia. JOURNAL OF VOICE. 2018. 32. 6. 729-733
  • 小沢勲男, 竹川高志. 大きさ推定における事前バイアスとアンカリング効果-情報量の少ない固有名詞を用いた例-. 電子情報通信学会論文誌 D(Web). 2018. J101-D. 2. 405-413,413(1) (WEB ONLY)
  • Takashi Handa, Takashi Takekawa, Rie Harukuni, Yoshikazu Isomura, Tomoki Fukai. Medial Frontal Circuit Dynamics Represents Probabilistic Choices for Unfamiliar Sensory Experience. CEREBRAL CORTEX. 2017. 27. 7. 3818-3831
  • Takashi Takekawa, Keisuke Ota, Masanori Murayama, Tomoki Fukai. Spike detection from noisy neural data in linear-probe recordings. EUROPEAN JOURNAL OF NEUROSCIENCE. 2014. 39. 11. 1943-1950
もっと見る
MISC (31件):
もっと見る
特許 (3件):
講演・口頭発表等 (120件):
  • Sparse MAP inference of cell shapes and spike trains from calcium imaging data with non-negative constraints
    (Society for Neuroscience (SfN) 45th annual meeting 2015)
  • Automatic inference system of spike trains and cell shapes from large-scale calcium imaging data using non-negative sparse model
    (Cell Symposia: Engineering the Brain 2015)
  • 混合 Normal Inverse Gaussian 分布モデルの変分ベイズ解法
    (The 17th Information-Based Induction Sciecne Workshop (IBIS2014) 2014)
  • 最新の実験技術による大規模データを生かすソーティング技術
    (第53回日本生体医工学会大会 シンポジウム「先端技術で神経科学を切り拓く」 2014)
  • Cell and spike sorting framework for extracellular recordings and calcium imagings
    (The 53rd Annual Conference of Japanese Society for Medical and Biological Engineering 2014)
もっと見る
Works (2件):
  • オープンソースプロジェクト:高精度スパイクソーティングシステム EToS
    2009 -
  • Open source project: Accurate spike sorting system EToS
    2009 -
学歴 (3件):
  • 2001 - 2005 京都大学 複雑系科学専攻 博士後期課程
  • 1999 - 2001 京都大学 複雑系科学専攻 修士課程
  • 1995 - 1999 京都大学 情報学科
学位 (1件):
  • 博士(情報学) (京都大学)
経歴 (4件):
  • 2016/04 - 現在 工学院大学 情報学部 システム数理学科 准教授
  • 2015/04 - 2016/03 工学院大学 情報学部 情報デザイン学科 准教授
  • 2013/04 - 2015/03 工学院大学 情報学部 情報デザイン学科 助教
  • 2005/04 - 2013/03 理化学研究所 脳科学総合研究センター 研究員
受賞 (1件):
  • 2005 - 日本神経回路学会奨励賞
所属学会 (9件):
電子情報通信学会 ,  Society for Neuroscience ,  日本物理学会 ,  日本神経回路学会 ,  日本神経科学学会 ,  Society for Neuroscience ,  Physical Society of Japan ,  Japanese Neural Network Society ,  Japan Neuroscience Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る