研究者
J-GLOBAL ID:200901052086650060   更新日: 2020年05月05日

黒岩 孝

クロイワ タカシ | Kuroiwa Takashi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (10件): 機械力学、メカトロニクス ,  ロボティクス、知能機械システム ,  知能ロボティクス ,  知覚情報処理 ,  ソフトコンピューティング ,  計算科学 ,  数理情報学 ,  光工学、光量子科学 ,  制御、システム工学 ,  制御、システム工学
研究キーワード (13件): 自律システム ,  高度道路交通システム ,  クラスタ分析 ,  パターン認識 ,  アクセス性能 ,  光ディスクライブラリ装置 ,  都市計画 ,  電波伝搬 ,  フラクタル解析 ,  画像処理 ,  非線形光学 ,  フォトリフラクティブ結晶 ,  適応信号処理
論文 (16件):
  • Hirotomo Ohuchi, Sho Shimazaki, Koji Ohdaira, Toshihiro Kimura, Setsuko Kanai, Takashi Kuroiwa. Correlation between existing area based on ambulance transport and fractal dimension of road network form. International Journal of Engineering Science and Innovative Technology. 2015. 4. 148-157
  • 木村 弘, 黒岩 孝, 大内宏友, 松原三人. 救急医療システムにおけるドクターカーと救急医療施設との連携よりとらえた適正配置に関する実証的研究. 環境情報科学学術研究論文集. 2012. 26. 159-164
  • Satoshi Yamada, Toshihiro Kimura, Yu Teshima, Takashi Kuroiwa, Mitsuhito Matsubara, Hirotomo Ohuchi. Study on Landscape Recognition of Changes in Physical Environment Uses Image Processing Technology in Historical City Kamakura. The International Union of Architects The 24th World Congress of Architecture, UIA2011 Academic Program. 2011. 382-387
  • 山田悟史, 渥美智英, 黒岩 孝, 坂口浩一, 松原三人, 大内宏友. 歴史的都市の鎌倉における物理環境変化に対する地域住民の景観認知について. 環境情報科学論文集. 2006. 20. 277-282
  • 黒岩 孝, 松原三人. 周期的な入力に対するフォトリフラクティブBaTiO3結晶の応答特性について. 日本大学生産工学部研究報告A(理工系). 2006. 39. 1. 47-49
もっと見る
MISC (2件):
  • 矢澤翔大, 中野裕悟, 萩原 涼, 片桐正人, 江頭雅之, 工藤祐輔, 黒岩 孝, 新妻清純. 窒素/水素混合ガスを用いたプラズマ照射によるFe-Co箔の窒化. 静電気学会誌. 2019. 44. 1. 2-7
  • 岡田夏樹, 我妻宏紀, 木村敏浩, 黒岩 孝, 小島陽子, 大内宏友. カンボジアにおける水上集落のフラクタル次元解析を用いた集合形態に関する研究-トレンサップ湖・チョンクニア地区における集合形態の季節変化について-. 日本建築学会・情報システム委員会 第40回情報・システム・利用・技術シンポジウム 2017. 2017. 40. 239-244
特許 (1件):
  • 形態分類装置及び方法、並びに変化領域抽出装置及び方法
講演・口頭発表等 (106件):
  • コミュニケーションロボットによる電気実験の教育支援に関する検討
    (2020年電子情報通信学会総合大会 2020)
  • フラクタル画像解析を用いた二車線における走行車両の検出について
    (令和2年度電気学会全国大会 2020)
  • On the Optimal Extraction of the Image for on-road Vehicle Tracking by Using Fractal Analysis
    (2019 Photonics and Electromagnetics Research Symposium (PIERS) Xiamen 2019)
  • フラクタル解析を用いた走行車両の追跡における検出画像の最適化について
    (第52回(令和元年度)日本大学生産工学部学術講演会 2019)
  • コミュニケーションロボットを活用した実習科目の教育支援について
    (電気学会教育フロンティア研究会 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1995 日本大学 大学院 理工学研究科 電気工学
学位 (2件):
  • 博士(工学) (日本大学)
  • 工学修士 (日本大学)
受賞 (2件):
  • 2004/03/22 - 平成15年度電子情報通信学会学術奨励賞
  • 1987/03 - 昭和61年度日本機械学会畠山賞
所属学会 (6件):
米国電気電子学会 ,  計測自動制御学会 ,  情報処理学会 ,  日本機械学会 ,  電気学会 ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る