研究者
J-GLOBAL ID:200901052329231702   更新日: 2020年05月30日

樋口 健志

ヒグチ タケシ | Higuchi Takeshi
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://higuchi-lab.yz.yamagata-u.ac.jp/http://higuchi-lab.yz.yamagata-u.ac.jp/
研究分野 (2件): 構造材料、機能材料 ,  反応工学、プロセスシステム工学
研究キーワード (1件): 材料プロセス工学
論文 (16件):
  • Ryohei Chida, Takeshi Higuchi. Low-temperature synthesis of zeolite from porous silica by hot-water and steam treatment. JOURNAL OF SOL-GEL SCIENCE AND TECHNOLOGY. 2017. 81. 2. 423-426
  • Takeshi Higuchi, Yusuke Yano, Tadahiro Aita, Seiichi Takami, Tadafumi Adschiri. Phase-Field Simulation of Polymerization-Induced Phase Separation: II. Effect of Volume Fraction and Mobility of Network Polymer. JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN. 2017. 50. 2. 79-85
  • Takeshi Higuchi, Yusuke Yano, Tadahiro Aita, Seiichi Takami, Tadafumi Adschiri. PHASE-FIELD SIMULATION OF POLYMERIZATION INDUCED PHASE SEPARATION OF INORGANIC POLYMER. Proceedings of 5th Asian Conference on Mixing. 2016. 102-107
  • Higuchi, Takeshi, Hashi, Yutaka, Chida, Ryohei. Effect of Hydrothermal Conditions on Synthesis of Na-zeolite From Macroporous Silica. APCChE 2015 Congress incorporating Chemeca 2015. 2015. 3131725-3131725
  • Takeshi Higuchi, Yusuke Yano, Tadahiro Aita, Seiichi Takami, Tadafumi Adschiri. Phase-Field Simulation of Polymerization-Induced Phase Separation: I. Effect of Reaction Rate and Coexisting Polymer. JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN. 2013. 46. 10. 709-715
もっと見る
MISC (4件):
  • 樋口 健志. 重合誘起相分離による多孔性シリカ形成過程の数値モデル化. NEW GLASS. 2016. 31. 1. 12-18
  • 樋口健志, 會田忠弘, 高見誠一, 阿尻雅文. ゾル-ゲル反応での重合誘起型相分離シミュレーション. ケミカルエンジニヤリング. 2010. 55. 11. 847-851
  • 樋口 健志. 左手系メタマテリアル. 化学工学. 2008. 72. 8. 442-443
  • 樋口 健志. スピノーダル分解を用いたシリカ系マクロポーラス材料の構造制御と高機能化. ペトロテック. 2007. 30. 12. 936-940
講演・口頭発表等 (54件):
  • 冷熱用雪山における伝熱過程のモデル化と融解予測
    (雪氷研究大会 2019)
  • 冷熱用雪山の断熱材の被覆方法が雪山の保存に及ぼす影響
    (化学工学会第49回秋季大会 2017)
  • マイクロ波加熱によるアルミノシリケートからのLTAゼオライト合成過程の解析
    (化学工学会第49回秋季大会 2017)
  • 冷熱用雪山の融解モデルの作成と評価
    (化学工学会福島大会2016 2016)
  • マイクロ波によるアルミノシリケートからのゼオライト合成過程の解明
    (化学工学会第48回秋季大会 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2012 東北大学 化学工学専攻
  • - 1999 京都大学 化学工学専攻
  • - 1997 京都大学 工業化学科
学位 (3件):
  • 学士(工学) (京都大学)
  • 修士(工学) (京都大学)
  • 博士(工学) (東北大学)
経歴 (5件):
  • 2012/04/01 - 現在 山形大学 大学院理工学研究科 助教
  • 2012/01/01 - 現在 山形大学 東北創生研究所 産業構造研究部門 研究員
  • 2007/04/01 - 2012/03/31 山形大学 大学院理工学研究科 助手
  • 2005/04/01 - 2007/03/31 経済産業省 製造産業局 化学課 (政策実務研修) 研究開発係長
  • 1999/04/01 - 2007/03/31 山形大学 工学部 物質化学工学科 助手
委員歴 (2件):
  • 2017/07/25 - 現在 米沢市雪対策総合計画検討委員会 米沢市雪対策総合計画検討委員会委員
  • 2012/05 - 2014/05 化学工学会 山形化学工学懇話会庶務幹事
所属学会 (3件):
日本膜学会 ,  分離技術会 ,  化学工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る