研究者
J-GLOBAL ID:200901052396126042   更新日: 2020年09月01日

金子 宏

Kaneko Hiroshi
研究キーワード (6件): 集光システム ,  エネルギー変換材料 ,  分析化学 ,  無機化学 ,  再生可能エネルギー ,  太陽エネルギー
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2016 - 2020 低炭素社会実現に向けた宮崎大学型太陽エネルギー24時間利用技術の開発
  • 2016 - 2019 高温太陽集熱による流動層ガス化水素製造システムの開発
  • 2016 - 2017 「日本のひなた」宮崎県において最新の太陽エネルギー高度利用技術等を体験
  • 2014 - 2017 ソーラー試験による太陽集熱水分解水素製造システムの開発
  • 2015 - 2016 相手国での実証プラント展開を目指す太陽熱エネルギーの高度利用技術に関する共同研究
全件表示
論文 (94件):
MISC (8件):
特許 (3件):
  • 線形太陽光集光装置、および太陽光集光発電システム
  • 線形太陽光集光装置、および太陽光集光発電システム
  • 水素製造方法、水素製造装置および金属酸化物
書籍 (2件):
  • 太陽熱発電の最新動向
    シーエムシー出版 2014 ISBN:9784781310466
  • 化学実験セーフティガイド
    化学同人 2006 ISBN:475981051x
講演・口頭発表等 (31件):
  • La<SUB>0.5</SUB>(Sr/Ca)<SUB>0.5</SUB>BO<SUB>3-δ</SUB>(B=Mn,Cr,Co,Al)を用いた二段階水分解ソーラー水素生成
    (平成28年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー学会合同研究発表会 2016)
  • 集光太陽熱利用水素生成反応におけるぺロブスカイト(ACoO<SUB>3</SUB>)の A サイト元素の影響
    (平成28年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー学会合同研究発表会 2016)
  • CeO<SUB>2</SUB>系セラミックスの高温熱利用二段階水分解反応におけるレーザ表面粗面化の効果
    (平成28年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー学会合同研究発表会 2016)
  • Development of redox materials for the two-step water splitting process of thermochemical reaction with concentrated solar thermal energy for solar hydrogen production
    (International Conference on Energy for Environmental and Economic Sustainability (ICEEES2016) 2016)
  • A-site Substitution Effect of Perovskite-type Cobalt and Manganese Oxides on Two-step Water Splitting Reaction for Solar Hydrogen Production
    (SolarPACES 2016 (Solar Power & Chemical Energy Systems) 2016)
もっと見る
経歴 (1件):
  • 宮崎大学 工学教育研究部 環境・エネルギー工学研究センター担当 教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る