研究者
J-GLOBAL ID:200901052537900022   更新日: 2021年03月18日

川口 秀夫

カワグチ ヒデオ | Kawaguchi Hideo
所属機関・部署:
職名: 特命准教授
ホームページURL (1件): http://www2.kobe-u.ac.jp/~akondo/
研究分野 (1件): 応用微生物学
研究キーワード (9件): バイオリファイナリー ,  バイオプラスチック ,  コリネ型細菌 ,  微生物 ,  バイオマス ,  発酵 ,  oil sands ,  代謝工学 ,  エネルギー
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2023 バイオマス廃棄物由来イタコン酸からの海洋分解性バイオナイロンの開発
  • 2019 - 2022 植物の資源ポテンシャルを活用した微生物発酵による新しいバイオリファイナリー
  • 2018 - 2022 雑種強勢の原理解明によるバイオマス技術革新
  • 2016 - 2021 大腸菌による芳香族化合物発酵の飛躍的効率化につながるバイオマス由来発酵阻害の克服
  • 2015 - 2020 微生物バイオマスを用いたスーパーエンジニアリングプラスチックの創出
全件表示
論文 (59件):
もっと見る
MISC (39件):
特許 (3件):
書籍 (4件):
  • エコバイオエネルギーの最前線:ゼロエミッション型社会を目指して, 6.RITEバイオプロセスによるエタノール製造
    シーエムシー出版 2005
  • 生物工学ハンドブック, II.生物工学技術の実際「バイオマス資源からのエタノール生産」
    コロナ社 2005
  • CO2固定化・削減・有効利用の最新技術:地球温暖化対策関連技術, バイオ水素法の新展開
    シーエムシー出版 2004
  • Biohydrogen II, Hydrogen photoproduction from starch in algal biomass
    Pergamon Press 2001
講演・口頭発表等 (122件):
  • 溶存酸素濃度が γ-アミノ酸 3-amino-4-hydroxybenzoic acid を生産する組換えコリネ型細菌の代謝プロファイルに与える影響
    (第6回デザイン生命工学研究会 2021)
  • 菌糸分散型麹菌のタンパク質高生産性と加速された糖代謝
    (日本農芸化学会関西支部第513回講演会 2020)
  • Microbial production of aromatic compounds applied to synthesize bioplastics from plant biomass
    (JAIST World Conference 2020-International Symposium for Innovative Sustainable Materials & The 7th International Symposium for Green-Innovation Polymers (GRIP2020) 2020)
  • 微生物を活用したバイオリファイナリー研究:植物からつくるバイオプラスチック
    (北勢バイオコミュニティ研究会キックオフセミナー 2020)
  • 溶存酸素濃度の制御による組換えコリネ型細菌を用いたグルコースからの3-amino-4-hydroxybenzoic acid発酵の促進作用機構解析
    (2020年度グラム陽性細菌ゲノム機能会議 2020)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1999 - 2002 大阪大学 生命情報環境科学専攻
学位 (2件):
  • 修士(薬学) (大阪大学)
  • 博士(薬学) (大阪大学)
経歴 (7件):
  • 2017/12 - 現在 神戸大学 大学院科学技術イノベーション研究科 特命准教授
  • 2017/06 - 2017/11 高機能遺伝子デザイン技術研究組合 研究員
  • 2016/04 - 2017/05 神戸大学 大学院科学技術イノベーション研究科 特命准教授
  • 2012/09 - 2016/03 神戸大学 大学院工学研究科応用化学専攻 特命助教
  • 2012/04 - 2012/09 東京大学 エネルギー・資源フロンティアセンター 特任助教
全件表示
受賞 (3件):
  • 2020/10 - 神戸大学 第12回学長表彰(財務貢献者)
  • 2019/10 - 神戸大学 第11回学長表彰(財務貢献者)
  • 2013/08 - RSC Publishing Green Chemistry Poster Prize
所属学会 (4件):
American Society for Microbiology ,  環境バイオテクノロジー学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本生物工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る