研究者
J-GLOBAL ID:200901052556684985   更新日: 2020年04月06日

梅澤 俊浩

ウメザワ トシヒロ | Umezawa Toshihiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 会計学
研究キーワード (6件): 実証会計学 ,  メインバンク ,  銀行会計 ,  財務会計 ,  管理会計 ,  会計情報
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2022 メインバンク関係と銀行および融資先企業の会計行動
  • 2016 - 2020 メインバンク関係が利益の質に及ぼす影響の実証分析
  • 2017 - 2017 銀行業と銀行・企業間関係の会計制度と実証
  • 2011 - 2014 なぜコーポレート・ガバナンスは重要なのか?経営者交代・配当・事業再構築の実証分析
  • 2009 - 2012 会計制度と銀行経営に関する実証分析
全件表示
論文 (13件):
  • 梅澤俊浩. 監査人の規模が地域銀行の貸倒引当金に及ぼす影響. 経営論集. 2020. 59. 1・2. 21-41
  • 梅澤 俊浩. 中小金融機関とキャッシュ・フロー見積法. 商経論集. 2018. 53. 1・2・3・4. 1-28
  • 梅澤 俊浩, 海老原崇. メインバンク関係が財務報告の質に及ぼす影響. 早稲田商学. 2016. 446. 463-513
  • 梅澤 俊浩. 地方銀行の貸倒引当金繰入額に係る裁量的調整行動. 現代ディスクロージャー研究. 2016. 15. 41-84
  • 梅澤 俊浩. 銀行業における貸倒引当金繰入額の期待モデルの構築. 産業経営. 2015. 51. 75-107
もっと見る
MISC (3件):
  • 梅澤 俊浩. 最終報告書:銀行業と銀行・企業間関係の会計制度と実証. 年報 経営ディスクロージャー研究. 2019. 18. 5-40
  • 梅澤 俊浩. 実証手法を学ぶ大学院生にすすめる論文. 企業会計. 2015. 67. 12. 6-7
  • 梅澤 俊浩. 財務報告の質のリアルな影響. 企業会計. 2015. 67. 11. 6-7
書籍 (1件):
  • 会計情報の現代的役割
    白桃書房 2005
講演・口頭発表等 (16件):
  • メインバンク関係と融資先企業の配当政策
    (日本会計研究学会第78回大会 2019)
  • 地域銀行における部分直接償却、貸出金償却および償却債権取立益の関係
    (日本経営分析学会・日本ディスクロージャー研究学会連合大会 (日本経済新聞社大阪本社・関西学院大学) 2018)
  • 2016年度特別プロジェクト 最終報告「銀行業と銀行・企業間関係の会計制度と実証」
    (日本ディスクロージャー研究学会第17回研究大会 (横浜市立大学) 2018)
  • 地域銀行の貸倒引当金の調整行動
    (日本原価計算研究学会第43回全国大会 (関西大学) 2017)
  • メインバンク関係が財務報告の質に及ぼす影響
    (日本経営財務研究学会第41回全国大会 (関西大学) 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2001 - 2005 早稲田大学 大学院 商学研究科 博士後期課程 満期退学
  • 1999 - 2001 早稲田大学 大学院 商学研究科 修士課程
  • 1995 - 1999 早稲田大学 商学部
学位 (1件):
  • 商学修士 (早稲田大学)
経歴 (5件):
  • 2019/04 - 現在 龍谷大学 准教授
  • 2008/04 - 2019/03 北九州市立大学 准教授
  • 2005/04 - 2008/08 北九州市立大学 講師
  • 2004/04 - 2005/03 早稲田大学 客員研究助手
  • 2002/04 - 2004/03 早稲田大学 助手
受賞 (1件):
  • 2016/12 - 日本ディスクロージャー研究学会 学術賞最優秀論文賞 地方銀行の貸倒引当金繰入額に係る裁量的調整行動
所属学会 (4件):
日本経営財務学会 ,  日本管理会計学会 ,  日本会計研究学会 ,  日本ディスクロージャー研究学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る