研究者
J-GLOBAL ID:200901052732534197   更新日: 2021年03月11日

豊國 伸哉

Toyokuni Shinya
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.med.nagoya-u.ac.jp/patho1/
研究分野 (1件): 実験病理学
研究キーワード (8件): 変異 ,  DNA傷害 ,  中皮腫 ,  カーボンナノチューブ ,  アスベスト ,  酸化ストレス ,  鉄 ,  発がん
競争的資金等の研究課題 (31件):
  • 2016 - 2022 先端モデル動物支援プラットフォーム
  • 2017 - 2020 鉄ダイナミクスと多層オミクス解析による酸化ストレス発がん克服のための基盤形成
  • 2012 - 2017 新領域「プラズマ医療科学創成」
  • 2010 - 2016 がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動
  • 2012 - 2015 中皮細胞の発がん機構解析による予防基盤の形成
全件表示
論文 (276件):
もっと見る
MISC (255件):
もっと見る
特許 (5件):
  • 酸化ストレス傷害を受けたDNA断片の収集法
  • 抗血清およびその製造方法
  • 抗血清およびその製造方法
  • ポリクローナル抗体および製造方法
  • 4-ヒドロキシ-2-ノネナール修飾蛋白質に対するモノクローナル抗体とその製造法及びこれを生産するハイブリッド細胞並びに4-ヒドロキシ-2-ノネナール定量用免疫測定キット
書籍 (4件):
  • 酸化ストレスの医学 改訂第2版
    診断と治療社 2014
  • ロビンス基礎病理学 原書9版
    エルゼビア・ジャパン(丸善出版) 2014
  • ロビンス基礎病理学 原書8版
    丸善出版 2011
  • 酸化ストレスの医学
    診断と医療社 2008
講演・口頭発表等 (1件):
  • 宿題報告3:酸化ストレス病理学の確立とその疾患予防への展望
    (第104回日本病理学会総会 2015)
Works (1件):
  • 第3回病理学会中部支部「夏の学校」を主催
    2009 -
学位 (1件):
  • 医学博士 (京都大学)
経歴 (15件):
  • 2010/04/01 - 現在 名古屋大学 大学院医学系研究科 Nagoya Journal of Medical Science 編集長
  • 2010/04/01 - 現在 名古屋大学 大学院医学系研究科 治験審査委員会 委員
  • 2008/07/01 - 現在 名古屋大学 機能構築医学専攻 教授
  • 2008/07/01 - 名古屋大学医学系研究科病理病態学講座生体反応病理学・分子病理診断学・教授
  • 2008/07/01 - 名古屋大学医学系研究科病理病態学講座生体反応病理学・分子病理診断学・教授
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2012/04/01 - 現在 学部教育委員会 委員
  • 2012/04/01 - 現在 編入学制度運用委員会 委員
所属学会 (16件):
日本生化学会 ,  日本セルデス学会 ,  The New York Academy of Sciences ,  日本分子生物学会 ,  International Academy of Pathology ,  American Association for the Advancement of Science ,  American Association for Investigative Pathology ,  American Association for Cancer Research ,  日本医学教育学会 ,  Society for Free Radical Research Asia ,  日本微量元素学会 ,  日本がん予防学会 ,  日本鉄バイオサイエンス学会 ,  日本病理学会 ,  日本癌学会 ,  日本酸化ストレス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る